シン・ゴジラへのツッコミ

2回目もIMAXで見てきたー!
いいっすなぁ。ゴジラ。
在京でないもんで、作中ではっきりと確認できなかったのですが
新橋の某通信企業本社ビルは破壊されたのでしょうか?
破壊されなかったのであれば、是非続編でこれでもかと破壊していただきたい>ゴジラ様。
さて、『作品を観て語りたい』という作品は良い作品だそうです。
よって、愛をもって『良いところ』&『悪いところ』のツッコミを入れたいと思います。


●良いところ
・政府の対応が普通というかまとも。
「対応が後手後手じゃん!」という意見もあろうかと思いますが、本当にそうでしょうか?
「アクアトンネル内で崩落事故発生、該当海域に熱水及び水蒸気の噴出を認む」
誰がどーみても「海底下で何か地質学的な事象が起こってるんじゃないの?」って判断になります。

「アクアライン建設前の地質調査からして考えにくい」
「想定外の事象だよ。よくあることだろ?」

このシーンで「政府無能」と観えるのは、あなたが「ゴジラという映画を見に来た観客」」であるからなのですよ。
あと演出。
だって、現実世界で火山が噴火した場合に「地底怪獣の想定も視野に入れるべきだっ!」って叫ぶバカいます?
それくらいゴジラ出現ってのは想定外どころか、絶対ない事態なわけで。
それを考えると
「羽田空港全面閉鎖」「東京湾航行禁止」の処置はめっちゃ素早い&上出来かと。




・初上陸時の避難が自主避難
「マニュアルがありません・・・・・・「住民の自主避難に任せるほかありません」
すっごい関心したシーン。
このシーンで「都庁無能」「マニュアル主義。即時判断できないお役所仕事」「なんでマニュアルを用意していないのいか」と観たあなた。ちょっとまっていただきたい。
都庁とてバカではありません。きちんと災害マニュアルはありますし、対処計画もあります。
でもね、あくまで「広域災害」に対するマニュアル・計画なわけで。
ゴジラなんつー非常識のカタマリが出現した場合のマニュアルなんんざありません。
どれだけ非常識かというと

1:移動方向が読めない
2:ゴジラが通るところは完全に破壊される
3:しかし通らないところは、(延焼などの二次災害はあるが)まったく損害を受けない
4:少なくとも大田区全員は避難させた方がよさそうだ

ね?これで住民避難させるって、無茶振りにもほどがあります。
現実世界でこれに対応するマニュアル作れって、「東京23区のどれかに、ランダムに隕石が落ちる場合の災害対処マニュアル作れ」っていうくらい意味の無い行為ですわ。
それと「避難」
これもやっかいな問題でして、避難させるためには「誘導」「移動手段」「避難場所」「水と食料」の問題をクリアしなきゃならんのですよ。
もし、現実に蒲田にあんちくしょうが上陸した場合、咄嗟にできる判断としては

「ゴジラを目視できる住民は全て避難。避難場所の確保が難しいため、住民による自主避難を主軸とするが、学校・公園・公共施設は避難場所として解放する。食料に関しては、避難場所にて都庁の備蓄を供給する。移動手段については確保できないため住民の自力移動を基本とする。警察・消防は交通統制を行うとともに、避難漏れがないよう確認と避難困難者の移動援助を行う」

こんなところでしょうなぁ。
「自主避難に任せる他なし」と言い切ったあのシーンは大好きです。




他にも一杯あるのですが、色んな方々が絶賛されてますので、良かったところのツッコミはこの辺で。








●悪いところ
・「蛇行に加えて歩行も混じってますから脚部の存在が認められます~~~既に自重を支えている状態かと」
待て!、待つんだ尾頭ヒロミ環境省自然環境局野生生物課長補佐!!
ゴジラは海中にいるのだぞ?
君は浮力の存在を忘れてないか?
浮力によりかろうじて自重を支えているという可能性は高いぞ!
そうだとすれば、上陸しても自重で潰れるという識者の見解が正しい事になるぞ!

・「ネット上にはその存在を裏付ける動画も確認されています」
いや、だったらその動画も閣僚に見せるべきじゃないかね?矢口蘭堂内閣官房副長官。
スマホ持ってるんだし。

・タバ作戦。F-2の爆弾
Mk80系の低抵抗爆弾。なんで延発?普通瞬発だよねぇ?跳ね返ってから爆発する表現はおかしくないか?
たぶん「ゴジラはこんなに硬いんですよ」という表現なのだろうが、20ミリや30ミリ弾き返している場面ですでにそれは達成できているかと。

・戦車の砲弾
なんぼ硬いといっても、バンカーバスターが有効だったわけで、だったらAPFSDS弾の集中射でもいけたんではあるまいか?有害鳥獣駆除といっても、ビルを破壊しても平気の巨大不明生物である。それを鑑みてタバ作戦に参加した戦車中隊がAPFSDS持ってきてないとは思えない。

・首都圏避難
核を落とすが人道的配慮として猶予があるのはわかる。
しかし、その避難輸送のために多国籍軍輸送機・輸送船が出ないのは不自然。
まぁぶっちゃけ予算が無いためだろうとは思いますが。

・ゴジラ攻撃方法
バンカーバスターが有効だったのだから、トス爆撃によるバンカーバスター雨霰でいけたのではないか?
もしくは、ヤシオリ作戦の無人攻撃機波状攻撃までは同じで、その後エネルギー使い果たしたところでるバンカーバスターとか。



以上、愛を持ったツッコミでした。


i以下はちょっと真面目なツッコミですが、不快に感じる方もいるかもしれません。震災に絡めた話です。
ご注意ください。




































































災害とか避難所とかの描き方。
一応被災地住人です。街中住まいなんで津波被害こそないけど、あの時の空気は知ってます。ボランティアで避難所行った事ちょっとあります。
この映画が3.11をモチーフにしてるのはよくわかります。
その点はまったく不快に思いません。
残念なのは「軽い」こと。
シン・ゴジラを批評するのに3.11を「戦争」と例えていた方がいましたが
あの震災を経験した者としては同意しかねます。
あれは戦争ではありませんでした。「敗戦」です。
明日がどうなるのか?まったく未来が見えない不安感。
タンカー1隻入港しただけで新聞の一面に載ってしまう現実。
ええ、ものすごく惨めなものですよ。アレは。
避難所もね、完全に自分の世界に篭ってる人とか、ただただぼーっとしている人なんかもいてね、悲壮感とかよりも、空気が澱んだ感じなんですわ。
作品ではその辺の空気というか惨めさとか澱んだ感覚は出てなかったなぁ。
もっとも、そこまで再現したらエンターテインメントではなくなるかもしれませんが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2016年08月14日 00:10
お久しぶりです。「シン・ゴジラ」を語っていらっしゃいますね。僕も7/29に観に行きまして、もう一度劇場へ行こうと思っているほどやられてしまっております。

僕も最初の印象は押井監督テイストがよぎったのですが考えを改めました。やはり押井監督はどこまでもパロディというか仮想現実の表現者なので今回の作品のような現実への踏み込み方はしない作家だと思った次第です。シン・ゴジラのラストで凍結したゴジラがそのまま残る描写は明らかに福島原発そのものを象徴しています。たぶん押井監督ではしないし出来ない表現ではないでしょうか。

あと、3・11を連想する避難所の表現が軽いのは意図的にそうしている気がしました。もし庵野監督があの時被災地にいたら必ず深く描写していたかもしれませんが、その苦しみや辛さは間接的な情報でしかないので、表現として踏み込めなかったのではと愚考しています。

この作品で痛感したのは、初代ゴジラを観た当時の人たちが空襲の恐怖がよぎったように、シン・ゴジラを観た僕たちは3・11の恐怖を考えざるを得ませんでした。

本当の意味で、ゴジラの恐怖を庵野監督は現代に蘇らせたのではないでしょうか。
ulysses
2016年08月21日 22:38
アクタ様コメントありがとうございます。
確かにそうですねぇ。押井さんならあのラストにはしないでしょうね。
避難所の件はやむ得ないでしょうね。
むしろ、震災をモチーフにした作品が世に出るようになったのだなぁ、と感慨深く思います。

あと庵野はエヴァQから作り直せw

この記事へのトラックバック