PSYCHO-PASS 2期感想

今頃になってPSYCHO-PASSを観る。
ずっと以前友人に進められていたのだが、すっかり。
いや、傑作だわ。
リアルタイムで視聴してなかったのが悔やまれる。
これ、2012年秋アニメなのか。
・・・・・2012年秋アニメ。
ああ、ガルパンとかぶったのか。
2012年秋アニメは可哀想でならぬ。
なんせ、ガルパンが全部かっさらっていったからなぁ。
ダークホースどころか完全無名アニメが、気が付けば覇権だったものねぇ。
閑話休題。
とにかく、PSYCHO-PASSを観て「こりゃ傑作だわい」と
そのまま勢いで2期も視聴。
・・・
ふむ、2期は評価イマイチというか、いろいろ言われているようで。
私としては2期も面白かった。
面白かったけど、1期の完成度が高すぎたと思う。
なんかこう、1期の雰囲気を出そうとしてる感で一杯というか。
攻殻機動隊でいえば、面白いけど何やら難しい話になってしまった2ndGIGみたいな。
なんでそうなってしまったのかといえば、ドミネーターやシビュラシステムがそもそものガンだという他ない。

1期はあくまで「刑事ドラマ」「猟犬と追われる者」「群像劇」「主人公の成長」がメインであり、
ドミネーターやシビュラシステムはあくまで「演出のための小道具」でしかない。

余談だが、犯人である「槙島聖護」の描き方、演出が素晴らしすぎる。
まるで完全無欠の堕天使の如き表現だったが、シビュラシステムの正体を知るのは
なんと視聴者の方が先である。
ここで一気に「槙島聖護」という存在が人間味を帯びてくる仕掛けだ。
すげぇや。

ま、ともかく。
2期では視聴者がシビュラシステムを知ってしまっている以上、それに歯向かうモノをテーマにせざるえないのはわかる。
が、そのシビュラシステム、特にドミネーターがクソなのだから
そりゃ2期の評判かんばしくないよね、というオチ。
だって、ドミネーターってざっくり言えば

「悪そうなやつはぬっ殺す」

だもの。
威嚇とか、生け捕りにして尋問するという概念がない。
だから2期で

「立て篭り事件が発生するけど外部からは何が起こってるかわからない」
「人質が逃げ出すけど、犯罪係数300オーバーで全員エリミネート」

結果
「やっぱり何が起こってたかわからない」

バカすぎるだろうこれ。

シビュラシステムにしても

「免罪体質者を集めた完全に公平なシステム」をうたっているが
どうみても「個人としての我」が出まくってろだろう。
弊害ありまくりである。
それでも1期はいいんだ。演出装置だから。
でも2期では演出装置になっていないもんだから

「このシステム、デメリットの方が多くね?」となってしまう。

その意味では劇場版はよかったと思う。
シビュラシステム、ドミネーターとも演出装置に戻ってるから。

でも不満はあるけど、2期は2期で面白いとは思うんだよ。
ただやっぱり、1期の完成度があまりに高すぎたと思う。

"PSYCHO-PASS 2期感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント