はいふり改めハイスクールフリート最終感想

今更ですが。

相変わらず左下に戦術マップが欲しい。
艦隊戦は確かに某これくしょんに比べたら見ごたえがあったが、それだけ。
ラストはザイドリッツ、またはUボートが元ネタでしょうか。

結論として、なんども書いたけど『海洋冒険小説』『海洋戦記小説』のあるあるシーンの寄せ集め。
ガルパンの場合は戦車道=スポーツ、として戦闘の壮絶さをパージして爽やかな作品に仕上げました。
はいふりはなまじっか実弾での戦闘にしたもんだから、『壮絶さ』がまったく無いせいでどうしてもストーリーが軽い。
悪く言えば『ウソのつき方が下手』
駄作ではないし、つまらなくはないけど
傑作でもないなぁ。

そこそこ面白かった、あたりかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック