テーマ:アニメ

最近みたアニメ

●ザ・ビッグオー 最近というよりも2018年―2019年と年をまたいでダラダラと見ていたのだが。 なんだってこんな古いアニメを、と思うかもしれないが縁あってのことである。 2005~7年ぐらいには本作の名前と設定を少しばかり耳にしてて(過去の記憶を失った街だとか、アメコミ調だとか)、機会があったら見てみようと思いつつ気が付けば20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新宿末廣亭

5月下旬の話を今頃でございますが。 ゲームマーケット2019春に参加した翌日は、ついに寄席というものへ行ってみました。 それも、昭和元禄落語心中の聖地 新宿末廣亭 外で切符買って(木戸銭払って、とかテケツ買って、などと表現すると風情がでますな) 桟敷席へ。 初めて生で落語を聞きました。 しかも、まだ落語聴き始め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙戦艦ヤマト2202第七章(最終章)

感想 ( ゚д゚) ミル君はズォーダーの後継者だったっぽいよ?←ここ重要。 ミル   「私を撃つならガミラス滅亡。デスラーを撃てば助けてやらう」 キーマン 「ぐぬぬぬ」 デスラー 「デスラー家の男ならためらうな」 キーマン 「ぐぬぬぬ」 古代   「どっちも撃たないという選択肢がある」 デスラー 「そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年に観たアニメ その7

●宇宙よりも遠い場所 なんかニューヨーク・タイムズが発表した「ベストTV 2018 インターナショナル部門」とかでニュースになってた。 そいえば「よりもい」って言葉は聞いたような聞いてないような。 ああ、女子高生が南極いくとかなんとか。んー、女子高生が何かする系は嫌いじゃないけど、南極に興味ないし。なんか展開読めそうだしと思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年に観たアニメ その6

●宇宙戦艦ヤマト2202第六章 こないだラストの「第七章」を上映しておりましたが、この記事は昨年の「第六章」の感想でございます。誤解なきように。 結論からいうと、 「意外といいじゃん。」 いや、下手すると全七章の中で一番よかった回かもしれない。 前章ででてきた「銀河」なるダッサイ戦艦の役割説明があって、ああなるほどねと一応…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年に観たアニメ その5

●昭和元禄落語心中 2016、17年のアニメだが、昨年みたので。 感想を述べる前に、ちょこっと語らせていただきたい。 なに、噺のマクラってぇやつでございますよ。 落語は嫌いではない。 餓鬼の時分、帰ぇっても誰もおらずテレビを点けると落語を演っていた、なんてのがたまにあった。 落語ってぇのは面白ぇもんだな、と思ったもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年に観たアニメ その4

●BANANA FISH 一度書いてるが、まとめとして。 全て視聴しての感想は「なんか物足りない」 いや、決して悪くはないし、面白いです。 あの伝説的作品を十二分にアニメ化してくださった。 アッシュやオーサーが、画面の中で生々と動き回った。 そりゃあ大感謝ですとも。 でもねぇ、やっぱ何か物足りねぇんだ。 確か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年に観たアニメ その3

●銀河英雄伝説 die neue these かつて、銀英伝の同人誌の原稿書いたり(黒歴史)、読書感想文が銀英伝だったり(中二病全開の黒歴史)するぐらいには好きです、銀英伝。 その割にはOVAは「わが征くは星の大海」を除いて観ていないのですが。 ちょうどアニメ見ない時期だったからかねぇ。でも今でも観る気はあんまり・・・。 と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年に観たアニメ その2

●からかい上手の高木さん 原作は少し目を通してます。 原作のじとーっとした小悪魔風な目つきから、可愛さを強調したような目つきに変わったせいか とにかく高木さんが可愛い。あざといくらいに可愛い。 これ、中学1年生というのがポイントですよね。これが高校生なら 「あいつ俺に気があるじゃんラッキー」で終わってしまう話ですから。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年に観たアニメ その1

本来なら昨年書かなきゃならんのではあるが、書かないよりはマシかと思い。 ●ゆるキャン△ 2018年ダークホース中のダークホース。 かつ「圧倒的な時間泥棒」 そして「批評家泣かせ」の作品。 私も「ふーん、女子高生がゆるくキャンプかー、話の種に観てみるかー」と軽い気持ちで鑑賞して ハマッったクチである。キャンプ道具一式ポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

声優さんのこと

アニオタというほどではありませんが、アニメは好きです。 一応ガルパンおじさんでもあるし。 ただ声優さんとなると、声優オタではないので 声優の○○と言われても 誰? となりますし、アニオタというほどではありませんので ○○の声の人 と言われても ○○○って何?となる事が多いです。 名前、顔、役名がすぐ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BANANA FISH

12話まで鑑賞。 一応、ベトナム戦争→イラク戦争にとか、スマホ出させるとか現代にアレンジしてますが 基本原作のまま。 いや、HELLSING(OVA)並に原作に忠実。 あ、いや、アッシュの髪型(というかスタイル)はゴルツィネに捕まって以降のバージョンか。 さすがに初期バージョンはいかにも80年代アメリカ少年のスタイルだしねぇ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム THE ORIGIN VI 誕生 赤い彗星

今更でございますが、見てきた以上は感想をば。 タイトルに偽りあり、というか今回のメインが「ルウム会戦」である。 作戦経過などは漫画版とほぼ同じではあるが VLSやその装填シーン、艦隊運動など細かい描写が良い! 海自に取材しているらしいので、その成果が反映されてるのだろう。 そして、面白い描写として今までは 「ミノフス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマト2202 第五章 感想

大波動砲祭&バカ漢祭 ぶっちゃけ、話の筋がよーわからん。 面白かったのはデスラーさんの過去話ぐらいだが、ガミラス本星がもう寿命という設定はまぁいい。前にもあったし。 純粋なガミラス人は本星から離れると長生きできないって設定、どこから持ってきた? それまずくない? ガミラスが大宇宙に進出する理由がなくなっちゃう。 あとギム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あんこう祭2017~大洗大作戦その5~

間が空きましたが、続きをば。 吊るし切りを見たあとは、食後のデザートとしてたかはしさんへ寄ってみつだんご。 そして甘いものを食べたらお茶だよね、ってことで アッサムさま国井屋さんへ。 この日はあんこう祭ということで、お茶セットはなく 無料休息所が開設されておりました。 その後は埠頭方面へ。 今回は混…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恋は雨上がりのように7話×パト2

店長:(この感情に名前をつけるのはあまりに軽薄だ それでも、今彼女が抱えている不安を 取り払って救ってやりたい たとえ自分にそんな資格があるとは思えなくても この感情を、この感情を、この感情を「恋」と呼ぶのはあまりにも軽薄だ 今、このひととき、傘をとじて君の雨に濡れよう どこまでも青く、懐かしさだけで触れてはいけないもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あんこう祭2017~大洗大作戦その4~

再び痛車道。 バァーンッと華さん。 アンツィオ・ダンプ。 もし今回も痛車コンテストだったら、間違いなく1位をかっさらっていったであろうクルマ。 一見、普通の秋山殿車はだが、 「忠犬 秋山が覗いている」という極悪仕様。コンテストだったらイイ線いったのになー。 おケイさん。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポプテと高木さんとゆるキャン

アニメは好きではあるが、「今季はどれ見よう」とか「○○と○○は押さえて、○○は様子見」とか、そんなアニオタというほどではない。 基本的なスタンスとしては ・その気になったから見る ・元々興味があったので見る ・なんとなく縁があったので見る この程度のゆるゆるスタンスである。 それゆえ、どんなに話題作であってもその気に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ココス道

キャンペーン3週目。 クリアファイルにルクリリさんいるんだもんなぁ。行くしかないよなぁ。 つーわけで長町のココス。 聖グロの狂犬ローズヒップさんがお出迎え。 グッヅ系は全滅してまして、予約販売になってました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あんこう祭2017~大洗大作戦その3~

再び商店街へ突入。 落書きバス みんなうまいなぁ。 甲冑娘の高永浩平先生じゃないですかー。 もっとバーンッとかけばいいのに。 毎年恒例、たまやさんの装備品展示。履帯は重かった。 さて、ここから軽く痛車。 どうも混雑対策?らしく、痛車コンテストは今回無し。ただの展示だった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマト2202 第四章 感想

ガーレ・デスラー!! いやぁ、今回はわりかし良かったんでない? これまでの前3回が酷かったというのもあるけど。 今回は一言で纏めると キャーデスラーサーン になるかなぁ。 あと、福井晴敏が脚本やってるせいか 「逆シャアごっこ」 やってたな。 さて。 なんかねー、「古代アケーリアス人」が人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガールズ&パンツァー最終章第1話 感想

もうそろそろネタバレしても大丈夫だろうということで。 上映2日目、その日2回目の回だったのだが、ガルパンおじさんで一杯かつパンフ売り切れ。 ちょっとは学習しろと言いたい?MOVIX仙台。 さて、最終章であるが なんとなんと、桃ちゃん留年の危機、それも開校して以来初の留年生徒誕生か?! と思いっきり笑かしにくる。 ああ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あんこう祭2017~大洗大作戦その2~

さて、まずは腹ごしらえをせねばならぬ。 ここで本会場を目指すのは素人というものだ(つか、声優イベントと今回の物販にはあんまり興味が無い)。 なので商店街へ。 いや、テンションあがりますな。 しかもこれを撮影してたら、ウラル(サイドカー)の集団走行が! すげー。いや、いいなぁ。ウラル欲しいなぁ。 さすが大洗。民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あんこう祭2017~大洗大作戦その1~

今年で参加4回目か5回目か。 行ってまいりましたよ、あんこう祭。 今年は友人が「痛車が見たい」というのと、友人のお誕生日プレゼントを兼ねて、なんと車で移動して参戦。 なお、今回画像少ない旨ご理解いただきたい。 11月18日 仙台より東北自動車道を一路南下。運転前に「眼鏡が行方不明」とか「しょう油買い忘れた」とか色々あったが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニメネタ2つ

●アニメ版ゴジラ えー、シドニア?w これは見に行くけど・・・・ なんか主人公が衛人に乗って「ゴジラぁぁぁぁ!」とか言いそうなのはなんでだろう。あと主人公が不死身とか。 きっと最後は弾体加速装置とか実用化してゴジラ倒すんかな。 ●BANANA FISHアニメ化。 うっわっ~懐かしいわ~。文庫版は持ってた。初期と中期以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマト2202 第三章 感想

一言でいうなら 「超展開過ぎてワロタ」 かなぁ。 以下感想をつらつらと箇条書きで。 ・大戦艦250万隻ってなんぞ。アホか。しかもそんだけの艦隊侵入してるのに地球防衛艦隊呼ばないとはどーゆーことか。 ・250万隻集まって砲身?を形成して?どうなるのかさっぱりわからん。真田さんの説明も一言だしなぁ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「君の名は。」実写の話

ハリウッドが実写化するとかで、確かにそれを聞いたワタクシも 三葉(滝) 「彗星が落ちる!逃げて!」 町長(父) 「よっしゃ!」シャトル乗って彗星行って核しかけて「勝ったぞ、三葉」といいながら起爆スイッチ押す、エアロスミス の流れしか思い浮かばないのですが、その前に落ち着けと言いたい。 ハリウッドって”売れそうな作品、映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦

感想。 え?ここで終わるの? 以上。 それだけではあんまりだし、以前から気になっていた事を。 THE ORIGINってミリタリーアドバイザー、特に戦史に詳しいアドバイザーいないんだろうか? THE ORIGINは海外での展開にも力を入れているしてるようで、YouTubeで英語版をちらっと見たことがある。 で、今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマト2202 第二章 感想

公開からだいぶ間が空きましたが感想なぞ。 ”面白いっちゃ面白いけど、なんだかな” という第一章と感想変わらず。 たった3年でアンドロメダ級ができた秘密とか、ガミラス側との秘密協定とかは面白かったけど ・島が乗艦するのかしないのか、モロバレでつまらん。 ・”水中制動板の使い方にはコツがあるんだ”で島登場ー!、というの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニメ徒然2-人気コミックの実写化

中高生向け恋愛映画、似たような設定&顔ぶれなのにヒットするのはなぜ? まぁ、原作ファンから”実写化はやめてくれ””原作レイプ”とか言われても、ある程度売れる見込みはあるし、人気タレント使えばなおさら、ということでしょうな。 ところで映画会社の皆様、エリア88という老いも若きもみな食いつく漫画があるのに、なんで実写化しないんですか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more