「君の名は。」+「シン・ゴジラ」÷2

微妙にネタバレあります。


































内閣官房副長官(政務担当)矢口 蘭堂は、ある朝、目を覚ますと飛騨の山奥にある糸守町の女子高生宮水三葉になっていた。そして、三葉は矢口の身体に。2人とも「奇妙な夢」だと思いながら、知らない誰かの一日を過ごす。
翌朝、無事に元の身体に戻った2人は入れ替わったことをほとんど忘れていたが、周囲の人達の反応や、その後もたびたび「入れ替わり」が起きたことによって、ただの夢ではなく実在の誰かと入れ替わっていることに気づく。2人はスマートフォンのメモを通してやりとりをし、入れ替わっている間のルールを決め、元の身体に戻ったあと困らないよう日記を残すことにした。
性別も暮らす環境もまったく異なる矢口と三葉の入れ替わりには困難も多々あったものの、お互い束の間の入れ替わりを楽しみながら次第に打ち解けていった。
しかし、三葉がセッティングした矢口と内閣総理大臣補佐官(国家安全保障担当)赤坂 秀樹とのデートを境に入れ替わりは途切れてしまう。
矢口は風景のスケッチだけを頼りに飛騨に向かうが、たどり着いた糸守町は、3年前に突如現れたゴジラの襲来により消滅しており、三葉やその家族、友人も含む住民500人以上が死亡していたことが判明する。

矢口は以前三葉と入れ替わった際に参拝した、山上にある宮水神社の御神体へと向かい、もう一度入れ替わりが起きることを願いながら、3年前に奉納された三葉の口噛み酒を飲み下す。
再び(ゴジラの襲来前の)三葉の身体に入った矢口は一路東京へ向かい、3年前の自分に対面し、ゴジラの襲来を予言する。
最初は信じなかった矢口だが、三葉(in矢口)の予言したゴジラ出現時刻と場所がぴたり一致したことから、三葉(in矢口)言葉を信じはじめ、「巨大不明生物特設災害対策本部(巨災対)」の設立に尽力。日本の総力を挙げてのゴジラ撃退計画、矢口プランを立案するのであった。




「君の名は。」が興行収益100億、「シン・ゴジラ」が70億。
だったらこの内容で170億いくはず.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック