シン・ゴジラ

特にゴジラに思い入れのある世代でもないし
特撮ファンでもないし
興味もなかったのですが、

「まんまエヴァじゃねーか」

という感想多数だったため&「すごく面白かった」という高評価もあり
見てまいりました。
見に行ったのは「日本で一番新しい映画館」にもかかわらず「ガールズ&パンツァー劇場版」も「帰ってきたヒトラー」も上映しないという、役立たずにも程があるTOHOシネマズ仙台。IMAXで鑑賞。
いやー、IMAX押したいのはわかるけど、15分も予告見せるってどーなのよ>TOHOシネマズ。

んで感想。
ネタバレありますので、ご注意を。
































よろしいですね?








































確かにエヴァだった!

(エヴァがない)ネルフVSゴジラ

でーんでんーんでーんでんーんどんどん
でーんでんーんでーんでんーんどんどん

ヤシマ作戦

うん、確かにエヴァだなあw
演出は確かに庵野監督お得意の演出技法。
ですが、わたくしは「ちょっと押井監督風味では?」と思います。
あの「人の顔どアップ」で会話劇を進行させるのは押井監督の得意技だと思うのですが。
そういう意味ではエヴァ好き&押井監督ファンなら見て損はないかと。
確かにあっというまの120分だったし、面白かったのですが
残念なところも。

1:ヤシオリ作戦が終盤に向かっていくにしたがって、残念なヴィジュアルになる。
プレデター(無人攻撃機)7波に渡る波状攻撃!なんだけど同じ映像見せられてつまらん。
ヤシマ作戦のような
「間髪入れずにいかないと悟られるわよ。次っ!」
「VLS蒸発!」「第3砲台沈黙!」
みたいなテンポがない。

2:ヤシオリ作戦の迫力があまりない。
エネルギーを近い果たさせるための波状攻撃はわかるけど、上記の問題でやや盛り上がりにかける。
エネルギー使い果たしたあとも、足止めとして
F-16、F-2、特科の一斉攻撃といった見せ場もあってよかったのではないか。
ただし!あの列車爆弾はよかった!あれは最高!


3:ゴジラを凍結させる凝固剤をどうやって注入するか?そりゃリアルな方法考えたらあれしかないんだろうけど
ポンプ車で注入って、なんかなー。
緊迫感よりのほほん感が・・・・
なんか可愛い感すらあった。
ちなみにあのシーンで

「ゴジラ、凝固剤吐きました!」
「くそぉ!イチゴ味にしておけばっ!」

というネタを即座に想像したダメ人間が私です。

4:ヤシオリ作戦の指揮所が青空すぎる&人少なすぎ&見た目もよろしくない。
やっぱ指揮所は閉鎖空間、どうしても現場でってならヤシマ作戦のように移動CP内にすべきかと。
どうしても外にだしたいなら、作戦指揮車数台つないで天幕貼る方法もあるんだし。
どうした庵野。珍しく「演出失敗」とも言えるシーン。

5:アニメでは好キャラでも実写にすると痛いキャラ。
あの女特使。いらん。

6:Decisive Battle(でーんでーんでーんどんどんの曲名)使いすぎ。
使うなとはいいません。むしろ使って欲しい。
しかし、ここぞという時にだけ使って欲しい。5回ぐらい流れたんじゃないか?


残念なところもありますが、あっというまの120分で面白かったのは事実ですし、
帰宅して「新劇の序見るかー」ぐらいには面白かったです。

【追記】
んーん、勢いで書いたけど、冷静になってみると
エヴァというより押井っぽい気がするんだけども、
押井だと災害なんちゃら法の前に戒厳令だろうし、ゴジラに向かって吠える犬が出るだろうし、官僚達は会議の合間に立ち喰い蕎麦食べるだろうし、やっぱ「エヴァ風味の押井を添えて」でいいのかもしれない。

【さらに追記】
でも、映画序盤のエレベーター内で「先の大戦では楽観的根拠や思い込みで」云々、あれ完全にパト2だよなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック