訃報

<訃報>佐藤大輔さん52歳=作家
yahooニュースに”佐藤大輔”とあるので、”おいおい、同姓同名だろうが縁起でもねぇなぁ。新刊は出たかい?”と思ったら、

バカ野郎、勝手に死ぬんじゃねぇよ!
せめてパナマ出してから死ねよ!・゜・(ノД`)・゜・

故人(いやな単語だよ)との出会いは、今は亡きタクテクス。
SDFシリーズのイメージ・リプレイ。

余談だが、アドテクノスの故人が関わったゲームは、過大評価されていると思う。
どの記事もリプレイ記事ではなく、イメージ・リプレイ記事だった事がその証左ではあるまいか。

ただ、当時は筆者を意識してなかったから、本当の出会いは
これまた今は亡き駅前の高山書店で手に取った『征途』
当時、八八艦隊物語を除けば”わけのわからぬ超兵器が出まくるやつ”とか”擬音だらけのやつ”とか、酷い仮想戦記モノばかりのなか、圧倒的なリアリティで私の心を鷲掴み。

『RSBC』は東京の出た時、市ヶ谷の本屋で手にとったんだっけ。
そうだそうだ。
東京の専門学校、昼休みに市ヶ谷の本屋によって見つけたんだった。
確かマウスが表紙で、"おいおいRSBCの小説ってなんだよ、またイメージ・リプレイかい?”なんて思ったら
まさかの日露戦争からの歴史改変。そのままファーストフード店で一気読み。授業バックレだったけ。

そして『皇国』。いわゆる御大節炸裂だったなぁ。
士官になろうとする人間は一度は読んだほうがいいよな。あれ。
漫画で”軍歌のバルツァー”って作品が好きなんだけど、あれ読む度に

”新城直衛だったら○○するだろうなぁ”

ってシーンばかり。

『地球連邦の興亡』はちゃんと続いてれば、日本SF史に残る傑作になりえたと思う。マジで。

最後に、故人の作品を偲びつつ、ご冥福をお祈り申し上げます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック