名古屋旅行記2015 その1

昨年10月の話で申し訳ない。






「最近太平洋フェリー乗ってねぇなぁ乗りたいなぁ」
これが発端であった。
でも乗りたいといっても「名古屋→仙台」航路じゃなきゃ嫌なのだ。
あの、日中はほぼ洋上にという非日常空間が良いのだよ。それに苫小牧航路より安いし。
しかしそのためには名古屋まで行かねばならず、じゃあ名古屋に行く用事があるかと言えば

「無い」

一応さぁ「リニア・新幹線館」があるけどさぁ、なんかあれ食指が動かないんだよねぇ。
というわけであきらめておったのだが。
たまたまセントレア空港をwiki記事を読んでたところ
「滑走路を見れる展望風呂がある」と知る。
なにそれ超入りたい。飛行機みながらお風呂に入りたい。でも一番いい時間帯は朝一8時~9時らしい。むぅ、そうなると前日から名古屋入りか。
夜行バスか飛行機か。
これは夜行バスだなぁ、でも一応飛行機も調べるか。
・・・え?使用機材がボンバルディアなの?
ターボプロップ乗ったこと無い!!!

かくして
「仕事終わったら仙台空港直行、プロペラ機のってセントレア、空港ホテルにて一泊。翌朝お風呂、午後からリニア・新幹線館、そして太平洋フェリーで帰ってくる」
という、一大旅行計画ができたのである。

もちろん費用を抑えるため、ホテルも飛行機もフェリーも早期予約。
準備万端。
さぁ行くぞ!
・・・・・・
その前日、風邪を引く。
それもかなり重い風邪(治ってから思ったのだが、熱こそ38度でとまったものの、その後の体の節々の痛みや体調治るのに一週間かかったことから、軽いインフルエンザだったと思われる)。
生にんにくと焼レバー、緑黄野菜、豚肉、生卵、納豆、うなぎを無理やりかっ込んで
気合と根性で治癒を試みる。
翌日。仕事はもちろん休む。寝て体力温存。
そして夕方。
うん、治った。治った気がする。いや治ったはずだ。治った事にしておこう。
だってもうお金払ってるんだものぉぉぉぉぉ。
気合と根性で行くわっ!!

はい、仙台空港。
画像

今頃気がついたんだが、仙台空港で未だにフラップなんだ~。
今や貴重品である。
この日、北の方では天気大荒れだったらしく、札幌発の飛行機到着が1時間半以上の遅れのアナウンスが流れてたり、オーバーブッキングしたのか「宿代出すから、翌日の飛行機に変更してくれる人募集」のアナウンスが流れてたり、大変にぎやかであった。

画像

あ、仙台空港にぼく管あった!
ちっ・・・知ってればレストランで時間つぶしなぞせず、ここで遊んでいたものを。
そんなこんなで搭乗時間。
ボンバルディア機にはボーディングブリッジ使えないからバスで移動。

画像

おお~プロペラ機だ~。
初めてターボプロップ機に乗ったが、なかなか楽しい。
特にプロペラ。
頑張ってる感じで大変に良い。

画像

首都圏?だかの明かり。
夜便いいねぇ~。
もっともその後機内アナウンスで「右下だか左下に富士山が云々」言っていたのだが、当然見えるわけでもなし。謎のアナウンスであった(笑
到着後、ターミナルのホテルに直行(マジで直で繋がってて助かった)、文字通り「倒れた様に寝る」

翌日。
体調はまあまあ。
ターミナルに戻って(といっても5分だ)
画像

・・・この妙な段差はなんなんだろうな?

画像

このフロアにあるはずなんだが、
なんだが。。。
フロアマップが無い。
私の探し方が悪いのか。
でもフロアマップって目立つとこにあるよなぁ。どーみても無い。しかたなく勘を頼りに

画像

お風呂あったーっ!
うん、なかなか良い風呂でした。
展望風呂といっても上昇中の機体が見れるかどうか。これだけなら詐欺だ。
しかし、ここにはベランダみたいな所があって、そこから踏み台に乗ってエプロンの飛行機見れるのだ。

風呂で火照った体を冷ましつつ、素っ裸で飛行機見れるって最高に気持ちがいい。

ここ、最高

さて、一っ風呂入ったとこで飯。
画像

美味し。
さぁついでだ。飛行機見てくか。

画像

ターミナルを背に、この展望デッキ右側が

画像

画像

国内線。
左側が

画像

国際線らしい。
まぁでっかい空港ですこと。
なのに滑走路は一本ですかい。
というわけで

画像

たっぷり5分~10分は間があったのに何故かホールド。画像の着陸中の機体待ちという謎オペレーションで渋滞発生。
ぼく管でいうところのストレスゲージ上昇中。
うん、なかなか楽しいもん見れたわw

おまけ。
画像

北海道の翼、ベアドゥ就航。
みんなベアドゥ乗ろう!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック