ガールズ&パンツァー最終章第1話 感想

もうそろそろネタバレしても大丈夫だろうということで。

上映2日目、その日2回目の回だったのだが、ガルパンおじさんで一杯かつパンフ売り切れ。
ちょっとは学習しろと言いたい?MOVIX仙台。

さて、最終章であるが
なんとなんと、桃ちゃん留年の危機、それも開校して以来初の留年生徒誕生か?!
と思いっきり笑かしにくる。
ああ、やっぱり。ポンコツだもんね。
桃ちゃん曰く

「留年じゃない!(合格できる)大学が無いだけだ!」
つまり、「留年」か「浪人」かの二者択一。

桃ちゃん、専門学校でもいいと思うんだけどな。
とにかく、どうにかせんといかんねと相談したところ、AO入試(一芸入試)ならいいんじゃないか、ちょうど(世界大会誘致に伴って復活した冬の戦車道大会)無限軌道杯があるじゃないか、桃ちゃんを隊長(お飾り)にして優勝すればええんや!
というわけで、再び全国大会へ。

その前に。
桃ちゃん、実は「自分にできる事はこれくらいしかない」と戦車探しをしていたのでした。
かつては盛んだったという、大洗女子学園戦車道。まだ戦車が眠ってるはずだ、と。
で、戦車探し。
しかし、学園艦で地中探査器って使えんのかね。

反応があった地点の船底にいくあんこうご一行とそど子。
そど子曰く「船底に行くほど、ヨハネスブルグもかくやの無法地帯」なんだそうな。
以前、BDのおっさんコメンタリーだったかな?「学園艦にも男子校はあるはず。きっと男子校は船底w」みたいなこと言ってましたけどなw
実際にはグレた船舶科の吹き溜まりでございました。

さて、船底にいって

さおりんの
お尻とか尻とかお尻とかお尻とかお尻とかお尻とかお尻とかお尻とかお尻とかお尻とか

秋山殿のポテトマッシャーとかポテトマッシャーとかポテトマッシャーとかポテトマッシャーとかポテトマッシャーとかポテトマッシャーとか

いろいろありまして、
めでたく9番目のチーム、サメさんチームが誕生して、いざ大会1回戦と。
まぁ、あとは劇場で見ておくんなまし。


んで感想。

秋山殿の「操縦手が2人必要ですから」でいやーな予感がしたんだが
嗚呼やっぱり。
マークⅣ 菱形戦車
これ、戦力になるんかい。装甲って12ミリ程度でしょう。
ラスト近くの橋梁脱出シーンのために選択したんでは?と思わざる得ない。

船舶科サメさんチーム。
いやもう清清しく、海賊でした。お前ら、なんでもかんでも「ノン」アルコールと、「ノン」を付ければいいと思ってないか?w
ブログ主としては、西住殿も実は酒豪と睨んでるのだが。
あと、海賊旗。カバさんチームは彼女らに注意してあげたほうがいいと思う。どっかのⅢ突は、幟を立てていたせいで撃破された、と。

歌。
BCの歌は



一部おいては「また歌うの」「二番煎じ」といった厳しい意見も散見されるが
いいじゃねぇか!
フランスっていったら戦列歩兵、フランスの栄光は1815年で終わってるんだからさ!(暴言)
個人的には帝国行進曲(La Victoire est à Nous)がよかったかなぁ、歌うんならラ・マルセイエーズがよかったかなぁとか思ったり。

さてさて。
強烈なドラッグ・ムーヴィーであった劇場版と比べると、どうしても
「これならTV2期でよかったんじゃね?」
という意見もあり、うなずける所も無いわけでは無いのだが、私としては以下の2点を以って「評価は時期尚早」と言わせていただく。

1。戦車。よく考えていただきたい。あれ実は大洗では初の英国戦車である。これで日(八九式&三式)、米(M3)、独(Ⅲ突&P虎&ヘッツァー&Ⅳ号)、仏(B1bis)、そして英が加わったわけだ。であれば、後はソ連!私は最後の10両目としてソ連戦車が参加するのではないかと睨んでいる。戦車はT-70じゃないかなぁ。
また、八九式が縦横無尽に大活躍した本作であるからして、マークⅣも予想の斜め上をいく活躍をしてくれそうな気がする。あとついでに。ダー様、もし大洗と対戦したらマークⅣを撃てるんだろうか?

2。参加理由
「桃ちゃんの留年(浪人)阻止」という、これまでの廃校問題と比べるといかにも軽い。軽すぎる。そこが怪しい。
TV版だって、廃校問題が出てきたのは8話だぞ。後半に向けてもっと大きい問題が出てくると思う。

とにかく、2章3章観ないとなんともいえん。
ついでに不満点もあげようか。

・なんでスピンオフやらんのか?
ぶっちゃけ、最終章じゃなくても黒森峰VS聖グロとか、聖グロメインとか、継続高校メインとか、なんぼでもできると思うんですがね。

・リボンの武者との整合性
結局、リボンの武者はパラレルという事になるのか?
それはそれでもったないような気がする。

最後に。

ルクリリもっと出せ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック