タミヤ 1/35 クルセーダーMk.III その3

画像

画像

画像

画像

画像


パーツが折れるわ飛んで無くなるわ、個人的に呪われたキットであった。
アンテナが一部おかしいのは、続く不幸にキレて、意地で無理やり瞬着ではっつけたから。
冷静になると『だから伸ばしランナーでよかったじゃん』と。
砲塔横のサーチライトはイギリス皿型ヘルメットの改造。
燃料タンクから車体へのパイプは自作を諦めた。ホントいつ取れたんだろう。

というわけで、これで完成ということにする。

ガルパン劇場版、ローズヒップ専用機。
できるだけ楽して作りたかったので、簡易型劇場版仕様、みたいな感じで。

まずリアパネル。A44のフックは取り付けない。
フロントも同じくA44のフックは取り付けない。
雑具箱のA96のフックも見当たらないので取り付けない。
C95のバールも不要。
A53、54のパーツも見当たらないので取り付けない。
A107のステーも不要。
ハッチは閉じた状態にするなら、ハッチ裏の取っ手類も不要。
B81のスコップ不要。
予備履帯も不要。
右フェンダー上jの予備履帯置き場にプラ棒3本おいてすのこ状に。


しっかし、タミヤみたくポリキャップにしてくれればいいのに、この転輪すぐ取れる。
ポリキャップ入れる改造するか、いっそ固着させた方がいいと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック