あんこう祭2016 遠すぎたアンコウ 最終回

最終回は考察と提言です。


●本当の来場者数は?

今年のあんこう祭の感想としては、人がめっちゃ多かった。これに尽きる。
あんこう祭はガルパン公開以降右肩上りだそうであるが、いったい何万人が来場したのか?
公式発表は13万人だそうであるが、本当だろうか?

wikiによると過去4年間の来場者数は以下の通り

2012年:6万人
2013年:10万人
2014年:10万人
2015年:11万人

上記はいずれも主催者発表。
さてここで、2013年:10万人という数字を基準にしてみよう。私があんこう祭に初参戦した年だ。
2013年のあんこう祭もとにかく人が多かったのを覚えている。
では翌年以降は?
個人的な、体感的な言い方になるが、2014年は2013年に比べたら減っていたと思う。本当は9万人というところではないだろうか?
2015年は2014年に比べると、微減という感じだった(あくまで個人的な体感ですよ)。実質8万5千というところか。
で、本題の2016年は?

個人的な体感ではあるが。。。。

2013年の1.5倍はいたと思う。主催者発表は13万人だが、本当は15万人だったのではあるまいか?

コミケもそうだが、あまりに来場者が多いイベントで本当の来場者数を出しちゃうと行政とか警察の指導とか面倒になると聞いたことがある。なのでコミケの来場者数の発表も『3日間で50万人』のラインを超えないように発表するんだとか。

閑話休題

15万人というのは完全に大洗町、そしてあんこう祭のキャパをオーバーしており
それによる弊害は、12万人だった2013年でもすでに現れていたに、今回はそれが明確になったと思われる。




●提言
というわけで提言である。
こんな場末のブログ誰も見ておるまいし、ましてや関係者が目にする事はないと思うのだが、ひょっとしたら誰かが届けてくれるかもしれないという思いを込めて書く。
あんこう祭の参加者増大は一見好ましいように見えるが、増えた参加者はほとんどがGuPファンでありGuPファン増大のために起きた弊害により、GuPとは無関係な、純粋にあんこう祭を楽しみたい地元客や一般客が離れていくというのは、街起こしの点から見れば本末転倒であり、GuPファンとしても決して望んでいない事態である。


問題点1「アクセス問題」
2012年でも水戸駅券売機は壁サークル、車内は乗車率200%というありさま。
2016年は券売機はシャッター前サークル状態、列車は積み残し発生。水戸-大洗間のバスも渋滞で進まず、徒歩で移動した猛者すら現れる始末。
まずはこのアクセス問題について。

a:鹿島臨海鉄道

・水戸駅での切符販売方法の見直し。
皆大洗駅までの切符を買うわけだから、あんこう祭当日のみ長テーブルで大洗までの片道&往復切符の手売りの実施。
これだけでだいぶ行列は解消すると思われる。

・列車運用の見直し
今年もそうだったが、乗車するのはあんこう祭参加者だけではない。サッカーの試合に行く高校生等、地域住民も利用するのである。それがあんこう祭のせいで乗車できないという事態は起こしてはならない事態である。また、鉄道会社は乗客を『快適に』輸送する義務があるはずである。積み込みゃいいってもんではあるまい。
よってあんこう祭当日のみ、水戸-大洗間のみ3両、できれば4両にしていただきたい。
また、水戸ー大洗間の臨時をあともう1本追加できないだろうか?臨時に限っては1両でもいいと思うし、30分かかってもかまわないと思う。とにかく運ぶのだ!

b:茨城交通
・ひたちなか海浜鉄道の利用とシャトルバスの運用
那珂湊-アクアワールド大洗間のシャトルバスの運行。勝田からのひたちなか海浜鉄道の利用を促す。水戸と勝田に分散させるのだ。遠回りだし歩くことになるが、そこはホレ”限定ノベルティプレゼント”で。それにガルパンおじさんは”行軍”には慣れている(いや、まじで駐屯地祭とか航空祭とかミリタリーイベントって歩くのよ)。

c:大洗町
・駐車場の運用見直し
町営駐車場には時間制限ないもんね、とばかりに前日入りして車内泊する連中続出。その結果「エンジン音や会話が煩い」「あんこう祭楽しみに来てみれば、駐車場満車で帰っていく一般客」と問題ありまくり。
よって、あんこう祭り前日は18時以降閉鎖、許可した車両を除き全て駐車場内から退去させてはどうか?
路駐については地元警察の夜間取締を実施で対処。






問題点2「イベント会場問題」
2014年でも「一般客が吊るし切りを見れない」という弊害が出ているのだ。
流石に今年は「あんこう祭とGuPを別けるべき」という意見がネットで噴出している。
しかし、そうなると「数万人規模のイベントをもう1個開催する」ということでもあり、側聞するところによると「地元の体力がもたない」のだそうだ。つまりあんこう祭とガルパンイベントを離す事はできない、と。
であれば、イベント会場を分散させてはどうだろうか?

a:ステージ会場は純粋なあんこう祭の催しのみとする。*ブルーホークスの演奏は例外とすべきか。
b:ガルパン関連のイベント(トークショー)は大洗サンビーチに特設ステージを設ける。
c:物販に関しては基本アウトレットだが、フェリーターミナルも活用してはどうか?






問題点3「コスプレ問題」
なんでもマニアが「軍装で行進したい」と言ったら、偉い人が「常識で考えろバカ」と呟いたとかなんとか。
そりゃまぁ軍装に拒否感・不快感もつ方々がいらっしゃるのはわかります。ましてはあんこう祭はGuPイベントであり、それはアニメイベントというわけであり、ミリタリーイベントではない、と。
でもね、正直

画像

こんだけミリタリーヴィークル集めてそりゃないぜ、と思うわけでありまして、ましてや2013年なんか帝国陸軍あり、ドイツ国防軍あり、現代の米軍(82空挺)あり、あまつさえSSのコスプレしたやつまでいた(SSを屋外でってさすがにバカだろうとは思った)わけでして。
じゃGuPのコスプレ”だけ”ならいいのか、というとこれが実は大問題。
戦車道は乙女の嗜みであるわけだからして、GuPの登場人物はほとんどが女性。男性は「文科省役人」「新三郎」「秋山パパ」「日本戦車道連盟理事長」の4人のみ。
これが何を意味するかというと、女装する奴続出となる。
いや、いいんですよ。いいんですけどね、若いほっそりしたお兄さんが黒森峰コスプレとか、「あら綺麗ねー」で済みますけどね、そんなのは貴重な例外であって大半は
「多数のおっさんが大洗女子の制服着て闊歩する」という奇っ怪な光景が現出するわけですよ。
ぶっちゃっけ、女装に対する(一般人からの)拒否感・不快感の方が大きいんじゃないですかね?
それに軍装だめって、じゃぁ”オッドボール3等軍曹”は軍装?コスプレ?どっち?なんて事も。
なので、軍装に関しては

a:ガルパンの世界観に沿った軍装のみOK(早い話大戦中のみ)
b:勲章・軍刀等目立つものは禁止
c:銃に関しては駐車場のような一部でのみ。商店街でも持ち歩くの禁止。
d:軍装は痛車展示エリアのみとし、それ以外へのエリアでは禁止
e:SSダメ、絶対

としてはどうだろう。






ついでに。
あんこう祭とはまったく関係ないことだが、屋外イベントやキャラクター以外でのガルパン・デーとかガルパン・ウィークといった"室内"イベントなどはどうだろう?
BDの”おっさんコメンタリー”陣を呼んで駄弁ってもらうとか、戦車つながりで自衛隊の戦車乗りの講義とか、技本から人呼んで「現代の戦車開発講義」とか、こういった複数のトークイベントを大洗の複数のホテルで同時開催しちゃうのだ。
ぶっちゃけ、GuPファンってミリオタ層が多数被ってるわけで、軍事関係のトークイベントってなかなかないわけで。
閑散期に開催すればかなり人呼べると思うぞ。
*個人的には「連隊戦闘団指揮官からみた第二次大洗市街戦について」なんてトークイベントあったら会社サボってでも行くわ。






さて、長くなったが以上で終了。
繰り返すが、こんな場末のブログ誰も見ておるまいし、ましてや関係者が目にする事はないと思うのだが、ひょっとしたら誰かが届けてくれるかもしれないという思いを込めて。


















おまけ。
大洗へのアクセス手段の一つとして、日立港ー大洗間の”海上輸送”はどうであろうか?
横須賀地方隊から輸送艇2号持ってきてだな、日立港でガルパンおじさんを積んで、大洗サンビーチにビーチングで上陸させるのだ。なに?下半身が濡れる?いや、逆に喜々として上陸するガルパンおじさんだらけだと私は断言したい。
燃料費?なに、一人あたま5万も徴収すりゃよかろう。倍は出すから載せろというガルパンおじさんだらけだと私は断言したい。
なおこの案が採用された場合、G.Iのコスプレは認めていただきたいし、大洗町役場の皆様も砂浜に”ロンメルのアスパラガス”を植えて歓迎していただきたい。

その2
夜間輸送の実施。まぁほんとに真夜中だと煩いし保線作業に影響も出るから、明け方1時間前ぐらいで。
鹿島臨海鉄道による水戸-大洗間の兵員ガルパンおじさん輸送。車両?無蓋車でええがな。
なぜ夜間か?
ヤーボ対策に決まっとろーが!
なおこの案が採用された場合、”ドイツ国防軍”のコスプレは認めていただきたいし、大洗町役場の皆様も”野戦憲兵”のコスプレで迎えていただきたい。あ、いうこと聞かないガルパンおじさんがいたら、懲罰大隊(強制的に会場の清掃、列整理、荷物運び)送りにしちゃってください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック