サークル「へくすとだいす」からのお知らせ

※この記事は常にブログトップに表示されます

「RSBC<剣>号作戦」(頒布価格3,000円)
「ボードウォーゲームをプレイしてみよう vol.1」(第2版:頒布価格800円)
「ボードウォーゲームをプレイしてみよう vol.2」(頒布価格1,300円)※残部僅少です。
「ボードウォーゲームをプレイしてみよう vol.3」(頒布価格1,000円)
ピコケットにて頒布中です

「ボードウォーゲームをプレイしてみよう vol.1」(第2版)
「RSBC<剣>号作戦」
「小さなウォーゲーム屋」さまでもお求めいただけます。

●「RSBC<剣>号作戦」
A_City_Too_Far_a02.png
A_City_Too_Far_a01.jpg
A_City_Too_Far_012.jpg
A_City_Too_Far_a03.png
A_City_Too_Far_a05.png
RSBC外伝2巻「ある中尉の戦死」にてバックグラウンドとして僅かに語られるだけの、大サトークラスタから「全てが謎の作戦」と評されている<剣>号作戦のボードウォーゲームです。カウンター(駒)数150ですが、マーカーが多いので実質100程度。初心者向けに、ボードウォーゲームの魅力と面白さを感じ、かつボードウォーゲーム定番ルールで固めました。
ユニットは厚紙2枚分の厚さでかなり固いため、カットした状態での頒布です(カットに誤差があります。ご了承ください)。
ユニット確認用・自作用のカウンターシートも付属します。
また、ルールブックはルール部分が13ページなのに対して、その2倍26ページのヒストリカル・ノートがあります。開戦前の対独戦略から開戦後のゴタゴタとパナマ侵攻や、アイスランド奇襲上陸とその余波としての<剣>号作戦実施、そして作戦経過を描いています。大サトークラスタならば、是非ともご一読ください。できればプレイもしてね。

2019あんこう祭 その1

先月ではありますが、大洗はあんこう祭に行ってまいりました。
いやー昨年はさ、ゲムマ秋があるからパスしちゃいまして5年連続参加してた記録が途切れてしまいました。
しかしですね、やはりガルパンおじさんの矜持というものがありまして、ゲムマがあろうがなかろうが今年こそは行くぞと。
で、例年だと前日の夜行バスで東京行ってから上野→水戸→大洗なんですが、今年は前日の土曜日もお休み取れまして、もうちょっと楽にかつ旅を味わえかつ安い方法での大洗入りとなりました(今思えば、仙台→水戸の高速バス使えばもっと楽だったと知る。くそう。)

12時半のシティラビットでまず福島。ここで誤算。まさか701系ロングシートとは思わなかった。駅弁を食い損ねる。
福島で乗り換えて郡山。これまた701系ワンマンのロングシート。やむなくロングシートで駅弁を食す。
郡山からは初めての磐越東線!・・・・・・だったのだが、なんと線路異常のため運転見合わせ中。
これは困った。というのも、19時頃には水戸にどうしても到着したかったのだ。
水郡線に切り替えを検討するも、あっちはいわき経由よりも1時間近くかかるので躊躇する。
しかし運転再開見通しのアナウンスもないしなぁ。
そこで運転手(ワンマン)さんに線路異常とはなんぞ?と状況を聞いてみたところ、「法面ではなく、橋脚外面に亀裂。市から連絡があり運行に支障ないか確認のため社員が現着したところ」という具体的な情報を得ることができた。
橋脚に亀裂・・・JRが見つけたのではなく一般人が見つけたらしいしからけっこう大きい亀裂じゃないか?仮に問題ないとしても、最近は安全第一ですぐ運休したりするからなー。下手したらあと1時間はかかるんじゃないか?
よし、水郡線に切り替えよう!

というわけで水郡線に切り替えて一路水戸へ。
うん、われながらいい判断をしたぞとtwitterをチェックすれば

「磐越東線、1620頃運転再開」

の情報が。omg!!!sh*t!!!
水郡線そのものは好きだけどさあ。風情溢れたいい路線ですよ?
昼間ならな!
そう、11月も半ば。17時過ぎれば真っ暗に。しかも、台風19号の影響でバスによる代行運転があるだが、通常はうまく乗り継ぎできるようになっている。が!なぜかこの時間帯だけ1時間も待つのだ!誰よこのダイヤ組んだ奴。

というわけで
ankou20191117_01.JPG
常陸大子駅にて1時間待ち。
うらぶれた昭和の香りのする温泉街っぽく、明るい内なら楽しめただろうがこうも真っ暗でお店も閉じてちゃなぁ。
しかもスマホの調子が悪く、バッテリーがガンガン減るのだ。そして持ってきたダイソーのモバイルバッテリーは役立たず。
はっはっは。することねぇーw
ぼけーっとなんとか1時間を潰し、代行バスに乗って西金へ。
西金からは再び気動車に乗って、や~っと水戸到着。時刻が19時40分頃。水戸駅で立ち食いそばを喰ってからネカフェに行きたかったのだがそんな悠長なことは言ってられない。足早に駅近くのネカフェに突進!
諸君。あんこう祭を舐めてはいけない。
元々は1万5千~2万5千人程度のローカルなイベントだったのだが、ガルパン始まるやいなや6万、8万、10万、12万、そして今年はなんと14万人集まったという化物イベント。
まず宿を押さえられるわけがない。大洗はもちろん水戸周辺もずーっと前から予約で一杯である。
仮に空いていたとしても、水戸駅周辺は「クソ高い」※水戸駅近くでないと困るのだ。
そしてネカフェであっても事情はかわらないはず。故に18時にはネカフェに入ってフラット席を押さえたかったのだ。
しかし時刻は20時近く。空いてるやろか・・・

「あのーフラット空いてます?」
「リクライニングのみです」

Oh・・・やむ得ない。リクライニングで凌ぐかぁ・・・
そして私の次の客(みるからにガルパンさん)。

「空いてますか?」
「たった今満席になりました」

あっぶねー!

こうしてなんとか一晩の寝床を確保したのであった。
あー疲れた。

次回、あんこう祭!






「ボードウォーゲームて何?教室」をやってみて

※この記事はウォーゲームSNS「MustAttack」にもアップしています。

今回、ゲームマーケット2019秋で一度やってみたかった「ボードウォーゲームて何?教室」をやってみました。
いや、以前から「ボードウォーゲームはどーも誤解されてるなぁ」と感じる事がいくつかあったので。
なので内容は「戦線の構築や効率的な攻撃」といった、ある意味定番な内容ではなく

「これが駒でーす。カウンターていうんですけどユニットとマーカーがありまーす」

という、初心者向けっていうレベル以下の内容です。
本来であれば原稿用意して順序立てて整然と語ればいいんでしょうが、時間もなく
説明したかったことの7割ぐらいしか、それもとっちらかったりしながらの教室となりました。
いやもうすんません、来てくだすった方。

午前中は2人の方、午後は3人の方がいらっしゃいました。
ありがとうございます。


んで、内容としては

・ボード・ウォーゲームって昔はボード・シミュレーションゲームって呼ばれてたよ。
・ボード(盤上)でシミュレート(再現)するゲームだよ。
・元々は軍人さん教育用だよ(だから軍事知識なくても勝手に身につくから知識なくても大丈夫)。
・シミュレートする対象は野球でも自動車でもなんでもいいけど、ウォーゲームが一番多かったよ。
・魅力や楽しみ方は人さまざまだよ
・勝敗を競うだけじゃなくて、なりきりや、箱庭的な楽しみ方とか、状況判断で悩む知的興奮とか色々あるよ

から、まず誤解されてる点を、ということで

・ウォーゲームは駒が多いよ。でも多くのボードゲームと違ってプレイヤーを表す駒じゃなく、部下を表す駒だから多くなるよ。
・多い多いといっても、マーカーとか使わないコマが多いから、実際は100前後だよ(例としてEP/CMJ「スターリングラード」、SPI/HJ「AirWar」)
・それでも100個とかあったら動かし忘れとか怖そうだけど、みんなマップ端の方から動かしていくとか工夫するから大丈夫だよ。
・それでも(ベテランでも)動かし忘れあるけど、それでゲーム不成立とかはないよ。ウォーゲームは動かし忘れを許容するよ。それは「ありえた可能性の一つ」だから(例として、攻撃時間から2時間おくれて攻撃開始、なんで遅れたのか謎な事例とか、進撃命じたらそいつら飯食ってて進まなかった事例など)。だからシミュレーションなんだよ。
・でも、飛行機1機とか1隻単位のゲームは動かし忘れはアウトだけど、そーゆーのはコマ少ないし。
・ウォーゲームはルールが分厚いけど、実は当たり前のことをルール化してるだけだから。例えば、多くのボードゲームでもし駒を動かす場合、移動力というパラメータがあってもそれは○○マス動けますという概念じゃないかな?ウォーゲームでは○○まで移動できるという概念はないよ。移動力を消費するという概念だよ。だって、1時間道路を歩くのと1時間ヤブを歩くのでは移動距離違うじゃん。それから飛行機1機単位のゲームなんかは、ボードゲームでよくある「移動はパスする」はできないよ。だってそしたら飛行機が空中で停止したことになるじゃん。シミュレートするゲームって言ったよね。つまり現実では当たり前のことや物理法則を文字情報でルール化するとこーなるの。で、「このルールはこーゆーことをいいたいんだな」という覚え方をするとわりと簡単に覚えられるよ。
・「ウォーゲームって軍隊の駒を使って戦略を競うんですよね?」って言われるけど違うよ。勝利条件で競うよ(例としてEP/CMJ「スターリングラード」)。こんなにVPを得る方法があるよ。てんでバラバラな方向だよね?どれか1つに絞ってVP狙いにいってもいいけど、反撃も喰らいやすいよね?バランスよくあちこち攻めてもいいけど、バラけるから全部失敗する可能性も高いよ?悩むよね?これもウォーゲームの魅力の一つだし、こういった勝利条件をどうやって達成するかで競うんだよ。ちなみにウォーゲームでは1箇所を占領したら勝ちというのはまずないよ。あっても「それができたらもう勝ちでよくね?」な状況になってる、シンボル的な目標だから。

で、後はよくある(作戦級)のルール(ユニット、スタック、ステップ、CRT、補給)なんかを説明して最後に

・初めてならJWC「ドイツ戦車軍団」がお勧めだよ。それからCMもいいよ、解説記事あるし。サンセットさんで売っている船1隻単位のゲームとか戦術級っていうんだけど、こーゆーゲームもイメージしやすいのでとっつきやすいよ。でも作戦級と戦術級は別世界だから両方プレイしてくれると嬉しいなあ。
・ルール教えられてプレイしてもよくわからんで終わると思うよ。ベテランだって前もってソロプレイしてくるし。うん、確かに時間はかかるけど、その分知的な面白さは保証するよ。頭使いまくって、体動かしていないのにヘトヘトになるのは得がたい体験だよ。

まぁざっくりこんな感じだったんですが、やってみて感じたのは
「シミュレートするゲームである」という概念がまったく知られていなかった、という点でしょうか。
なので移動の例や補給ルールなどを説明すれば「あーなるほど、確かにそうだよなぁ、そーゆーゲームなんだ」とひどく感心されていた様子でした。
また、「史実をシミュレートするということは、例えば日本とアメリカが戦うゲームがあったとして、日本が勝つことはできないのか?」
という質問もありまして(戦略級ゲームと判断)
「ゲームデザインの事になってしまうが、そもそも月間空母、週間護衛空母だの、それでいてシャーマン作りまくる国に勝てるわけがない。なので勝利条件を動かす。8月15日より先に日本降伏でアメリカ勝利。8月15日以降に降伏で日本勝利、といったゲームになる。また、米軍の損害を民意とか大統領支持率などに反映させて、ゼロになったらアメリカ負け、な方法もある。ウォーゲームではこういうデザインをします」
と説明しましたら、非常に感心されておりました。

なので、「ルールを簡単にする」とか「簡単にインスト可能」というアプローチは非常に効果が薄いと思われ、当然「ウォーゲームの基本」(ZOCとか戦線とかさぁ)なんてものを教えても、そもそも「戦線ってなに?」という状態なので

・シミュレートするゲームである

という点をじっくり説明したうえで、
魅力とか面白さを伝えないと、新規ユーザーは増えないんじゃないですかねぇ。

ゲームマーケット2019秋

春に続いて今年も参加してまいりました。
特に今年は、以前から考えていたあることをしたいため、友人を巻き込んでの参加と相成りました。
本来は前日に東京入りして一泊するのですが、今年は友人連れてのため当日新幹線に乗って会場入りする事に。
いやね、6時36分のはやぶさ2号に乗れば東京駅着が8時7分、そこから東京―新橋―青海―青海展示棟で9時頃には会場入りできるのはわかってるんですが、当日人身事故やらなんやらでどっかで遅延が発生すると一発アウトの可能性が高いわけで、極力避けていた会場入りなんです。起床5時10分、40分に出発。まだ暗いから2回ほどタクシーを広い損ねる(手を挙げても見つけてくれんのだ)。
6時10分頃仙台駅。キオスクで朝飯と昼飯を買い込んで友人と合流。無事に新幹線乗車。
そしたら、おそらく工事関係だと思うんですが、栃木県あたりで減速しはじめまして、もう心臓が凍りましたわ。幸いしばらくすると加速したのでホッとしましたが。
その後は東京―新橋―青海―青海展示棟と、無事会場入りに成功。時刻8時50分。
到着してからはブース設営に、お隣のN黒さまからお声をかけていただいてご挨拶などしつつの、そーいえばこんなシステムあったのにさっぱりやってなかったわ、と

20191123_01.JPG
チラシ置き。

そして設営完了。
20191123_02.JPG

10時開幕。あいにくの雨ということで人少ないかあー、お隣のサークルさんすっげー売れてんなー、等思いつつ12時頃を過ぎますと、
「今年人多くね?」
と。あの青海展示棟で人ごみを感じるレベルですよ、今年。びっくり。

今回は友人との二人体制ということもあり、ちょっと他ブースを覗いたり、
20191123_04.JPG
ラーメン!
うわー、ゲムマ参加して以来、初めて飲食コーナーで飯食べた気がする。いつもブース内でおにぎりだもんねぇ。
え?ラーメンの感想?
スープは確かに美味かった。麺は・・・・・細麺の方がいいんじゃないかコレ。

で当サークルなんですが、今回もありがたいことに多数の方にお越しいただきまして
無事帰りの新幹線代を得ることができました。
ありがとうございます。

また友人との2人体制(実態は強制徴用)での参加でしたので噂に名高い
「イベント参加後の打ち上げ焼肉」
をすることもできました。
だってさー、いっつも「打ち上げ」つったら帰りの新幹線で一人で食う駅弁なんだもん。

来年のゲームマーケット秋、また参加したいと思います(来年のゲームマーケット春は春コミと被るので不参加です)。


で!!
実は今年
20191123_03.JPG
こんなことしてたんだよ。
そのレポは次回記事で。

東北方面隊創隊59周年記念行事 その2

せっかくなので16式機動戦闘車の面白うそうなところを。

0929JGSDF_012.JPG
このあたりはモジュラー装甲だと思うんだが

0929JGSDF_013.JPG
このあたりがなぁ。たまに「小物入れ」だったりするからなぁ。わからん。

0929JGSDF_014.JPG
0929JGSDF_015.JPG
モジュラー装甲というより増加装甲といった方がしっくりくるような。

0929JGSDF_016.JPG
ん?

0929JGSDF_017.JPG
あれは・・・?

0929JGSDF_018.JPG
カギ?・・・何故?

舐めるように撮影した後は、
0929JGSDF_019.JPG
広場に移動してFH70へ。

0929JGSDF_020.JPG
0929JGSDF_021.JPG
甥っ子に一通り触らせた後は
もちろん俺が動かす。
うはははははは
旋回ハンドルと仰角ハンドルを同時に回して砲身をぶん回す。

実に楽しいw

0929JGSDF_022.JPG
甥っ子が「これ見たい」というので入ってみた野戦手術システム車。
これがけっこう興味深く、勉強になった。

0929JGSDF_023.JPG
0929JGSDF_024.JPG
0929JGSDF_025.JPG
16式機動戦闘車の機動展示。
装輪式だから機動性めっちゃ高いなぁ。これで行進間射撃やれるんだから
化物
である

0929JGSDF_026.JPG
お昼はここでカレー、、、のはずだったのだが、カレーなくなってた。カツカレー美味しかったんだけどなぁ。
(帰宅してから気がついたのだが、5年前は「しぶや食堂」。運営が変わったのかな?)
で、代わりに向かいの

0929JGSDF_027.JPG
「COFFEEはぎ」へ。
食べるはもちろん

0929JGSDF_028.JPG
カレー。
ドロドロ系で、コクがあって美味しかった!

そしてお買い物しつつ帰宅。
0929JGSDF_029.JPG
最初の甥っ子の画像と比べていただきたい。
ショルダーバックが迷彩柄のなっておる。
実は駐屯地内売店にて買ってやったのだが、嬉しかったらしく
「撮れ!」
と。


さて。来年は姪っ子も連れて行こうかね。

東北方面隊創隊59周年記念行事 その1

9月29日に、以前2~3回行ったことがある、いわゆる苦竹の駐屯地解放へ行ってまいりました。
以前は霞の目だったんだけどねぇー。
甥っ子連れていったのはもちろん「英才教育」でございます。

0929JGSDF_01.JPG
74式をバックに。初めて見る戦車に感銘をうけたご様子。

0929JGSDF_02.JPG
0929JGSDF_03.JPG
MLRS。MLRSってもう用廃出てんだ。

0929JGSDF_04.JPG
軍人勅諭?右側がカットされてるみたいだけど。。。
カットするなら「陸軍大臣 荒木貞夫」をカットするべきじゃないかなあ(荒木・真崎は嫌い。いや統制派も嫌いだけどさ)。

0929JGSDF_05.JPG
中距離多目的誘導弾、だったけか。

0929JGSDF_06.JPG
0929JGSDF_07.JPG
0929JGSDF_08.JPG
おおお、16式機動戦闘車。
甥っ子がいたく気に入ったご様子で
「これ買ってくれ」と。
買えるかっ!
よしんば買えたとしても俺が乗るわい

さて、ここでちょっと面白いものを。
0929JGSDF_09.JPG
化学防護車だったと思うけど、注目して欲しいのはOVM(On Vehicle Material=車外装備品)の斧。刃の部分まで迷彩塗装と同色になってるのがわかる。

0929JGSDF_011.JPG
こちらは74式のOVM。
斧の刃はいわゆる鋼色。

OVMの塗装に関しては決まりはなさそう。
つまり、プラモ作りにおいてOVMを別塗しなくてもよい、と。
別塗した方が精密感は出るけど、面倒なら車体塗装と一緒にしちゃっても正解、ということですな。

続きます。

第29回定禅寺ストリートジャズフェスティバル in 仙台2019 その2

さて、飯も食ったし、市民広場へ移動。
市民広場のステージは基本ビッグバンドですが、今回のお目当ては
U.S.ARMY BAND!

JSF023.JPG
実はコレ、リハの時。
演奏が始まるや人が殺到。

JSF024.JPG
スマホを高く掲げてやっと1枚。
もう演奏を楽しむ環境じゃない。
しかも酷暑というか、太陽がきっつい。

JSF025.JPG
実はちょっと下がれば、でっかい画面で見れたりするのだが

JSF026.JPG
もっといいのは真横である。
木陰でのんびり演奏を楽しみました(まさか前前前世やるとは思わなかったよ)。

さて、この後の行動が大変難問であった。
まず、毎年聞いているくじら✩ブロウさんはなんと榴岡公園ステージ!
サタンオールスターズは錦町公園。
ほでなすさんは滝前ステージ。
そして、ほとんど時間帯が被ってる。

誰だこんなステージ組んだ奴!
結局くじら✩ブロウさんとサタンオールスターズを泣く泣く見送ってほでなすさんへ。
ほでなすさんを通しで見たことなかったので。
というわけで、ほでなすブルースバンド!

JSF027.JPG
JSF028.JPG
JSF029.JPG
JSF030.JPG

もうめっちゃ面白かった!
(つくづく思う。JSFはおっさんが輝く二日間だと思う)

YouTubeにこの日の演奏がほぼフルで上がっていたのでご紹介(見にくいけど)。


これで一応見たいバンドは見終えたのだけれど、Tacchyが元鍛冶丁公園のタイアップステージに出るから来い、と。

JSF031.JPG
JSF032.JPG
JSF033.JPG
JSF034.JPG
かっこいいじゃん。映画化しなよ。

でまぁ、なんかこのまま帰るのもなぁと、なんとな~く再び匂当台公園の滝前ステージへ。
JSF035.JPG
たしかTK & The Blues Blastersというバンド名だったと思う。
もう聞き入るくらい凄かった。

JSF036.JPG
特にこのドラマーさんが、派手さはないけどすっげぇ上手いの。

これもYotubeに上がってたのでご紹介(4:30からが本編)

※音圧はもっと凄かったけどな!

いや~
今年もJSFを堪能いたしました。
参加されたすべてのミュージシャンに感謝を。


第29回定禅寺ストリートジャズフェスティバル in 仙台2019 その1

1ヶ月半前ではありますが、ジャズフェスの記事を上げませんと秋が始まりませんでな。
今年は土曜日午後、日曜日に参戦しました。
いやー暑かったね!ジャズフェスって雨に祟られることが多いんだけど、快晴を通り越してこんな暑いジャズフェスは初めてでした。


9月7日午後、有人のTacchyが出るので仙台駅へ。

JSF05.JPG
ステンドグラス前。
ここで演奏するには基本的に「凄い人」じゃないと演奏できない。

JSF06.JPG
Tacchyの前のバンド。沖縄系の音楽だった。
演奏を聞きながらTacchyにご挨拶。
「ジャズフェスしか来ねぇのな」
と大変失礼な事を言われた気がするが、きっと彼一流のジョークであろう。はっはっは。
後で校舎裏にツラ貸せや。

というわけで、以下Tacchyの勇姿である。
JSF01.JPG
JSF02.JPG
JSF03.JPG
演奏後はビールの差し入れなどしつつ移動・・・のつもりだったのだが、ビールを買ったここ

JSF07.JPG
このムラカミセブンがIPAだというので思わず所望。

JSF08.JPG
美味い!

JSF09.JPG
この日は特に何聞くか決めていないので、フラフラ~っと匂当台公園へ。


そして再び
JSF010.JPG
飲む!食う!

JSF011.JPG
素敵な音楽を聞きながらね。
ジャズフェスってホント最高のイベントだと思う。

JSF012.JPG
JSF013.JPG
帰りは定禅寺通りのガチ勢を聞きながら帰宅。

で9月8日、2日目。
JSF014.JPG
ディキシーランドジャズ~

JSF015.JPG
JSF016.JPG
JSF017.JPG
ベースの人、実は次のバンドの人で急遽参加したらしい。

JSF018.JPG
移動してアイリッシュ!アイリッシュは押さえとかないとね~。
ちなみにこちらのバンド名「あいりっしゅ」
そのままですがなw
素晴らしい演奏でした。

ここでお昼。
なんとなくラーメンと餃子を食べたかったので、市役所周辺で適当に検索したら
「天ぱり」なる店がHit。行ってみよう。

JSF019.JPG
ここ、WUGの聖地なんだそうで。

JSF020.JPG
ああ、大洗の飲食店ではよく見る光景ですなあ~。

JSF021.JPG
JSF022.JPG
美味い!ここは美味い!
一風堂行くかって言わたら俺ァこっちにするなぁ。

午後に続く。

松島基地航空祭2019 その3

今度こそBIである。
残念ながら3機編成ではあったが、午前午後とも素晴らしい飛行を見せてくれた。
ほとんどF-4のところにいたので、F-4と絡めて撮ってみた。

20190825_02.JPG
20190825_03.JPG
20190825_031.JPG
20190825_033.JPG
20190825_038.JPG
20190825_042.JPG

あとはこんな感じで。
20190825_040.JPG
20190825_041.JPG
20190825_043.JPG
20190825_026.JPG

コンデジでもけっこうイケるんだぜ、と。
また来年!

オマケ。
20190825_044.JPG
鉄クラスタが微妙にざわついていた奴。

仙台港艦艇公開2019 その2

続き

0713_012.JPG
乗艦したらこんなんがあった。残念ながら見つけられなかった・・・。

0713_013.JPG
アスロック管制室だそーで。CICで動かすんではないのか?

0713_014.JPG
怖ッ。
「航海中危なくなっすか?」
と聞いてみたが「いやー別に。慣れですかねー」
とのこと。

0713_016.JPG
後付け!どーみても民生品後付けポン付け!
「・・・これ、官品っすか?」
「官品です」
マジか。

0713_017.JPG
0713_018.JPG
エンジンテレグラフ?!・・・と思ったが「速力信号灯」というものの制御器らしい。

0713_019.JPG
叩きつけるやつ。実際はどうだか知らんが私の中では叩きつける奴である(実際、帝国海軍では叩きつけるように取り扱う人が多かったそうで、技術士官が「壊れるからやめて~」と嘆いていた手記を読んだことがある)。

0713_020.JPG
みなさん、正しいラッタルの下り方です。

0713_021.JPG
0713_022.JPG
76ミリ。
薬莢長っ。どんだけ装薬詰まっとんねん。
はて、自動装填とか旋回機構をとっぱらって砲だけ74式の車体に乗せて、弾をAPFSDSにしたらかなり強力な対戦車自走砲できんやろか?(「西武新宿戦線異常なし」でもそんなハナシがありましたけど)

0713_023.JPG
艦首方向。意外と横幅あるな。

0713_024.JPG
艦橋。
で、その手前にある

0713_025.JPG
これはなんなんだろう?

0713_030.JPG
ハープーン。
左の撃ったら、絶対ペンキ焦げると思う。

0713_031.JPG
ファランクス用の弾庫・・・のはず。

0713_032.JPG

「ちくま」はここまで。
次は

0713_033.JPG
潜水艦。
仙台港に潜水艦が来たの初めてでは?どうやって接岸したんだろうと聞いたら、普通にタグを使ったそうな。

0713_034.JPG
0713_037.JPG
0713_038.JPG
0713_039.JPG
0713_040.JPG
でっぱり。機雷探知用高周波ソナー、じゃないかなぁ。しらんけど。ソナー系なのは確かだろうけど。

0713_041.JPG
タイルの貼り方が違ってるのが面白い。
理由を聞いても教えてくれないのは明白なので質問はしなかったが。

0713_042.JPG
左が捜索用かしら。

いやー、こんな間近で潜水艦見たのは初めてで、貴重な体験をさせていただきました。
海上自衛隊の皆さま、ありがとうございました。

最後に。
0713_036.JPG
軍艦旗がいい感じにたなびいていたので。

松島基地航空祭2019 その2

続き。
ほーら、ブルーインパルスだぞー。

20190825_011.JPG
ジュニアだけどな!
しかし、ジュニア伝統のWAVEナレーターはどこいった(アレを「女装」とか「オカマ」などと言ってはいけない)。

20190825_012.JPG
20190825_013.JPG
F-2飛行展示と被ってるんで、まーナレーションが聞こえないw

20190825_014.JPG
超至近距離、超低空をフライパスするT-4。もちろんパイロットは凄腕なので飛行中手を振るなんて朝飯前なのだ。
以下、アグレッシブなアクロバット飛行をご覧下さい。

20190825_015.JPG
20190825_016.JPG
本家より先にカラースモークだぜ!

20190825_017.JPG
20190825_018.JPG
出たーっ!航空自衛隊最高機密のブルーインパルスjr.謎の6番機。

20190825_019.JPG
20190825_020.JPG
20190825_021.JPG

いやー、久しぶりにjr.の飛行を通しで見たわ。
やっぱええのう、jr.は。

本物のBIは次回。

以下余談。
ジュニアの後
20190825_025.JPG
F-16のデモフライトだったんだけどさ、
アレ何?
キレッキレなんてもんじゃなかった。

さすがにコンデジでは
20190825_023.JPG
これが精一杯なので、YouTubeに上がっていたのをどうぞ。



仙台港艦艇公開2019 その1

ブログにアップするのすっかり忘れてた。
7月13日。
毎年恒例、仙台港の海上自衛隊艦艇一般公開。
今年はなんと潜水艦も来るということで行ってまいりやした。

0713_01.JPG
お姉さん想いのあぶくま型の「ちくま」

0713_02.JPG
0713_03.JPG
0713_04.JPG
なんか、ゆき/きり型とそっくりやね。

0713_05.JPG
情報量が多い艦橋周りアップ。
プラモ作成の方、ご参考にどうぞ。

0713_06.JPG
マストのアップ。ここだけ切り取ったら、ゆき/きり型とかわらんような。

0713_07.JPG
後部。ん?あれは・・・

0713_08.JPG
探照灯・・・?でいいのか?

0713_015.JPG
乗艦後、アップで撮ってみた。
煙突に近いので遠隔操作だとは思うんだけど、基部があっさりしてるし、操作員が直接操作?いやでも煙突近すぎんだろ熱くねぇか?
見学時聞いとけばよかった。
しかし、中心線上に探照灯装備とは、まさに駆逐艦ですな。

0713_09.JPG
後方より。

0713_010.JPG
煙突周辺。スリットはスミ入れで処理しよう。

0713_011.JPG
アスロックランチャー。

0713_026.JPG
0713_027.JPG
あぶくま型はアスロック弾庫がないので、装填済みの8発しかない。とすれば、この空になったランチャーの中身はどこに?・・・・・・聴いたら公開前に陸揚げしたんですと。仙台港に陸揚げしたとは思えんので(危ないしな)母港の大湊に置いてきたんだろう。

0713_028.JPG
さらにアスロック。通常はこんな蓋。タイヤブラック+ブラック(フラット)でいいんじゃないかな(何が?w)。

0713_029.JPG
鍵かけてんすねぇ。。。

続きます。

松島基地航空祭2019 その1

20190825_03.JPG

夏だねぇ。
・・・今更ですが松島基地航空祭の記事です。すみません。


何を持って夏とするかは人様々でしょうが、私にとっての夏はコレなのです。

20190825_01.JPG
RF-4の飛行展示、だったかな。

特に今年、F-4は退役にともない今年が最後だそうで。F-4みっちりねっとり撮影してきました。コンデジだけどな!

20190825_04.JPG
20190825_036.JPG
20190825_05.JPG
20190825_010.JPG
20190825_06.JPG
20190825_07.JPG
20190825_09.JPG
20190825_028.JPG
20190825_022.JPG
20190825_024.JPG
20190825_027.JPG
20190825_032.JPG
20190825_034.JPG
20190825_035.JPG

F-4といいF-14といい、グラマラスだよねぇ。
最近のヒコーキはのぺーっとしてていかん。

しかしこの日は(去年もだが)暑かった!
風があるのが救いだが、その風に乗ってエンジンからの排気の匂いがまたよろしい。

そういえば今年も朝早い仙石東北ラインで行ったのだが、混み具合はいつも通りとして、座席埋まるの早かったなぁ。
皆さん学習しているとみえる。
来年早く行かねばならんか。

それと入場ゲートなんだが、15門は大混雑だったそうで。
私は駅からてくてく歩いて東門から入場。
15門が駅から近いかもしらんが、東門からの方がすいているし、基地の中に入った!という感じが好きでねぇ。
昔は正門からも歩いて入れたんだが。

え?BI?
それは次回で。

オマケ
20190825_037.JPG
この画像に需要はあるのだろうか・・・・・・。

C96サークル参加記

C96サークル参加してまいりました。
これで2度目の夏コミ参加ではあるんですが
今年は史上初の4日間開催ということで、ジャンルコード311は1日目の金曜日。
・・・・・・平日とか、正直勘弁して欲しい。たまにはさぁ3日目にしてよ。

前日は酷暑の中大洗で聖地巡礼したもんで、そらもう快眠でした。効果抜群。
吉野家で朝飯喰って、ゆりかもめ乗って到着したるは

c96-01.JPG
やってまいりました愛と欲望の逆三角形。
そして、今年できたばっかりの南館へ向かう。

c96-02.JPG
すごーい綺麗ー。

c96-03.JPG
c96-04.JPG
到着。

c96-05.JPG
c96-08.JPG
今回は宅配搬入にチャレンジしてみたのだ。
たしかに楽でいいなぁ。

開場まで時間があるので
c96-07.JPG
c96-06.JPG
トイレ探索。
東館に比べると便器が少し少ない・・・?

c96-09.JPG
設営完了。
さぁこい。

・・・
・・・・
・・・・・
あれ?人来ない。
そう、本館と青海展示棟の2正面作戦となっているうえに、南館は奥まったところにあるので、東館のような「男津波」がない!
なのでジワーっと人が増えていく感じなのだが、ただでさえジャンルコード311は人気があるとは言えないのに、平日開催で奥まった南館の、それも2階ですぜ。

「ゲムマの方が活気があるよぅ(泣」

しかも14時頃は強烈な睡魔に襲われる。
うん、前日に聖地巡礼したおかげで確かに快眠できたけど、疲れたから翌日眠くなるわ。だめだこの方法はw

で、結果ですがなんとか、30部ちょっと頒布できました。
お求めいただいた皆さまには感謝あるのみです。

でもさぁ、本当のところ去年の感触からもうちょっと行くと思ってたんだ。
正直に言おう。今回持ち込んだのは100部だ。
残り約70部。送り直しかー。
やれやれ、しょうがないね。
余りを簡易平台車(キャスター付きすのこ)に乗せて、ゆうパック搬出の列に並んで、
列が動けばゴロゴロと、








バキッ

・・・・・・バキッ?・・・・・・Oh・・・・・・キャスター大破、移動不能。
このままだと他のサークルさん方にご迷惑なのでとりあえず列外へ。
スタッフさんと相談した結果、いったん自分のサークルスペースへ戻る。
が、このままだとすでに始まっている2日目の準備の邪魔となるため、どうしても並ばなきゃならんことに。
この合計20kgはありそうなダンボール3つ抱えて?
マジか。
そこで一計を案じてみた。幸い捨ててないダンボール空箱があったので、それをひっちゃぶいて1枚にしてソリ代わり。その上にダンボール箱のせてひっぱっていたのである。
我ながらいい考えだったのだが、17時頃になると空調が切れまして。
ええ、軽く地獄でしたわ。
ビッグサイト脱出が18時。
あー疲れた。

でも、また参加したくなるんだよねぇ。
楽しかった。
皆さま、C98でお会い致しましょう。――あ、今回フランスドッグ食べてない!

※サークル「へくすとだいす」は夏コミのみ参加です。冬?冬はメカ・ミリ・鉄の島をまわるんだよ、サークル参加なんかしてられっかい。

ボードウォーゲームをプレイしてみよう第9回その3 EP/CMJ ドイツ戦車軍団(ハリコフ攻防戦)



(何度目かの)大洗訪問その2

ブロンズさんで腹一杯になった後、最終目標へ向かう。

ooarai021.JPG
これ!

ooarai022.JPG
この赤丸の中!

ooarai023.JPG
これが噂に名高い
「ローズヒップ縁石!!」
感無量である。

ooarai024.JPG
しっかし、クルセーダーって幅約2.6m、全長約6mなんだそうで、この道幅できれいにターンを決めたローズヒップ車の操縦手は麻子並の腕前ではあるまいか?

さて、目標を達成したのでサザコーヒーで一服しようか。

ooarai025.JPG
あー、話には聞いてたがスーパー建ってる。

ooarai036.JPG
一服中。ぶっちゃけ、鉄板ナポリタンでマジ腹一杯&酷暑で体力ガリガリ削られて動けん。

ooarai035.JPG
お土産買いにまいわい市場にいったらアリクイさんの面々が。

ooarai026.JPG
あとは桂利奈ちゃんの酒買って帰るかー、だらだらチャリ漕いでたらなんか気になるものが。バックしてみれば例のガルパン・マンホールの蓋であった。・・・狙ってないのにあっさり発見しちゃったよおいw
まじ腹一杯状態なので遺憾ながらみつだんごはパス。

ooarai037.JPG
ooarai038.JPG
アッサムさんとこでお茶買って(お土産用)

ooarai039.JPG
桂利奈ちゃんとこ寄るも、一昨年は使えてたはずのクレカが使えない。PayPayなら使えるそうだが。うーん。こっちもいろいろお財布事情があってだな・・・・まぁ11月にまた来るし、とこちらも撤退。
後で判明したが、どうも大洗の商店やタクシーやなどの多くがクレカ決済からPayPay決済に切り替えた模様(まいわいはクレカOKだったぽい)。せめてSuica決済にして欲しいのだが。PayPay系決済が嫌いな方はご注意を。

さて、どーすっかなーとスマホでパネル設置マップを確認すると、近くにマリー様がいらっしゃるじゃないですか。
よし、マリー様見て帰るか!

・・・・・・・と思った私が馬鹿でした。
実は大洗駅周辺と大荒港の間はけっこうな高低差がございます。10mほどでしょうか。この10mとゆっくり下っていくのがきらめき通りのルート。
アッサムさんがいる国井屋さん周辺から、マリー様のいる浜勘さんまでのルートはその10mを一気に駆け上がる激坂登攀ルート!
ええ、チャリ漕ぐなんて無理。酷暑炎天下でチャリ押しました・・・。

ooarai027.JPG
ooarai028.JPG
ひー、やっとついた。
こちら、屋外に休憩所がございます。冷たいお茶はあるし、スマホの充電も可能。まさにセーブポイント。
そして

ooarai040.JPG
カニ。(日によって違うようです。それになくなったらその日はお仕舞いだと思うので、巡礼者が多い時は節度を守って食べませう)。

明らかにハイカロリーなナポリタンを食べたこの日のおやつは「カニ」となりました。・・・月に一度は巡礼に来るガルパンおじさんは多いそうだけど、成人病になってるんじゃあるまいか・・・
この浜勘直営店さん、数量限定のカレーが凄いらしい。4個あったので全て買って自宅へ宅配依頼する。
一休みしてから大洗駅へ。

ooarai029.JPG
ん?

ooarai030.JPG
あ、ARL-44だ。
さりげなく戦車パネルが置いてある町、それが大洗。
マップ見て計画を練って巡るのもいいですが、レンタル自転車でフラッと巡ってみても面白いかと。え?こんなとこに?!と驚くこと請け合いです。
さらに途中で安藤さん発見するも、疲れきって撮影はせず。
その後大洗駅に着いたところでマリー様のとこにスマホ忘れたのに気がついてタクシー飛ばして回収するとかドタバタがあったものの無事大洗から撤収したのでした。しかし、列車の時刻が近くなるとガルパンおじさんお兄さんがぞろぞろと現れて(外人さん1名含む)・・・平日ですよ?平日でこれですか。じゃ土日祝日はもっと凄いんでしょうなぁ。
大洗、次はあんこう祭だー!

ooarai031.JPG
ooarai032.JPG
ooarai033.JPG

おまけ
ooarai041.JPG
ooarai042.JPG
先日、浜勘さんのカニカレーを食べました。凄いです。

まさに「カニが7分にカレーが3分」

浜勘さんのカニカレー、マジお勧め。

(何度目かの)大洗訪問その1

C96の1日目にサークル参加する前日、大洗に行ってまいりました。
というのもですね、仕事終わってから新幹線で東京に出て一泊してコミケってのは意外と疲れるんですわ。
その原因は睡眠。
いくら快適な宿で、お風呂入ってサッパリしてお酒飲んだとしても、どうしても気が落ち着かないからなかなか寝付けない。
ならば!
前もってクタクタに疲れてしまえば快眠できるのではなかろうか?というわけでC96サークル参加前日の8月8日、大洗詣で決行と相成りました。
まず夜行バスで東京へ。
少しでも快適なバスにしたかったので、少し高くても散策バスに。なんで以前の3列車がなくなって4列になったらしいが、散策バスを名乗るならあの驚異のリクライニングは健在であろうと。
が、これが大失敗。リクライニング角度が普通の夜行バスと変わらん!しかも4列化で予想以上の狭さ。良かったのは足元が広い(長い)こと。それだけ。これで散策バス名乗ってあの料金か。もう散策バス乗らんわー。

新宿バスタから上野へ移動し、上野からは常磐線普通で水戸まで。いつものことですが奮発してグリーン車2階席。おかげでよく寝れました。
そして一旦改札を出て切符を買いなおして7・8番線ホームへ。

ooarai01.JPG

「父ちゃん、久しぶりだね」(違う)
久々の赤いディーゼル車に乗りますれば到着しましたは――

ooarai02.JPG

帰ってきたぞー!
約1年半ぶりの大洗っ!

今回の目標は
1つ!ルクリリさん詣で。
1つ!ブロンズで鉄板ナポリタンを食らう。
1つ!「ローズヒップ縁石」詣で。
最低でもこの3つはクリアしたい。

駅で自転車のレンタルに成功し、時刻は9時半。いざ出発。

まず少しは腹に入れたいということで
ooarai06.JPG
ooarai03.JPG
ウスヤさんにて串カツ。
以前から巡礼者向けにプレハブの休憩所を作ったとは聞いてたが、いざ入ってみて仰天。

ooarai04.JPG
ooarai05.JPG
エアコン稼働してるのである。涼しい・・・。
時刻は10時ちょっと前。それも平日。巡礼者なんてそこまで多くないと思うし、来てからエアコンONでもいいと思うのだが常時稼働である。電気代だってかかるだろうに。いやもう頭が下がりますよ。アニメ誘致してパネル立てときゃ人来んべ、と思っている町興し担当者はこーゆーところまで視察して欲しいものである。

さて、串カツ食べたあとは近くのファミマまでいってコーヒーを。。。ん?

ooarai07.JPG
ooarai08.JPG
他のGSにもあったよな・・・・まさか大洗町全部のGSがこうなんだろうか。
一服後はクソ暑いクソ炎天下にひーひー言いながらチャリを漕ぐ。ひたすら漕ぐ。

ooarai011.JPG
着いたー!入船旅館!

ooarai012.JPG
そしてルクリリさーん!やっとお会いできました(しかし聖グロってほんと可愛い娘多いな)。

帰路もまたクソ暑いクソ炎天下にひーひー言いながらチャリを漕ぐ。

ooarai013.JPG
ooarai034.JPG

ooarai014.JPG
弾痕確認!

ooarai09.JPG
あれ?以前は柵なかったような。

ooarai015.JPG
島田流家元(「胸の西住、ケツの島田」とはよく言ったものである)。

ooarai016.JPG
ooarai017.JPG
そしてブロンズさん。この日の入店第1号である(おばちゃん曰く「今日はとても人が少ない」らしい)。

ooarai019.JPG
ooarai018.JPG
コースターはどれかを選べる。

ooarai020.JPG
そしてこれが念願の「アンツィオ名物『鉄板ナポリタン』」(厳密にいうとOVAのとは若干違うと以前から思っているのだが、そこに突っ込むというのは野暮ってもんよ)。
わーい。やっと食べられるー・・・・・・多くね?1.5人前じゃね?
そしてお味はというと――正直、昔ながらのナポリタン、かつケチャップが多すぎ味濃すぎでは?、と最初は思うも半熟の卵と輪切りのソーセージがいい感じのアクセントとなり、気が付くとペロリと平らげてしまっているという、奇跡の一品でございました。
ついでに面白いお話も。
このお店、役場に近いことから案の定、昔は役場の人や商工会の人のたまり場だったそうです(肴屋本店の店主、のお父さんも常連だったそう)。今ではファンの方々が入れるようにと、役場や商工会の方々は遠慮してるのだとか。また、平日でも行列ができることから「行列解消のため」できるだけ無休にしてるとのこと。
いやいやいや、ちょっとは休んでくださいよ、と言っても「ダメだよ、行列できちゃうから」と。

再度言いますが、アニメ誘致してパネル立てときゃ人来んべ、と思っている町興し担当者はこーゆーところまで視察してくださいな。

で、公開していいのかわからないのでぼかしますが、ブロンズのおばちゃんはけっこうなお年です。
その「けっこうなお年」のおばちゃんとの会話。

「この後はどこいくんだい?」
「サザコーヒーでコーヒー飲もうかと」
「ああ、最終章第2話に出てたもんね」

・・・え?(もう一度言いますが、ブロンズのおばちゃんはけっこうなお年です)

「今日はもう帰るのかい?どっか泊まってくのかい?」
「いやー、明日はコミケにいくんですよー」
「ああ、今年は東館使えなくて南館なんだって?大変だね」

・・・え?(くどいようですが、ブロンズのおばちゃんはけっこうなお年です)


ガルパンがヒットした理由の一つに「戦車道」というブッ飛んだ設定がありますが、大洗が聖地として成功した理由の一つは

「住人もブッ飛んでいた」というのがあると思います。

続く。

最近みたアニメ

●ザ・ビッグオー
最近というよりも2018年―2019年と年をまたいでダラダラと見ていたのだが。
なんだってこんな古いアニメを、と思うかもしれないが縁あってのことである。
2005~7年ぐらいには本作の名前と設定を少しばかり耳にしてて(過去の記憶を失った街だとか、アメコミ調だとか)、機会があったら見てみようと思いつつ気が付けば2018年。きっかけはあの傑作映画「ボヘミアン・ラプソディ」である。
私と同じような事をする方は多いと思うのだが、大変良かった映画を観たあとはネットで感想や関連情報をよく調べる。
その時気になったネタが一つ。

・ビッグ・オーのOP曲が、クィーンのフラッシュのテーマにそっくりどころかまんま同じで、ブライアン・メイに曲の権利が移行しただとか、NHK-FM?の「クィーン三昧」でビッグ・オーのOP曲が流れたとか。

なんだそりゃ。パクって訴えられて封印されたとかならわかるが、そっくり過ぎてクィーンの曲扱い?ブライアン・メイの曲扱い?

そりゃ尋常じゃねぇぞ。
というわけで視聴。






まんまじゃねーかwww


しかもフルで聴いたら、もろクィーン。
二期のOP曲も「謎の円盤UFO」のOP曲そっくりらしいが、どれ比較動画を・・・


※前半が一期の比較、後半が二期の比較

まんまじゃねーかwww、しかも曲名が「リスペクト」www
かつ、本家には申し訳ないが、こっちのほうがかっけーぞ、おい。
こっちはあんまりに同じなので封印され、今では別の曲に差し替えられたそーですが・・・・


こっちもはキンクスの曲と薄皮一枚差のリスペクトだそうでw
アカンではないですかw


で、もちろん曲だけじゃなくて全話視聴しましたよ。
めっちゃ面白いじゃん!
いや、いくつかよーわからんところもあったけどさ、エヴァより全然マシじゃね?
そしてドロシーが良い!正直某綾波さんよりもドロシーの方が良い!!!
メカも良い。
いちいちプラグスーツに着替えたり暴走しないと勝てない某人造人間と違って

「ビッグオー!アクション!」

なんてかっこいい。
台詞だって良い。「動け動け」とガチャガチャやるお子様と違って

「雨の中、傘をささずに踊る人がいてもいい。自由とはそういうものだ」

ロジャーさま素敵でございます。ただ、ネゴシエーターの割には交渉(物理)になっているのは如何なものかと。
そしてヒロインの女性に対しての台詞は、「笑えばいいと思うよ」などと言ってるお子様とは違うのだ。

「アァァァァルドロシィィィウェインライト!!!」
※BGM「RUN DOWN」

放送は1999年だそうで。ならちょうど20周年じゃないか。
サンライズさん、リメイクしてよ。

<剣>号作戦 もう一つのデザイナーズ・ノート その2

 ルールブックの「本当のデザイナーズ・ノート」に書いた「あるネタをぶっ込みたかった」「あるネタの丸パクリ」というのは、ル・カレ御大のスマイリー三部作、その内の「スクールボーイ閣下」からです(いや、一番好きなのはティンカー・テイラー・ソルジャー・スパイ」と「スマイリーと仲間たち」なんですけどね)。「本当のデザイナーズ・ノート」にも書きましたが、第1部第1節はそのまんまです。もしアレを読んで「第1節だけ文章うめぇな」と思っていただいたならば、それは私の力量ではなくル・カレ御大と訳者の菊池先生のおかげです。
 大サトークラスタは年齢層が高いので、わかってくれる人が一人くらいいるかなー、と。
 ちなみに、RSBCにも出てくるんですよ、ジョージ・スマイリーが。パナマ侵攻2巻P42-43

「『シェルドン君の意見に賛成する』SIS連絡官が鼻の奥で突っかえたように響くケンブリッジ風の発音で意見をのべた。ぼんやりとした顔立ち、短躯、肥満体、といいところのない見かけ諜報関係者というより学者のように見えた。一見する限り堅苦しそうだが、ジョージという愛称で呼ばれると実に嬉しそうな顔をする可愛げの持ち主だった」

 がそれ。もっともスマイリーはよっぽど親しい人でないと「ジョージ」と呼んでも嬉しそうな顔しないと思いますが。
 で、当然ながらヒストリカル・ノートには裏設定が存在します。

●I中佐は元々OSSのスパイ。だだし、金銭的な目的ではなく「日米は敵対することなく、情報を共有し、一体とならねばならぬ」という信念で行動しているスパイ。

●しかし合衆国崩壊にともない、シェレンベルクがかっさらい自分のジョー(資産)にする(I中佐はそんなこと知らず、アメリカに協力していると思っている)。

●一方、SIS(サーカス)には「あの」ビル・ヘイドンがいる。元々ソヴィエトのスパイだったが、ソヴィエト崩壊にともないドイツのスパイに。ケース・オフィサーはこれもシェレンベルク。

●ある日、ヘイドンからオペレーション・ソードを合衆国が主張しているネタがシェレンベルクに届く。しかし実施されるのか未定のため、この情報を自分のところで留めておく。

●一方、英国は(ヒストリカル・ノートで書いたように)作戦実施を希望していた。しかし日本がうんと言わない。ヘイドンはこれもシェレンベルクに伝え、かつ作戦実施になるよう誘導したい旨も伝える。

●日本を作戦に賛成させて自分の手柄にしたいヘイドン。作戦実施が確定してから「敵の作戦を事前に入手しましたよ」と手柄にしたいシェレンベルク。利害が一致。

●そこでシェレンベルクはI中佐に、「オペレーション・ソード情報(ヘイドン情報)」を伝えるとともに、現地軍司令部が作戦実施を望んでいるよう工作を指示。

●もちろんI中佐はアメリカ側の要望だと思っているので、東京へ「作戦実施を熱望ス」の電文を送る。

●作戦実施となり、その情報はシェレンベルク、シェレンベルクからハイドリヒへ伝わる。そしてハイドリヒは自分の手柄としてヒムラーに(儀礼的に)報告して、(当たり前だが)帝国軍、陸軍、北米総軍に伝えようとする。

●ところがヒムラーがとんでもない事をいいだした。「待て、ここは軍には知らせずあえて敵に作戦を実施させる。同時に陸軍や武装親衛隊(実質北米総軍指揮下)に我々が秘密介入して部隊を動かし、そのオペレーションなんとかを枢軸軍の決定的敗北に導き、我々の勝利とするのだ。帝国軍、北米総軍といえども我が親衛隊の手のひらの上だということ、そして親衛隊は敵の軍勢を撃滅できる能力があることを天下に知らしめ、総統にご報告申し上げるのだ」

●「馬鹿じゃねぇの?」と思ったかどうかは知らないが、こんなわけのわからん命令を下されて頭を抱えたハイドリヒ。当たり前のようシェレンベルクに丸投げ。

●シェレンベルクも頭を抱えるが、とにかくお仕事なのでしょうがない。なんとか武装親衛隊内部のRSHA協力者を探し、偽命令を出して第19SS装甲連隊第1大隊をバトンルージュ郊外の休養地からレウビルへ移動させることに成功。

●他の部隊も動かそうとしていたところでタイムアップ。日本軍が上陸して戦闘開始。ヒムラーの野望は「あんまり意味なかったね」という中途半端な結果に終わる。いやそれどころか、これがバレたら帝国軍、陸軍、北米総軍から「なにやってんだお前は」と怒られて親衛隊の不祥事になること間違いなし。

●報告を受けたヒムラーは「俺は知らん」とヴェーヴェルスブルク城に引きこもる。

●不祥事の責任を被らされた格好のハイドリヒ、シェレンベルクへ「なんとかしろ!」と命令する。

●シェレンベルクは「だから何でもかんでも丸投げするなぁ!」と思ったかもしれないが、何しろエースたるヘイドンを動かしたりI中佐を動かしているので、作戦敗北後の原因調査でこれらの繋がりが出てきたらヤバイのだ。

●もちろんヘイドンだってヤバイ。しかも作戦実施へ誘導を望んだのはSIS(サーカス)でもあるから(英国は自分とこの優秀なヘイドンのおかげで作戦実施へ誘導できたと思っている)、英国もI中佐との繋がりはなんとか消したい。

●かくしてシェレンベルク立案の必死かつ即興のもみ消し工作が始まる。I中佐とは手を切ってでもヘイドンは守りたい。そこでヘイドンに「このままだと英国が誘導した事実がバレかねません。まずI中佐を艦船勤務に左遷させて隔離しましょう。日本側だって誰かに責任を押し付けたいでしょうからこの提案には乗ってくる」と主張させる。

●SIS経由で日本側へ「英国の意向」を伝える。もちろん誰に責任を取らせるかで困ってる日本側はその提案に乗る。かくてI中佐は駆逐艦長に転任。

●すかさずヘイドンはもみ消し工作第二弾を発動。サム・コリンズとトビー・エスタヘイスを連れてパナマ方面艦隊司令部へ。I中佐の私物をごっそり回収(良い子のみんなはもちろんご存知だろう、メロン少佐はサム・コリンズの暗号名。問題はトビー。トビーの暗号名がわからんのだ。とりあえず一度引退した時のミスター・ベナーティからもってきた)。

●さて、月日は流れ昭和47年(1972年)。ビル・ヘイドンの裏切りが暴露され、スマイリーがチーフに就任。シェレンベルクへの反撃が始まる。まずヘイドンの(=シェレンベルクの)弱点を探すべく<剣>号作戦当時の事を聞き取りに来日(ちょうど「スクールボーイ閣下」の時期。ミスター・スタンドファーストはもちろんスマイリーの暗号名)。

というのが裏設定。
これを読んでもし「スマイリー三部作読んでみっか」と思ったあなた。
絶対に旧訳をお勧めします!
読み難いというので読みやすく訳したら、かえって読み難くくなってしかも趣きもなくなった、と悪評ぷんぷんなのが新訳なので。

そして、あなたもトビー押しになりましょう!
(三部作読了後に「影の巡礼者」を読むとトビーが最高すぎて幸せになれます)

【2019/10/22追記】
書き忘れてた。
介入が失敗に終わって後始末をハイドリヒにぶん投げたヒムラーさん。「親衛隊が敵に打撃を与える」ってぇのは悪くないなやっぱもったいないな、と考え直してハイドリヒに「今度はUボートにコマンド乗せて大和に爆弾しかけるってどうよ」と、「標的は<大和>」に繋がったり。

<剣>号作戦 もう一つのデザイナーズ・ノート その1

A_City_Too_Far00.jpg
これが今回のマップの範囲。なんでこのような切り取りになったのか。

実はわたくし大サトーおじさんの嗜みとしてほとんどの御大の著作を購入し、読んでおりますが、ある時そのほとんどをブックオフ送りにいたしました。

だって新刊(続刊)でねーんだもん。

この大虐殺から生き延びて私の手元に残ったのは
●RSBC1~7巻(徳間)・・・友人にずっと貸していたので虐殺から免れた。
●征途全巻・・・「これだけは捨てるな」と私のゴーストが囁いた。
●主砲射撃準備よし・・・シミュレイターやタクテクス掲載記事の書籍化なので、再販は絶対ないと判断。
●死線の太平洋全2巻・・・琴線に触れた(女王陛下のユリシーズ」が好きなので、といえばわかる?)。
これだけ。しかし!しかしだ!私の脳細胞はちゃーんと覚えてるのだ!だから大丈夫なのだ!

とりあえず

・第一聯合陸戦師団がルイジアナに上陸した。
・当時はそれなりに目的があったらしいが、後で目的不明扱い。
・戦時中でさえ評価が最悪。
・上陸拠点20km後方にSS装甲2個師団が休養していたのに気がついておらず、叩き出された。
・住民暴動が発生した。最後は艦砲射撃で吹っ飛ばした。
・重巡<伊吹><筑波>が参加。
・立案者は護衛駆逐艦長に左遷して1ヶ月後?に戦死。

は覚えている。これを踏まえつつルイジアナに上陸して、マーケット・ガーデンをやればよいのだろう?簡単ではないか。で、ルイジアナっていったらやっぱニューオリンズだろ。調べたらニューオリンズには「南ルイジアナ港」という世界有数の貨物取扱量を誇る港湾があるらしい。いいじゃないか。奇襲上陸によるニューオリンズ奪取。この時点でのゲームデザイン構想。

●第一聯合陸戦師団がニューオリンズ目指して突っ走るが、ニューオリンズ目前でSS装甲2個師団の反撃にあって敗走

うん、こんなもんでいいだろ。じゃ地図見てみるか。

A_City_Too_Far01.jpg
ほぅ。この半島っぽいところいいね。ここを占領して航空基地群を建設すればメキシコ湾を制することができるぞ。南ルイジアナ港に艦隊泊地を求めれば、グアンタナモの基地と合わせてキューバの海上封鎖もできる。うん、少なくとも「作戦検討時はそれなりに目的があった」と言い張れる。
よし、次は上陸地点の選定を・・・

A_City_Too_Far02.jpg

一面湿地帯やないかぁ!!

これどーすんのよ・・・・いや、まてよ。工兵が架橋して進撃路を構築するルールなんてどうだろう?
面白いかもしれんぞ。
ところで「南ルイジアナ港」てどこだ?画像にはさっぱり写ってないぞ?
調べまくった結果、日本人には絶対想像できない結果が判明。

・ミシシッピ川河口付近(ニューオリンズ周辺)の水深はなんと約60m。
・3000トンクラスならアメリカの真ん中までいけるっぽい。
・バージ(はしけ)輸送が主力で、なんとミネソタ州ミネアポリスまで遡行可能(メキシコ湾から五大湖のちょっと下までいける。)
・つまり、「南ルイジアナ港」の正体は「ニューオリンズ周辺のミシシッピ川両岸とその周辺の湖畔」のこと。

・・・艦隊泊地なんて無理やん・・・いや、ニューオリンズを占領し河川輸送路を制するのだ!うん、これならまだなんとか。とにかく上陸拠点を選定せねば。

A_City_Too_Far03.jpg
このグランドアイル、砂浜写ってるよね?これ砂浜だよね?建物が数軒あるよね?きっとこの辺は地盤が固いんだろうな。よし、ここだ。

ここを上陸拠点とする!

ここから州道?を本筋として周辺に工兵橋繋げまくって複数の進撃路を構築、攻め上ってレースランド付近で曲がってニューオリンズへ・・・・・・いや、まてよ。軍事作戦である以上、敵の反撃を想定しなきゃいかんぞ。ホーマやバトンルージュ方面からの反撃に備えなければ。ん?そうすると1個師団だときつくね?ちょっと距離測ってみるか。

ポートフォーション―ギャリアーノ間 約40km
ギャリアーノ―レースランド間 約40km
レースランド―ホーマ間 約20km
ホーマ―ニューオリンズ間 約70km

無理。工兵橋繋げても無理。何日かかるのよ。
そして1個師団じゃたらないのでは?
ここで7巻の第1聯合陸戦師団編成図を確認する。

え?陸戦団て2個大隊編成なの?しかも1個陸戦団は強襲上陸用の歩兵部隊。まともに使えるのは戦車連隊の3個大隊と機械化歩兵4個大隊。
こりゃ無理だよ。
さてどうすっぺ。

ここでアマゾンにて外伝やら秘録やらを購入。
余談ですがRSBCを1冊バラでならヤフオクでも1,000円以下で買えます。外伝や秘録などはヤフオクよりはアマゾンで買ったほうが安いです。たまーに1,500円程度で出てきます。
しかし、また買い直すことになろうとは。これだったらブックオフ送りにするんじゃなかったなぁ(「矢沢大尉の名前がわからん」という理由だけでパシスト1巻を購入するオマケ付き)。

いやはやドタバタではありますが、買い直しによって見直した価値はありました。

●参加したのは日英米の3カ国(外伝2 198P 「海岸で日本人やイギリス人、アメリカ人が吹き飛ばされるのを見ながら~」)
●戦艦が参加している(外伝2 203P 「友軍の戦艦に艦砲射撃を要請し、跡形もなく吹き飛ばしてしまった」)
●「彼」は立案者ではないらしい。思いついただけ?(外伝2 184P「おそらく作戦を思いついた参謀将校は~」)※なんともあやふやな表現になっております。

よし、ならば日英米の3個師団で上陸だ。目標はニューオリンズ、ホーマー、バトンルージュの三角地帯。そして見よ。

A_City_Too_Far04.jpg
レースランドからドナルドソンビルまでの道が、森林に囲まれて回廊のようになっているではないか。まさにマーケット・ガーデン!!
うはははは。じゃマップ作ろうか。
1ユニット大隊規模は外せない。デザイナーとしては、ターンが進むにつれて「うわー、師団なのに5個大隊しか残ってないし、その内4つはステップロスしてるわー」みたいな「損害の大きさ」を実感して欲しいのだ。
※初心者向けにするため支援部隊のユニット化はなし。まとめて「司令部支援ルール」で一本化。
大隊規模なら1へクスは2km程度で・・・1へクス2kmだと、A1マップ3枚!しかも内1枚は全部湿地帯だw。こりゃ困った。いっそマップをギャリアーノ付近から始めるという手もあるが、ゲーマーとしては上陸作戦なら上陸地点からスタートしたいのだ。
うーん、しかし作戦目標のバトンルージュやニューオリンズは入れないとなー。バトンルージュ占領できるかできないか、みたいな展開が欲しいよね。さぁどうしよう。
・・・いや、そもそも<剣>号作戦って成功する可能性はあったのか?いや、ないよな。だったらバトンルージュやニューオリンズは入れなくてもいいじゃん。突破ボックスでいいじゃん。1へクスは思いきって4kmちょっと。うん、これでいいや。

こうして今回のマップができあがりました。しかも上陸拠点約20km後方にはレウビルという地名(建物が1~2軒。建物がある以上、これは「町」だ!)が。御大は「上陸拠点20km後方にSS装甲2個師団」とは書いたけど、「師団全力」とか「全兵力」とは書いてないもん。だったら一部でもいいよね。で、ここで暴動が発生したことにすればいではないか(※ルールの「レウビルとポートフォーションでは暴動は絶対発生しない」はこうした理由です。レウビルは暴動を起こす住民がいない。ポートフォーションは上陸拠点ど真ん中なので常時制圧されている、という理由です)。

あとはテストプレイ。さてどんな展開になるやら・・・・
あれー?あっさりバトンルージュへ突破しちゃったぞー。
そう、ドイツ軍は五月雨式の逐次投入なのでSS装甲2個師団といえども、兵力を集中している日本側の方が優位なのです。
これは困った。ちゃんと進撃して、ドイツ軍が集まってきて進撃がストップして、反撃されて海岸へ後退されねば困る。
こうして、第12歩兵師団や第107装甲旅団、そしてフランス軍の増強を行い(15個大隊まで増えたため急遽「南ルイジアナ治安軍団」という名称をでっち上げた)、増援登場時期の調整を行いまして、ようやく完成したのが本作、という次第。
プレイしてみるとマーケット・ガーデンというよりもバルジっぽいんですが、フランス軍蹴散らして進撃するところから、ドイツ軍登場で進撃ストップ、そして反撃を受けで後退する流れがうまく表現できたかな、と思っております。

最後にユニットについて。
SS装甲師団の編成は半分想像です。だって末期戦のドイツ装甲部隊編成とRSBC世界のドイツ装甲部隊編成が同じというのはおかしいじゃないですか。装甲旅団にしても、史実の砲兵を欠いた編成ではなくミニ装甲師団っぽい編成になってるようですし。

もう一つのデザイナーズ・ノート その2に続く。