2018年に観たアニメ その2

●からかい上手の高木さん
原作は少し目を通してます。
原作のじとーっとした小悪魔風な目つきから、可愛さを強調したような目つきに変わったせいか
とにかく高木さんが可愛い。あざといくらいに可愛い。
これ、中学1年生というのがポイントですよね。これが高校生なら
「あいつ俺に気があるじゃんラッキー」で終わってしまう話ですから。

●はたらく細胞
こちらも原作読了。
放映前から期待されていた作品でしたが、期待を裏切らず楽しい作品でした。
血小板があそこまで人気でるとは思いませんでしたが。
楽しく、かつ勉強になる稀有な作品。




上記2作品について共通しているところは「丁寧な作品作り」
かつ

・忠実に原作通り
・オリジナルストーリーやオリジナルキャラなどは極力しない

がヒットの原因ではないかなぁ、と。
「高木さん」はショートストーリーの積み重ねで、余った尺は3人娘の回にしてましたし
「細胞」も、AパートBパート別々の話の回もありました。
マンガ原作のアニメを作るなら、「高木さん」や「細胞」を見習って欲しいものです。

・・・とはいえ、オリジナル回ぶっ込んだら神作品になったアニメもあるから一概には言えないんだよなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック