「ボードウォーゲームて何?教室」をやってみて

※この記事はウォーゲームSNS「MustAttack」にもアップしています。

今回、ゲームマーケット2019秋で一度やってみたかった「ボードウォーゲームて何?教室」をやってみました。
いや、以前から「ボードウォーゲームはどーも誤解されてるなぁ」と感じる事がいくつかあったので。
なので内容は「戦線の構築や効率的な攻撃」といった、ある意味定番な内容ではなく

「これが駒でーす。カウンターていうんですけどユニットとマーカーがありまーす」

という、初心者向けっていうレベル以下の内容です。
本来であれば原稿用意して順序立てて整然と語ればいいんでしょうが、時間もなく
説明したかったことの7割ぐらいしか、それもとっちらかったりしながらの教室となりました。
いやもうすんません、来てくだすった方。

午前中は2人の方、午後は3人の方がいらっしゃいました。
ありがとうございます。


んで、内容としては

・ボード・ウォーゲームって昔はボード・シミュレーションゲームって呼ばれてたよ。
・ボード(盤上)でシミュレート(再現)するゲームだよ。
・元々は軍人さん教育用だよ(だから軍事知識なくても勝手に身につくから知識なくても大丈夫)。
・シミュレートする対象は野球でも自動車でもなんでもいいけど、ウォーゲームが一番多かったよ。
・魅力や楽しみ方は人さまざまだよ
・勝敗を競うだけじゃなくて、なりきりや、箱庭的な楽しみ方とか、状況判断で悩む知的興奮とか色々あるよ

から、まず誤解されてる点を、ということで

・ウォーゲームは駒が多いよ。でも多くのボードゲームと違ってプレイヤーを表す駒じゃなく、部下を表す駒だから多くなるよ。
・多い多いといっても、マーカーとか使わないコマが多いから、実際は100前後だよ(例としてEP/CMJ「スターリングラード」、SPI/HJ「AirWar」)
・それでも100個とかあったら動かし忘れとか怖そうだけど、みんなマップ端の方から動かしていくとか工夫するから大丈夫だよ。
・それでも(ベテランでも)動かし忘れあるけど、それでゲーム不成立とかはないよ。ウォーゲームは動かし忘れを許容するよ。それは「ありえた可能性の一つ」だから(例として、攻撃時間から2時間おくれて攻撃開始、なんで遅れたのか謎な事例とか、進撃命じたらそいつら飯食ってて進まなかった事例など)。だからシミュレーションなんだよ。
・でも、飛行機1機とか1隻単位のゲームは動かし忘れはアウトだけど、そーゆーのはコマ少ないし。
・ウォーゲームはルールが分厚いけど、実は当たり前のことをルール化してるだけだから。例えば、多くのボードゲームでもし駒を動かす場合、移動力というパラメータがあってもそれは○○マス動けますという概念じゃないかな?ウォーゲームでは○○まで移動できるという概念はないよ。移動力を消費するという概念だよ。だって、1時間道路を歩くのと1時間ヤブを歩くのでは移動距離違うじゃん。それから飛行機1機単位のゲームなんかは、ボードゲームでよくある「移動はパスする」はできないよ。だってそしたら飛行機が空中で停止したことになるじゃん。シミュレートするゲームって言ったよね。つまり現実では当たり前のことや物理法則を文字情報でルール化するとこーなるの。で、「このルールはこーゆーことをいいたいんだな」という覚え方をするとわりと簡単に覚えられるよ。
・「ウォーゲームって軍隊の駒を使って戦略を競うんですよね?」って言われるけど違うよ。勝利条件で競うよ(例としてEP/CMJ「スターリングラード」)。こんなにVPを得る方法があるよ。てんでバラバラな方向だよね?どれか1つに絞ってVP狙いにいってもいいけど、反撃も喰らいやすいよね?バランスよくあちこち攻めてもいいけど、バラけるから全部失敗する可能性も高いよ?悩むよね?これもウォーゲームの魅力の一つだし、こういった勝利条件をどうやって達成するかで競うんだよ。ちなみにウォーゲームでは1箇所を占領したら勝ちというのはまずないよ。あっても「それができたらもう勝ちでよくね?」な状況になってる、シンボル的な目標だから。

で、後はよくある(作戦級)のルール(ユニット、スタック、ステップ、CRT、補給)なんかを説明して最後に

・初めてならJWC「ドイツ戦車軍団」がお勧めだよ。それからCMもいいよ、解説記事あるし。サンセットさんで売っている船1隻単位のゲームとか戦術級っていうんだけど、こーゆーゲームもイメージしやすいのでとっつきやすいよ。でも作戦級と戦術級は別世界だから両方プレイしてくれると嬉しいなあ。
・ルール教えられてプレイしてもよくわからんで終わると思うよ。ベテランだって前もってソロプレイしてくるし。うん、確かに時間はかかるけど、その分知的な面白さは保証するよ。頭使いまくって、体動かしていないのにヘトヘトになるのは得がたい体験だよ。

まぁざっくりこんな感じだったんですが、やってみて感じたのは
「シミュレートするゲームである」という概念がまったく知られていなかった、という点でしょうか。
なので移動の例や補給ルールなどを説明すれば「あーなるほど、確かにそうだよなぁ、そーゆーゲームなんだ」とひどく感心されていた様子でした。
また、「史実をシミュレートするということは、例えば日本とアメリカが戦うゲームがあったとして、日本が勝つことはできないのか?」
という質問もありまして(戦略級ゲームと判断)
「ゲームデザインの事になってしまうが、そもそも月間空母、週間護衛空母だの、それでいてシャーマン作りまくる国に勝てるわけがない。なので勝利条件を動かす。8月15日より先に日本降伏でアメリカ勝利。8月15日以降に降伏で日本勝利、といったゲームになる。また、米軍の損害を民意とか大統領支持率などに反映させて、ゼロになったらアメリカ負け、な方法もある。ウォーゲームではこういうデザインをします」
と説明しましたら、非常に感心されておりました。

なので、「ルールを簡単にする」とか「簡単にインスト可能」というアプローチは非常に効果が薄いと思われ、当然「ウォーゲームの基本」(ZOCとか戦線とかさぁ)なんてものを教えても、そもそも「戦線ってなに?」という状態なので

・シミュレートするゲームである

という点をじっくり説明したうえで、
魅力とか面白さを伝えないと、新規ユーザーは増えないんじゃないですかねぇ。

ゲームマーケット2019秋

春に続いて今年も参加してまいりました。
特に今年は、以前から考えていたあることをしたいため、友人を巻き込んでの参加と相成りました。
本来は前日に東京入りして一泊するのですが、今年は友人連れてのため当日新幹線に乗って会場入りする事に。
いやね、6時36分のはやぶさ2号に乗れば東京駅着が8時7分、そこから東京―新橋―青海―青海展示棟で9時頃には会場入りできるのはわかってるんですが、当日人身事故やらなんやらでどっかで遅延が発生すると一発アウトの可能性が高いわけで、極力避けていた会場入りなんです。起床5時10分、40分に出発。まだ暗いから2回ほどタクシーを広い損ねる(手を挙げても見つけてくれんのだ)。
6時10分頃仙台駅。キオスクで朝飯と昼飯を買い込んで友人と合流。無事に新幹線乗車。
そしたら、おそらく工事関係だと思うんですが、栃木県あたりで減速しはじめまして、もう心臓が凍りましたわ。幸いしばらくすると加速したのでホッとしましたが。
その後は東京―新橋―青海―青海展示棟と、無事会場入りに成功。時刻8時50分。
到着してからはブース設営に、お隣のN黒さまからお声をかけていただいてご挨拶などしつつの、そーいえばこんなシステムあったのにさっぱりやってなかったわ、と

20191123_01.JPG
チラシ置き。

そして設営完了。
20191123_02.JPG

10時開幕。あいにくの雨ということで人少ないかあー、お隣のサークルさんすっげー売れてんなー、等思いつつ12時頃を過ぎますと、
「今年人多くね?」
と。あの青海展示棟で人ごみを感じるレベルですよ、今年。びっくり。

今回は友人との二人体制ということもあり、ちょっと他ブースを覗いたり、
20191123_04.JPG
ラーメン!
うわー、ゲムマ参加して以来、初めて飲食コーナーで飯食べた気がする。いつもブース内でおにぎりだもんねぇ。
え?ラーメンの感想?
スープは確かに美味かった。麺は・・・・・細麺の方がいいんじゃないかコレ。

で当サークルなんですが、今回もありがたいことに多数の方にお越しいただきまして
無事帰りの新幹線代を得ることができました。
ありがとうございます。

また友人との2人体制(実態は強制徴用)での参加でしたので噂に名高い
「イベント参加後の打ち上げ焼肉」
をすることもできました。
だってさー、いっつも「打ち上げ」つったら帰りの新幹線で一人で食う駅弁なんだもん。

来年のゲームマーケット秋、また参加したいと思います(来年のゲームマーケット春は春コミと被るので不参加です)。


で!!
実は今年
20191123_03.JPG
こんなことしてたんだよ。
そのレポは次回記事で。

東北方面隊創隊59周年記念行事 その2

せっかくなので16式機動戦闘車の面白うそうなところを。

0929JGSDF_012.JPG
このあたりはモジュラー装甲だと思うんだが

0929JGSDF_013.JPG
このあたりがなぁ。たまに「小物入れ」だったりするからなぁ。わからん。

0929JGSDF_014.JPG
0929JGSDF_015.JPG
モジュラー装甲というより増加装甲といった方がしっくりくるような。

0929JGSDF_016.JPG
ん?

0929JGSDF_017.JPG
あれは・・・?

0929JGSDF_018.JPG
カギ?・・・何故?

舐めるように撮影した後は、
0929JGSDF_019.JPG
広場に移動してFH70へ。

0929JGSDF_020.JPG
0929JGSDF_021.JPG
甥っ子に一通り触らせた後は
もちろん俺が動かす。
うはははははは
旋回ハンドルと仰角ハンドルを同時に回して砲身をぶん回す。

実に楽しいw

0929JGSDF_022.JPG
甥っ子が「これ見たい」というので入ってみた野戦手術システム車。
これがけっこう興味深く、勉強になった。

0929JGSDF_023.JPG
0929JGSDF_024.JPG
0929JGSDF_025.JPG
16式機動戦闘車の機動展示。
装輪式だから機動性めっちゃ高いなぁ。これで行進間射撃やれるんだから
化物
である

0929JGSDF_026.JPG
お昼はここでカレー、、、のはずだったのだが、カレーなくなってた。カツカレー美味しかったんだけどなぁ。
(帰宅してから気がついたのだが、5年前は「しぶや食堂」。運営が変わったのかな?)
で、代わりに向かいの

0929JGSDF_027.JPG
「COFFEEはぎ」へ。
食べるはもちろん

0929JGSDF_028.JPG
カレー。
ドロドロ系で、コクがあって美味しかった!

そしてお買い物しつつ帰宅。
0929JGSDF_029.JPG
最初の甥っ子の画像と比べていただきたい。
ショルダーバックが迷彩柄のなっておる。
実は駐屯地内売店にて買ってやったのだが、嬉しかったらしく
「撮れ!」
と。


さて。来年は姪っ子も連れて行こうかね。

東北方面隊創隊59周年記念行事 その1

9月29日に、以前2~3回行ったことがある、いわゆる苦竹の駐屯地解放へ行ってまいりました。
以前は霞の目だったんだけどねぇー。
甥っ子連れていったのはもちろん「英才教育」でございます。

0929JGSDF_01.JPG
74式をバックに。初めて見る戦車に感銘をうけたご様子。

0929JGSDF_02.JPG
0929JGSDF_03.JPG
MLRS。MLRSってもう用廃出てんだ。

0929JGSDF_04.JPG
軍人勅諭?右側がカットされてるみたいだけど。。。
カットするなら「陸軍大臣 荒木貞夫」をカットするべきじゃないかなあ(荒木・真崎は嫌い。いや統制派も嫌いだけどさ)。

0929JGSDF_05.JPG
中距離多目的誘導弾、だったけか。

0929JGSDF_06.JPG
0929JGSDF_07.JPG
0929JGSDF_08.JPG
おおお、16式機動戦闘車。
甥っ子がいたく気に入ったご様子で
「これ買ってくれ」と。
買えるかっ!
よしんば買えたとしても俺が乗るわい

さて、ここでちょっと面白いものを。
0929JGSDF_09.JPG
化学防護車だったと思うけど、注目して欲しいのはOVM(On Vehicle Material=車外装備品)の斧。刃の部分まで迷彩塗装と同色になってるのがわかる。

0929JGSDF_011.JPG
こちらは74式のOVM。
斧の刃はいわゆる鋼色。

OVMの塗装に関しては決まりはなさそう。
つまり、プラモ作りにおいてOVMを別塗しなくてもよい、と。
別塗した方が精密感は出るけど、面倒なら車体塗装と一緒にしちゃっても正解、ということですな。

続きます。