BANANA FISH

12話まで鑑賞。
一応、ベトナム戦争→イラク戦争にとか、スマホ出させるとか現代にアレンジしてますが
基本原作のまま。
いや、HELLSING(OVA)並に原作に忠実。
あ、いや、アッシュの髪型(というかスタイル)はゴルツィネに捕まって以降のバージョンか。
さすがに初期バージョンはいかにも80年代アメリカ少年のスタイルだしねぇ。

原作に忠実なのは嬉しいんだけど、4箇所「あいや?」となったところが。
ドースン邸で捕まってNYのゴルツィネの元に送られる、そして月龍が

「NYは彼のホームグラウンドだもの。メジャーリーグ復帰おめでとう」

のシーン。
原作だと西海岸編って結構ボリュームあったもんだから、月龍の台詞で

うぉぉぉ!アッシュが、舞台が、NYに戻ってくる!!!
って感じでゾクッとくる名シーンだったんですけどね、アニメ版がなまじっか原作忠実なもんだから
テンポが速くて速くて

あー、NYに戻るんかー

ぐらいの感覚しかない。
この辺が漫画とアニメの埋められない差ってやつなんですかね。

2点目。
オーサーと決闘する回。
サシで勝負のはずが、オーサーが地下鉄使って手下投入→アッシュも地下鉄に乗り込む→ケイン一党とシン率いるチャイニーズが、地下鉄の終着駅コニーアイランドへ。警察を巻くため二手に別れるシーン。

「コニーアイランドで!」

あのシーンもAKIRAに通じるところがある、ゾクッと感じた名シーンだと思うんですが
バッサリとカット(´;ω;`)
・・・多分尺の問題なんだろうけど、なんかなー。

3点目。
高架橋で対オーサー戦。下にストリートギャングのギャラリーがわんさか・・・・・・のはずが
アニメ版だと10人ちょっと?
決闘がストリートギャング達の一大イベントって感じだったのになー。

4点目。
原作だと月龍さまの骨格の描き方って、女性的だったと思うんだけど、アニメ版だと完全に「男性の骨格」って描き方。もちろん正しいのはアニメ版なんですが、原作の描き方の方が好きだったので。
んー、わかり易くいうと原作だと「男の娘」的で、アニメ版だと「BL向け」的な違いでしょうか。

色々書きましたが、個人的には大満足なので、もちろん最後まで視聴します。
ブランカさま登場までもう少しだしね。

最後に。
以下、「細かすぎてわからない選手権」で優勝できる自信のある感想。
裸にひん剥いた英二を、ゴルツィネと月龍の間だに寝かして、これからムフフなお楽しみを~と思ったら邪魔が入ってまた今度ねー、のシーン。
英二が「こんなことっ・・・!」と非難すると、月龍が「アッシュだって同じじゃーん」と、彼ががこういった世界から這い上がったことを説明するシーン。
説明しつつロープを解こうとする月龍さまの表情が

(あーもう!結び目固くて解けないわねー!)

という、完全に女性の表情でもう大好きだったんですけど
アニメ版だと普通の顔でしたな。
残念。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック