ガールズ&パンツァー劇場版、エンディングシーンを検証する その2

その1とその2、その3はただの旅行記です。最後のその4で検証しますのでご了承くださいませ。

画像

さぁ乗るぞー。今宵の宿「さんふらわあ ふらの」

画像

エスカレーターがあるとは知ってたが、入口にあるとは思わなかった。

画像

画像

カジュアル・ルーム。

船内の感想については後ほど。

画像

画像

エントランスとインフォメーション・カウンター

画像

渡道するとき飛行機が揺れたということは、もちろん海も荒れるのだ。

画像

画像

しかし、メシは喰う。海が荒れても喰う!
美味いっ!

画像はもちろんないけどお風呂も「だっぱーんっ!」状態で楽しかった~。

翌日。

画像

朝飯も美味し。

画像

画像

14時、大洗港入港。

画像

画像

下船したら、いきなりコレですわ。

画像

船舶科のPOPはまだ未回収だったのでパチリ。

画像

ここにはあんこうチーム各員の住民票が飾られているのだが、秋山殿の住民票だけちょっと面白い。

画像

なんと一部間違いで修正が入ってる。

さて、予定ではこのまま大洗駅へ直行だったのだが、まいわい市場の「あんこう焼き」がまもなく終了との事で、予定を変更してまいわい市場へ。

画像

画像

画像

芋餡で。
いや、これは美味い。甘くて、でもさっぱりして、何個もいけちゃう系。
ガルパン仕様がなくなるのではなく、あんこう焼きそのものがなくなるそうだが、形を変えてなんとか続けて欲しい。
それくらい美味い。

食したあとは、手持ちのTシャツ少なくなってきたのでガルパンギャラリーへ。あんこう焼きコーナー横のガルパングッヅ関係はギャラリーに移ったんだと。
しかし、なんとTシャツ全部撃破されておりました。
といわけで、タクシー呼んで
画像

さっさと大洗駅へ。売店で「あるもの」を買って水戸へ移動。
大洗滞在時間、30分!
どうだ、バカだろう。

その後は「その3」に続くとして、さんふらわあ ふらのの感想をば。

●船内とか雰囲気とか
太平洋フェリーに比べると、圧倒的に狭い・古い。特に太平洋フェリーでは簡単に入手できる紙コップがなかった。しかしながら「女性」船員の対応はとてもフレンドリー。

●メシ
美味い!太平洋フェリーに勝る。しかし軽食コーナーが無いのはマイナス。おかげで気軽にコーヒー飲めん。

●部屋
カジュアル・ルーム使用。太平洋フェリーでいうところのB寝台。コンセント付きでさんふらわあの勝ち!また、太平洋フェリーのB寝台で問題となる「温度」。こっちは空調による室温調整が絶妙で、カーテン少し開けるだけで涼しかった。

●風呂
やはり古いが、サウナが広い!太平洋フェリーの2倍!(「いしかり」にいたってはサウナ廃止だもんなぁ)しかも水風呂がある!しかし22時で終了ってのは納得いかんなぁ。太平洋フェリーだと入港30分前までならいつでも入れるんだが(深夜に入るととても楽しい)。

●フリースペース
これは太平洋フェリーの圧勝。こちは狭いし、展望エリアなんか隔離されてる(ここは元軽食コーナーだったぽい)。
しかし、ロビーに漫画がけっこう置いてあるのはよかった。おかげで「もやしもん」にハマりました。

●プロムナード・デッキ
なんと出口が1箇所のみ(他は基本閉鎖)。夜間も照明が少ない。
でも、わたくし照明少ない方が好き。星がよく見えるし。

●結論
太平洋フェリーに比べたら古いし狭いが、これはこれで悪くない。特にメシはよかった。
来年か再来年には新造船に代わるらしいので、ガルパンおじさんにおかれては、是非一度乗船をお勧めする。

「その3」に続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック