ぶんかん。

アクセスカウンタ

zoom RSS ヤマト2202 第三章 感想

<<   作成日時 : 2017/10/19 22:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一言でいうなら

「超展開過ぎてワロタ」

かなぁ。

以下感想をつらつらと箇条書きで。



・大戦艦250万隻ってなんぞ。アホか。しかもそんだけの艦隊侵入してるのに地球防衛艦隊呼ばないとはどーゆーことか。

・250万隻集まって砲身?を形成して?どうなるのかさっぱりわからん。真田さんの説明も一言だしなぁ。

・波動砲で人口太陽を打つとなんやかんやで動力影響が出て行動不能?だから一度理屈を説明しろ。

・沖田艦長が生きていたら「よくやってるじゃあないか」じゃなくて「バカ者ぉ!」鉄拳がとぶと思う。

・「避難民をどうしよう」「ガミラスの定期便に乗せてもらおう」だから地球防衛艦隊を(以下略

・なぜそんな不安定な場所で移乗させるのか?

・何故か、いつの間にかに超空間?に入ってた古代と森。そして何故か波動砲撃つと戻ってくる?さっぱりわからん。もはや「考えるな、感じろ!」の世界。

・ズォーダー大帝の言葉をまとめると
「人は愛ゆえに苦しまねばならぬ。愛ゆえに泣かねばならぬ」
おまえどこのサウザーさんだよ。

・ガトランティスとは、かつて滅んだ種族によって作られた戦闘民族だそうで。だったらミンメイ・アタックでいけるんじゃねぇの?

・土方さん艦長代理でいいんじゃないかなぁ。

・TV放映を視野にいれての構成なんだろうけど、宇宙蛍のパートが謎すぎる。その影響もさっぱりわからんかった。

・ヤマト式敬礼、どうも屋内での敬礼的なものになってるようですが、海自でも艦内は普通に敬礼だよねぇ。






●以下、少し長い感想を2つ。

1、何度も言ってるが、ガトランティスが蛮族って設定でよかったんじゃないかなぁ。
「愛が必要だ」
じゃなくて
「なにぃ?愛だぁ?。なんだそれ?食えるのか?がっはっは!」
みたいな蛮族でよかったじゃん。

2、何度もいってるが、ガミラスを滅亡させた旧作と、ガミラスが生き残ってる今回の新作では完全に土台から異なってるわけで。
旧作では「ガミラスは滅んだし、もう地球を脅かすものはないもーん!念のため波動砲積んだ艦隊もあるしー」というわけで物凄い平和ボケ状態。輸送船団が謎の敵に襲われても、謎のメッセージを受信しても
「だいじょぶじゃね?」
で誰も動かず。そりゃヤマトクルーも切れますわ。
2002ではガミラスは同盟国。同盟関係が切れたら即敵国なわけで、波動砲艦隊もつのも当たり前だわなぁ。
そして太陽系内に大戦艦250万隻が侵攻しても波動砲撃つ撃たないって、古代の方が平和ボケしてるんじゃないか!






●まぁ乗りかかった船なので一応最後まで観ますけどね。
次回はデスラーさんのターンらしいし!
(ガミラスが残ってる状態なので、旧作のように残存ガミラス人率いて新国家建国とか無理だなぁ。帰国したら逮捕されて裁判になるかもしれんし。デスラーさんの前途は多難である)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヤマト2202 第三章 感想 ぶんかん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる