アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ぶんかん。
ブログ紹介
本館あっての分館。
鉄道関係やプラモデル・アニメ・ミリタリー系イベント・WoT・WoWs・ボードウォーゲーム艦これ関連関係のブログ。【2017/11/4追加】ボードウォーゲームの個人サークル「へくすとだいす」の中の人のブログ。
本館はボカロ・SLGゲーム・戦史・料理・コミック・日記関係
艦これプレイ日記?に関してはニコッとタウン「1340449島」へどうぞ。

【まえがき】
本館にて
リアル知人からの
「自分の日記」をコメント欄にて垂れ流しされるという荒らしにあい(無自覚なところが救いようが無い)
やむなく、リアル知人がコメントしそうなネタ「鉄道関係」「プラモ関係」「ミリタリー関係」をこちらに移行する事に。
ここから本館へお越しいただくのは大歓迎ですし、コメントもありがたいのですが、この分館から来たことは伏せていただくよう伏してお願い申し上げます。
zoom RSS

コミケ落ちた

2017/11/05 00:20
実は「ボードウォーゲームをプレイしてみよう」を本にして、コミケにサークル参加を画策していたのですが、
めでたく落選しました。
とはいえ原稿も半分でてきるし、もったいないので今月12日の仙台コミケを様子見してから、よさそうなら来春1月8日の仙台コミケに参加してみようかと思います。
あと、来春のゲームマーケットにも!

お待ちくださいませ〜。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


アニメネタ2つ

2017/11/04 19:46
●アニメ版ゴジラ

えー、シドニア?w
これは見に行くけど・・・・
なんか主人公が衛人に乗って「ゴジラぁぁぁぁ!」とか言いそうなのはなんでだろう。あと主人公が不死身とか。
きっと最後は弾体加速装置とか実用化してゴジラ倒すんかな。

●BANANA FISHアニメ化。
うっわっ〜懐かしいわ〜。文庫版は持ってた。初期と中期以降(アッシュがゴルツィネに捕まったあたり)絵柄が全然違うんだよなぁ。どうすんだろう。両方好きだからいいけどさ。
ただ、一部興ざめな描写があったの覚えている。アッシュがドースン博士ぬっ殺すシーンだったかなぁ。M16構えてトリガーを引くところはいいんだけど、撃ち終わった後もトリガー引きっぱなしで”カシーンカシーンカシーン”という描写。
多分作者、銃器を誤解してるんだろうけど、あれだけは訂正して欲しい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ヤマト2202 第三章 感想

2017/10/19 22:44
一言でいうなら

「超展開過ぎてワロタ」

かなぁ。

以下感想をつらつらと箇条書きで。



・大戦艦250万隻ってなんぞ。アホか。しかもそんだけの艦隊侵入してるのに地球防衛艦隊呼ばないとはどーゆーことか。

・250万隻集まって砲身?を形成して?どうなるのかさっぱりわからん。真田さんの説明も一言だしなぁ。

・波動砲で人口太陽を打つとなんやかんやで動力影響が出て行動不能?だから一度理屈を説明しろ。

・沖田艦長が生きていたら「よくやってるじゃあないか」じゃなくて「バカ者ぉ!」鉄拳がとぶと思う。

・「避難民をどうしよう」「ガミラスの定期便に乗せてもらおう」だから地球防衛艦隊を(以下略

・なぜそんな不安定な場所で移乗させるのか?

・何故か、いつの間にかに超空間?に入ってた古代と森。そして何故か波動砲撃つと戻ってくる?さっぱりわからん。もはや「考えるな、感じろ!」の世界。

・ズォーダー大帝の言葉をまとめると
「人は愛ゆえに苦しまねばならぬ。愛ゆえに泣かねばならぬ」
おまえどこのサウザーさんだよ。

・ガトランティスとは、かつて滅んだ種族によって作られた戦闘民族だそうで。だったらミンメイ・アタックでいけるんじゃねぇの?

・土方さん艦長代理でいいんじゃないかなぁ。

・TV放映を視野にいれての構成なんだろうけど、宇宙蛍のパートが謎すぎる。その影響もさっぱりわからんかった。

・ヤマト式敬礼、どうも屋内での敬礼的なものになってるようですが、海自でも艦内は普通に敬礼だよねぇ。






●以下、少し長い感想を2つ。

1、何度も言ってるが、ガトランティスが蛮族って設定でよかったんじゃないかなぁ。
「愛が必要だ」
じゃなくて
「なにぃ?愛だぁ?。なんだそれ?食えるのか?がっはっは!」
みたいな蛮族でよかったじゃん。

2、何度もいってるが、ガミラスを滅亡させた旧作と、ガミラスが生き残ってる今回の新作では完全に土台から異なってるわけで。
旧作では「ガミラスは滅んだし、もう地球を脅かすものはないもーん!念のため波動砲積んだ艦隊もあるしー」というわけで物凄い平和ボケ状態。輸送船団が謎の敵に襲われても、謎のメッセージを受信しても
「だいじょぶじゃね?」
で誰も動かず。そりゃヤマトクルーも切れますわ。
2002ではガミラスは同盟国。同盟関係が切れたら即敵国なわけで、波動砲艦隊もつのも当たり前だわなぁ。
そして太陽系内に大戦艦250万隻が侵攻しても波動砲撃つ撃たないって、古代の方が平和ボケしてるんじゃないか!






●まぁ乗りかかった船なので一応最後まで観ますけどね。
次回はデスラーさんのターンらしいし!
(ガミラスが残ってる状態なので、旧作のように残存ガミラス人率いて新国家建国とか無理だなぁ。帰国したら逮捕されて裁判になるかもしれんし。デスラーさんの前途は多難である)。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「君の名は。」実写の話

2017/10/14 01:15
ハリウッドが実写化するとかで、確かにそれを聞いたワタクシも

三葉(滝) 「彗星が落ちる!逃げて!」
町長(父) 「よっしゃ!」シャトル乗って彗星行って核しかけて「勝ったぞ、三葉」といいながら起爆スイッチ押す、エアロスミス

の流れしか思い浮かばないのですが、その前に落ち着けと言いたい。
ハリウッドって”売れそうな作品、映画化できそうな作品”には”とりあえず手を出して権利だけ握っておこう”というところですから。

エヴァはまだ?アキラはどーなった?

なので、実際には実写にならないんじゃないかなぁ。仮に話が進んでも「脚本地獄」に陥ると思うし、それをクリアしても今度はキャスティングで揉めると思う(例の、一定比率で黒人やらヒスパニックやらアジア系やら入れんといかんよとかいう日本人には理解しがたいルール)。
それでも、もし本当に実写になったら絶対見に行きますけどね。
だって、これほどまでに”爆死””大ゴケ””世紀の駄作”が確定している作品もないでしょうから>君の名は。の実写作品。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦

2017/10/11 00:05
感想。

え?ここで終わるの?

以上。

それだけではあんまりだし、以前から気になっていた事を。
THE ORIGINってミリタリーアドバイザー、特に戦史に詳しいアドバイザーいないんだろうか?
THE ORIGINは海外での展開にも力を入れているしてるようで、YouTubeで英語版をちらっと見たことがある。
で、今回の5作目もサブタイトル"激突!ルウム会戦"が英訳されてるんだけど

"Clash! Loum Battle"

ってなんぞ。

Clashは仕方ないけど、Loum Battleって。こんな英語初めて見た。
普通"Battle of Loum"だよねぇ。
誰も突っ込まなかったんだろうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2017松島基地航空祭その3

2017/10/09 00:35
F-2のデモ見たあとは、特に見るもんないのでブルー駐機場所前まで移動。
いや、ジュニア見たかったんだが、あっちはあっちでとんでもない人だかり。しかもブルーの時間と切れ目あんまりないスケジュールなんで諦める。

画像

待機中、なんとなく面白い絵だったので。

画像

この光の当たり具合で、過酷な現場だったとご理解いただきたい。

画像

画像

T-4ブルーって、ホント美しいわ。

画像

画像

待機中、外来機が航空祭開催中に帰投。開催中に帰投って初めて。
なんの都合なんだろうか。

画像

画像

整備の人たちが集まってきたので、いよいよかと思ったらファンサービスでした。

画像

ウォークダウンキター♪───O(≧∇≦)O────♪

画像

画像

画像

最前列にも関わらず立ち上がって撮影とか、何考えてんだとマジで殺意を覚えた。

画像

ローアングル・キューバン、ロールオン・テイクオフ
いやー映えるねぇ、と言いたいが!
よーっく見ると午前中よりは上空がややガスってるのがお分かりだろうか?
そのせいだと思うが、水平系中心の変則的な第一区分だった。
え?画像?
ありません!
午後はもうブルーの演目をこの目で楽しむ事にしてましたので。撮影とか気が散るわっ!
ちなみに、ワタクシが一番好きなのはボントン・ロールです。

画像

へー、帰投する時は整備の人達がウォークダウンするんだ。

画像

お疲れ様でした&ありがとうございます!

さて、震災前であればこの後は「もう一つの航空祭」そう、外来機の帰投なんだが
F-4のパイロットさんに聞いたら「あ、帰る明日です」って・・・orz
そもそも外来機少ないしな。
ということで、帰るか!

画像

帰りに、この夏初めてかき氷食べた!この夏初めてだよ!
今年はマジであかんかったなー。

で、毎年帰りは東松島駅から乗るんだが(人も少ないし)、今年はなんと「東松島駅で行列」。臨時の駅員さん3人も!ひえぇぇぇ。
これはマトモに帰れぬ、といったん石巻に出る事に。

画像

東松島駅の待合室にて。
住宅の階段・踊り場が避難所ってありなんだろうか。

東松島→石巻→仙台(仙石線快速)の流れを考えていたのだが、ダイヤの乱れゆえか途中駅にて仙石東北ラインとの待ち合わせ発生!
なんとなく外みたら、いるんだもの!ハイブリット!
そっこーで出て乗り換え成功!しかも座れた!
こうして私の夏は終わったのでした。
来年は外来機増やして欲しいわー。あと米軍頑張れ。

おまけ。
東松島駅にて、臨時駅員さん達の会話。

「次快速ださ?通過中はあぶないから、快速行ってからあげっから。次各停ださ?」
「いや、快速の次ハイブリット。その次が各停」
JR東では「仙石東北ライン」とは呼ばず「ハイブリット」と呼称してる模様。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2017松島基地航空祭その2

2017/09/18 23:27
画像

とりあえず一回りすっか、と歩いて見れば、珍しいもんおった。
KC-767
空中給油機
なんかBIの人員輸送でたまに飛来するらしいけどね。以前45号線走ってた時見たことあった。
でもこんな間近でみたのは初めて。

画像

画像

ブーム周辺のアップ。

さて、ささっと見たので今度は出店をささっと見てまわろうか。
以前はハンガー前に並んでたんだけど・・・・・・

画像

ハンガー裏、通路両脇にずらーり。
そして、人がたーっくさん。
左側fが飲食関係、右側がグッヅ関係
飲食関係は、

焼きそば焼きそば焼きそば焼きそば

他のもんないんかーい!

画像

といわけで、くじらの唐揚げ購入。
うまい!これ!
くじら肉かじりながら、再びエプロン地区へ。

画像

来たぁ!!!!!!!
真っ青な夏空に、伸びるスモーク!
これが私の夏だーっ!!!!

画像

画像


ん?第一区分?
午前は「訓練」という建前なので、午前で第一区分って初めてみたなぁ。

画像

画像

ロリコンとコークスクリュー

ふわぁぁぁぁぁ
7年ぶりに、BIをこの目で、矢本で見れたよお(´;ω;`)
もう感無量・・・・・・・・・・・感無量ではあるんだが
焼けるっ!太陽が私を殺しにかかってるんだがっ!
風があるから、そんな暑くは感じないし過ごし易いんだが、太陽光線だけは別ッ
遮るものない直射日光が〜。

というわけでハンガーに避難。
ついでに見学。

画像

給弾シーン。実弾展示は珍しい。

画像

9L。いわゆるサイドワインダーさん。

画像

AAM-3
そーいえば、なんで国産には愛称つけないんだろう。

画像

F-2のエンジン
エンジン小隊の解説映像が素晴らしかった。

画像

懐中電灯で照らしてくれてる大サービス。助かるなぁ。

ついでに屋外の展示品関係を。
画像

短SAM。
照準器と連動して動かすことができる体験展示。
興味深かったのは、割とフリーズ?連発していて、何度もリセットかけてたところ。
どうも「ある一定の速度以上で照準器を動かす」または「規定の角度以上で照準器を動かす」と安全装置が働いて止まるっぽい。
どんな兵器にも必ず運用制限があるものであり、欠陥とは思わない。
興味深いのは、恐らく設置する際にある程度は敵機の侵入予測をしないといけないだろう、というところ。

画像

逆光気味とはいえ、バラクーダネットの効果すげぇな。

画像

食料補給。
スペアリブは大当たり。うまかった。
牛タンは・・・800円でこの量なわけで、コスパ最強なんだけど・・・・美味しかったのは最初だけで最後は飽きたw

画像

F-2機動飛行。
撮ったのはこの1枚のみ。
だって、太陽にカメラ向けてしまったらしく、このあとフリーズ(最終的にバッテリー挿し直しで治ったが)。

続く。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第27回定禅寺ストリートジャズフェスティバル in 仙台(2日目)

2017/09/11 00:02
画像

はい、仙台は昨日から秋です。
ジャズフェス始まったら秋です。

●ステージNo.2
くじら✩ブロウ
画像

やったー。今年も見れたっ!スカのバンドですが
ホント、このバンド見てて楽しいんですよ。

画像

わー、今年はパーカッションが動いたー


以下、画像だけですが楽しさが伝われば。。。。。。
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

なかなか撮れないドラムの方。

画像


楽しいが、楽しいが・・・・・・・
こたろうさん(こうたろう?)がいないっ!
バイオリンの方がいらっしゃらない!
あらー、お辞めになったのかしらー、と
初めてペットとお話させていただいたところ(お疲れのところ、ありがとうございます)、時間的な問題で、EBeanSでの2時からのタイアップステージには出るとの事。

ふむ、じゃそれまで他のステージ見てますか。


●ステージNo.28
オリティーアフロヘッズ
画像

うわっ!アフロだ

画像

アフロだアフロ!!

画像

ひたすらアフロだ!!

画像

女性もアフロだw

画像

焼きそば食いつつ。

その後、だらだらとEBeanSへ移動するも
画像


正直、体調があまりよくない。
途中ドトールで一休みし、EBeanSへ。
そしたらまさかの!カメラ故障!!
やむなくスマホで撮影。

画像


画像

画像

画像

でたー!
バイオリンの人3連発!!
こたろうさん、こうたろうさん、どっちなんだろう。

画像

画像


そして最後の最後でデジカメ復活
画像


画像

わー、この人誰だー!!
お話からすると、以前ボーカルしてた方なんだろうか。

くじら✩ブロウさん、楽しかった〜!
来年も出てね〜。

さて、再び市役所前に戻りまして

画像

ほろ苦くてシュワシュワしたヤツを飲みつつ

●ステージNo.1
U.S.ARMY BAND
まさかのアメリカ陸軍参戦。
期待値の高さからか

画像


画像


人大杉!
腕伸ばして撮影してこれだもの。
演奏は、てっきり

「ほーら、アニソンだよ意外でしょーHAHAHAHAHAHA」

みたいな展開と思いきや、ガチジャズ系。しっかりした演奏でした。
そりゃまプロなんですけどね。


●ステージNo.25
連坊太鼓の会 Hiyokko
鼓童のコピバン、いやコピバンという表現でいいのだろうか。

画像

画像

画像

画像


いやー、和太鼓迫力があって腹に響くねー。

と、ここで体調的な問題で帰宅となりました。

サタンオールスターズ見たかったんだけどなー。

また、来年!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2017松島基地航空祭その1

2017/09/10 20:10
今更ではあるが松島基地航空祭に行ってきたのでレポ。

夏と言ったら何だ?!航空祭だっ!
というくらい、私にとっての夏と松島の航空祭なわけでございますが、が!
震災で航空祭はずーっと中止。
私にとっての夏は訪れじまい。
それが実に7年ぶりに復活。
これは行かねばなるまい。
それはもうずーっと前からお休みを取りましての航空祭。


直前になり、お友達が「行かない」と言うもんで(´・ω・`)
しかし、裏を返せばネトゲでいうところの「ソロプレイ」OKではないか。
これがまさかの大当たりになるとは思わなんだ。

8月27日早朝。
5時起床。
早すぎじゃね?と思うが、目が覚めちまったんだからしょうがねぇ。
サラッとネットみて、どうせソロなんだから早めに動くか、と仙台駅前まで。
あおば通駅から仙石線で行く予定だったものの、これまた「ソロプレイだし」と仙石東北ラインで行くことに。
松屋で朝定食べて、駅行って、改札前についたのが6時25分。
7時24分発だからまだ1時間もある。これまでの経験(ただし仙石線あおば通駅)からして30分前に並べば大丈夫だろう。どっかでコーヒーでもと思ったが、7時前故どこも開いておらぬ。
ホームでブラブラしてっか、と入場。この当たりの行き当たりばったりさがソロプレイのいいところ。

画像

2番線ですか。
ホームいっても誰もいりゃしねぇ。
というわけで

画像

なんとなく、駅裏の景色を。東口もホント変わったよねぇ。
などとブラブラしてたら、6時35分頃列車が入ってきた。
どうもこれが折り返しで7時24分発になるらしい。
することないしな、と乗車して席を確保する。
もちろん誰ものりゃしない。ヒマだ。
あ、そーだ。いったん外でて

画像

撮り鉄。
再び車内へ戻ったら・・・・・・・
直後から続々と客が乗車。
6時50分には全ての席が埋まる。
6時55分には完全に満車。乗車率100%
7時には200%近い乗車率ではあるまいか。

助かった、本当に助かった。ソロプレイ故に早めに動けて。

もちろん途中駅では当たり前のように積み残し発生である。
ようやく矢本駅に到着してみれば

画像

よくこんなに乗ってたもんだ。

画像

矢本駅前。
なにこの人ごみ。

ここから徒歩で移動。
せっかくだから正面ゲートから入場したい、と自衛隊前交差点を右折。
しかし、正面ゲートはVIPや招待客専用になったらしく、強制的に途中から(貨物船跡の遊歩道)入場。
ずんずん進んで

画像

いやー、だいぶ変わったねぇー。
まさかタワーが移動したとは思わなんだ。
タワー前って展示飛行見るのにベストポジションだったんだが。

画像

あ、オープニングフライト。

さぁ、かさ上げされたちエプロン地区までいきますよ、と着て見れば

展示機少なっ!

うーん、空自のイベントスケジュールでもずっと長いこと”松島基地航空祭(仮)”だったから
正式決定→外来機抑える、の時間が無かったのかもしれない。
これは来年に期待したいが、来年もこの調子なら(参戦を)考え直すぞ。マジ頑張れ空自。
(1990年代なんてね、F14やF18、A10、そしてAV8まで来たことあるんですよ。ちなみにハリアーは2機参加で、帰投の際は滑走路から同時離陸を見せてくれました。ええもん見れましたが、正直”この世のモノとは思えんキモイ離陸”でしたなw)

つーわけで、少ない展示機を、”舐めるように”撮影。

画像

洋上迷彩のRF-4
ファントムは本当にグラマラスな機体だと思う。

画像


画像


画像

なんかブリティッシュファントムっぽく見えるな。

画像


画像

なんぞコレ?と後でRIOの人に聞いたら”電子妨害装置”との事。ECMポッドか。
後で調べたらAN/ALQ-131(V)というものらしい。
しかしこのパイロン、注意書きすっごい多いな・・・・・

画像

画像

1/72だとこの再現ムズイよね。やっぱ48かしら。それとも32かしら。

画像

お隣はF-2。

画像


画像


カッコイイじゃなくて、キレイ、だよね。F-2は。
なお、帰宅してびっくり。
なんとF-2はこの2枚しか撮ってなかった!
しかしカメラの広角気味レンズのおかげて、いい感じに撮れたと自負している次第。

続きます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今朝のJアラート

2017/08/29 21:15
聞いたこともねぇ煩いアラームで目が覚めたんだが、いったいどこで鳴ってるんだ?とリビングに出てみれば

私 「なんぞあの音」
母 「音?何それ」*台所で調理中
父 「しらん。お前の部屋からなんか聞こえたが」*読書中
私 「いや、変なアラームが・・・」

ここで、誰も見ていないテレビに目を向けると


わー、核攻撃警報やん!!


直ぐにJアラートと理解はしたが、もう脳内では

”attack warning red  attack warning red  attack warning red”

がエンドレス。
さぁ盛り上がってまいりました。ヒャッハーの発声練習でもした方がよいかしら。
しかし長生きするもんだなぁ。
こんなん見れるとは。
さて。落ち着いたところで。
北が発射したIRBMって、着弾まで10分以内だよなぁ。さっきのアラームから何分たった?んー、もう着弾してるんじゃね?
一番安全なところって、ここ(自宅)だよなぁ。
というわけでPCの電源入れて、情報集めて、警報が上空通過に切り替わったを確認して

二度寝

しておりました。


んで、帰宅して落ち着いたところで感想なぞ。

「頑丈な建物や地下に避難してください」

のアナウンスは端折りすぎだと思う。
ミサイル降ってくるのがデフォみたいなイスラエルならともかく。
だって地震国である日本に住む我々には、避難所(たいてい学校だ)は知ってても、頑丈な建物って言われても

「どこ?」

でしかなかろう。
正しい選択は

・屋内にいるなら外に出るな。窓から離れろ。カーテンは閉めろ。TV・ラジオはつけておけ。可能なら椅子やテーブルの下に潜れ。
・屋外にいるなら、屋内に入れ。可能なら地下が望ましい。

ではないですかね。
それを端折って

「頑丈な建物や地下に避難してください」

だけでは”えーどこー?どーすればいいのー?”で無用なパニックを起こしたり、結果何もせずで終わったり、頑丈な建物求めて外に出たりで
害の方が大きいと思う。

車運転中の場合は
本来なら
路肩に止めて姿勢を低くするとかになるんでしょうが、ぶっちゃけ現在の日本(高速道路)ではむしろ追突事故が起こりかねない。
現実的な対応としては、スピードを落とす・SA/PAに入れるなら入って停車する
でしょうなぁ。

ともあれ、ミサイル着弾時の避難について、各々考えるいい機会になったのではないでしょうか?
なお、
「どーせ5分程度じゃなにもできね、意味ね」
と考えているあなた。
通常弾頭にせよ核弾頭にせよ、屋内にいるのと屋外にいるのとでは
生存確率がまったく違ってくるとだけは申し上げておきます。






おまけ。
政府広報で
「ドアを外して壁にたてかけ、土嚢を積む」とか
「水は生命です」
とか言い始めてから、ですからね!
モヒカンにして鋲のついた革製品身につけてヒャッハーの発声練習をするのは。
余裕のある方はV8エンジンも大量に用意しましょう。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


C92(コミケ参戦記)

2017/08/21 01:03
冬コミはいったことあるけど夏コミは初参加!
一度は”灼熱の戦場”を経験してみたくてねぇ。
目標は8月12日2日目!
・・・とはいえ、初の夏コミは散々だったり。


まずは前日。
7時40分の高速バスで向かうつもりが、発着場にいってみれば第1の不幸発動。

画像

バスが一台もおらん・・・(´・ω・`)

そこに誘導のおじさん登場

「7時40分発新宿行は10時発車予定で〜す」

( ゚Д゚)ハァ?
慌てて待合室へ。
バス会社の人に事情を聞くと、東京発仙台行きの”全部のバス”が、帰省ラッシュに巻き込まれまだ到着しないとのこと。
なんじゃそりゃー。
10時出発といっても、もちろんその保証はない。さらに遅れる可能性すらある。
また10時に出発しても、新宿バスタ到着は15時〜16時。いつものネカフェ、それもフラットシートを取れるかどうか厳しいものがある。いや、冬コミの経験からしてギリで大丈夫だとは思うが、もしフラット取れなかった場合のダメージは大きい。賭けはできない。
幸い、キャンセルしても全額払い戻しはしてくれるそうなので、キャンセルして現金返してもらい新幹線での移動に即切り替える。
発着場は仙台駅のすぐ隣だからして移動は簡単。しかし問題は切符。
指定席は当然売り切れ。自由席は空いてるが”どーぜ盛岡から仙台くるまで埋まってるだろうしなぁ”と。
券売機いじってたら、やまびこの指定席の空き発見。これでいーやぁ。
発車まで40分ばかりあるが、まぁ早めにホームに行くべかとホーム来てみれば、さっそく第2の不幸発動。

画像

”やまびこ、仙台始発やーん!自由席でよかったじゃん!!席座れたじゃん!!!”
あーあ、1300円無駄にした。
そして入線したやまびこに乗ろうと席を確認したら第3の不幸発動。

”3号車1番”

1番・・・・よりにもよって1番。前が壁・・・足伸ばせないアレか・・・orz

車中はずっとふて寝して東京到着。
さっそく新橋へ移動。いつものネカフェに24時間パックで寝床確保。荷物を置いて

画像

愛と欲望逆三角形へ。
ちょっと見たいサークルさんがあったので。
ちょっとだけ見て即撤収。
今年は曇りで過ごし易いという情報が出回っていたが、館内は”熱帯雨林”みたいだったぞ。いったいどこが過ごし易いのか。

画像

画像

そういえば、新橋駅でこんなんあった。
人気あるんだってねー。
さて、やたらと時間があまったのでカレー食ったりドトールでコーヒー飲んだりしてもまだ余る。
体力保持のためさっさとネカフェに戻ってまったりする。
が、することもないので色々ネットを漁る。

”そーいえば初めてのコミケは西待機場だったけど、東にいけたよなぁ。なんでや?西待機と東待機の違いってなんじゃろ?”

等調べていたら、止めの第4の不幸発動。

”あ、豊洲のネカフェで待機して、豊洲からゆりかもめ始発で行くのが最速なのね”
現時刻、新橋20時。
あっはっは。100%埋まってるわなぁ。
地方民からすると、コミケって陸から海側へ移動するイメージだし、豊洲って海岸の再開発地区みたいなイメージしかなかったので。
どうぞおバカなワタクシをお笑いくださいまし。

その後は横になって体力保持に努めつつ、定期的にウェザーニュースをチェック。
ふむ。これは雨で間違いなさそう。
もちろん雨対策の準備はしてあるのでいいのだが、問題が一つ。

”何がなんでもゆりかもめ新橋駅の屋根があるところで待機しなければならぬ”

ビッグサイトの待機場ならともかく、乗車前から雨に打たれて並ぶなんざまっぴらごめんってなもんである。
冬コミの経験からして、3時半ちょっと前に行けば5〜6人程度しかいないはず。
が、雨に打たれたくないのは誰もが同じであろう。
よって行動開始時刻を1時間繰り上げることにする。

2時15分 行動開始!退店。
2時20分 コンビニにて飲み物入手。
そして2時30分。

画像

わー、誰もいねぇ。
つーわけで、コミケ2日目、新橋駅トップにたつ。
午前4時頃からかなり強い雨が降り始めるも、屋根のおかげて快適であった。
そして始発乗車。
今回は初めて有明駅→東待機場というコースを試してみた。
が、下車して改札抜けて、布に左右に別れる人並みで迷う!

”どっち・・・・・?!”
えーっと、進行方向が前で、後ろを向いて左手が東待機場方向だから・・・・・・進行方向の右だっ!

この時点で50人ばかり追い抜かれる。
歩きながらカッパを着てようやく東待機場到着。

画像

2-3、ほぼ前方。有明駅で迷わなければ2-2だったな、ぐらいの位置。
C91で1-6だったのだから、かなりの後退である。
豊洲始発組に到着時間で負けてるのだから仕方ないが、それにしても冬コミ時より後退である。
やはり夏コミの方が元々参加が多いのであろう。

画像

午前6時頃。
もうけっこうな土砂降り。
なにが辛いって、本もスマホも見れないのでカッパ着て折りたたみ椅子にずっと座ってるだけというのが辛い。

画像

とりあえず飯は喰う。ケバブと迷ったのだが、100円違うだけだしなぁ。
カッパ着て雨の中食事って、なんか戦場の兵士みたい。あ、戦場だからいいのか。

画像

仙台市ゴミ袋加工トートバック用雨カバー。持つところ用の穴はもっと小さくてもよかったかな。

7時半頃から雨が上がり始め、8時半までにはすっかり止んだ。
そーしてー

画像

ついにここまで着たよ。東6のあたり。

開場して、まずは「ぢま鉄」様へ。
私もちょっとは成長したなぁ、と思った。
だって大声で

「ぢま鉄最後尾どこですかーっ!!!!」」って大声で言えたものw

その後は鉄・ミリの島を巡る。
今回は前回と違って

・目標を絞って、基本そのサークルのみ回る
・基本、目標サークルの新刊(または既刊)のみ購入する

と、野放図な購入は避けてみた。

それでもこの肩に食い込む重さはなんだろうなぁ。
11時過ぎには離脱シークエンス開始。
まずおトイレ。

画像

これはびっくり。誰もいないトイレ。
コミケのトイレといえば行列のイメージしかなかったから、思わず記念撮影。

画像

出たら、何この青空!
あちぃ!マジあちぃ!これが朝から続けば・・・そら地獄になるわな。

画像

帰路は、前日から話題になってた水上バス。

画像

ほんとだ、ガラガラ。

画像

画像

いやー、靴脱いで戦利品鑑賞しつつビールってたまらんなぁ。
水上バスはまじいいわ。

その後は浜松駅→東京駅、そして新幹線で仙台へ。
帰ってきたら雨でやんの。

画像

というわけで今回の戦果。


最後に今回の反省点
あまりに目標を絞り過ぎた。初めて参加した時のように、もっとじっくり見てまわればよかった。

といいますのも、帰宅してから知ったんですが






欲しかった!見たかった!

というわけで、次回一般参加の際には、購入するものは絞りつつも
もっと見て回りたいと思う。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


EP/K2 スターリングラード

2017/07/30 23:41
画像

画像

画像

画像

画像

画像


次回の「ボードウォーゲームをプレイしてみよう」は予告通りEP/K2のスターリングラード。
というわけで、今月に入ってからというもの、暇をみてはソロプレイの日々を送っております。
20年前?25年前?プレイしまくってたなぁ。ソロだけど。
こんなだったか?的な感じで、忘れやすい重要なルールをば。

・攻撃命令は与える損害を最低限確定させるものではない。必ず損害決定表を確認しよう(例えば、攻撃命令が2、結果がA3の場合、A3/D0になる。A5/D2ではない)。
・EZOC内から移動する場合は移動力1/2。
・EZOC内にいるユニットは陣地を構築できない。
・EZOC内のユニットはカウンターフェイズに移動できない。
・戦闘に参加したユニットは、その作戦フェイズで移動できない。
・戦闘において、”2ステップ目の損害を出すのは全てのユニットが1ステップ目の損害を出してから”というのは、あくまで1回の戦闘結果による場合。
・輸送部隊の場合は3移動力内までのユニットへ補給を与えることができるが、補給基地へならばは6移動力内までなら補給源足り得る。

今回ようやくまともにルールを覚えてプレイ。
プレイバランスはすごくいい。
誰だドイツ軍必勝とか抜かしたバカは。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


護衛艦一般公開 at 仙台港

2017/07/18 00:32
画像

画像

画像


先日仙台港で護衛艦の一般公開があったので行って見てきた。

DD-157・護衛艦さわぎり
DD-132・護衛艦あさゆき

の2隻である。
ただし、"あさゆき"の方は特別公開に当選した人だけ。一般公開は"さわぎり"だけであった。
艦内公開もなかった。残念。
かつての最新鋭艦が今や2線級兵力ですか。年取りたかないねー。
スプルーアンス級なんか全艦退役だもんね。

画像

とりあえず乗った最初の感想としては、圧迫感が凄い。

画像

画像

アスロック・ランチャー。
でかっ!
こんなでかかったんだー。

画像

ほとんどの人に無視されてしまうアスロックの弾庫。

画像

画像

76ミリ陽電子衝撃砲、通称”ショックカノン”であるっ!
・・・・・・という与太はおいとおて。オト・メラーラの76ミリ。
一家に一台欲しいねー、なサイズ。
ところでだな、常々疑問なんだが、むかーしむかしのいわゆるポケット大百科だとあろうことか”オットー・メラメラ”って書いてった。流石にそれはないだろうと思ったが、近年だと
”オト・メララ””オート・メラーラ””オットー・メララ”etc・・・・・・。
いったい正しい発音はどれやねんw(オトー・メラーラが正しいような気がする。勘だけど)。

画像

関係ないけどさー、大戦後半はこのサイズが戦車砲の主流だったわけで怖いねぇ。

画像

お隣の”あさゆき”の艦橋を見る。
むりー!このエッチングパーツ取り付けるのむりー。

画像

324ミリ空間魚雷であるっ!ガミラス艦をも一撃で撃沈可能なのだっ!
・・・・・・ではなく、毎度おなじみ短魚雷発射管。

画像

画像

きっとこの辺をガチャガチャ操作して発射するのであろう。

画像

ふーん、Mk46 Mod5なんだ・・・・・・Mod5?古くない?!

画像

見よこの圧迫感。

画像

シースパロー・ランチャー

画像

この床は何?

画像

聞いたところ、シースパロー装填のためのレールとか、要は装填装置。ここが弾庫だそうな。

画像

画像

で、しれっと置いてあるこのアンテナはなんだね?ECM/ECCM系はマスト装備だろうしなぁ。この太さからしてかなり重要なアンテナだと思うのだが。対戦関係?うーん、なんだろ。

画像

謎のカバー。なんかの配線なんだろうけど。TASS関係?

画像

ヘリ甲板。SH60。

画像

フレア発射装置ついてるんだ。

画像

・・・・・・カエルっぽい・・・・・・

画像

ディッピングソナー。
カバーが透明なので見学用かと思ったが、もともと透明なんですと。

画像

センサー担当の人の席・・・・のはず。
うーん、これだとソノブイのデータ表示はスパイク式じゃなくて、ウォーターフォール式じゃないかなぁ。

画像


画像

格納庫!

画像

絶対後付けお手製。
偉い人の訓示台?

画像

画像

あらためて外観。
なんかもうイージスシステム装備艦と違って、まさに”鉄の城”。
イギリス人のいうところの”今日我々は初めて軍艦に乗った”という言葉が一番適切かと。
いや、今の時代スッキリしたデザインの方が優れているのはわかるけどさ。

画像

このエッチングパーツを取り付ける自信はありません。

画像

まるでソヴィエト艦だねぇ。

画像

これ絶対後日装備というか、はっつけただろー。プラ棒とプラ板で自作しました感一杯。
たぶん機銃装備のためのブルワーク取り付けたのであろうな。


海上自衛隊でいうところのF作業、いわゆる釣りについて面白いお話が聞けた。
昔は盛んだったそうだが、近年はそれほどでもないとの事。
とくに補給艦のような単艦行動のフネならともかく、隊を作っての行動だとF作業は出ない事が多いそうだ。
そしてなにより、そのフネの艦長個人によるらしい。
釣りする艦長ならF作業ができるし、釣りしない艦長だとF作業はない。
”さわぎり”現艦長は釣りを嗜まないお人らしく、聞いた士官殿(下士官だったかも)いわく
”我々は釣竿持ってきておりません”
だそうな。

えー、釣りしようよ釣り。士気向上のためにもさ。


おまけ1
画像

藻なのはわかるけど、それにしちゃ随分綺麗に一直線。水線下は黒・・・・じゃなくて緑の帯部分があるの?

おまけ2
多賀城駅でキリンビールのお祭りみたいなのやってた。
画像

うまかった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ヤマト2202 第二章 感想

2017/07/16 14:41
公開からだいぶ間が空きましたが感想なぞ。

”面白いっちゃ面白いけど、なんだかな”

という第一章と感想変わらず。
たった3年でアンドロメダ級ができた秘密とか、ガミラス側との秘密協定とかは面白かったけど

・島が乗艦するのかしないのか、モロバレでつまらん。
・”水中制動板の使い方にはコツがあるんだ”で島登場ー!、というのがよかったのに今回無し
・前作では反乱艦のままでしたが、今回はガミラス側の根回しにより、軍令部がヤマトの行動を追認。むしろさっさと行け、ということに。ところが第十一番惑星からの脱出者を救助して”うちらが行かねば!”と早くも脱線。ねぇ、演習中だった地球艦隊差し向ければいいことでしょうに。

一番の問題点
・小惑星を船体に巻き付けるやつ。あー、旧作でもあったなこんなん。
問題は”強さの不整合”がでちゃった。
ヤマトのショックカノンは強力である。これまで撃破できなかったガミラス艦を一刀両断にし、2202でも大戦艦を(大破状態とはいえ)一撃で撃沈せしめた。
ならば、後継艦であるアンドロメダ級の主砲はそれ以上、または同等でなければならない(もしくは射撃速度の向上により、時間単位では投射火力が上回る、とか)。
なのにだな、小惑星打ち抜くことできんってどーゆーことや。石ころ砕くしかできんへっぽこ砲なのか?


なんか、大嫌いな(好きな人にはごめんね)ヤマト式敬礼の復活とか、旧作ファンに媚売ったとしか思えん。
2199の方向性でリメイクして欲しかったわー、というのが正直な感想でございました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タミヤ 1/35 クルセーダーMk.III その3

2017/07/09 09:56
画像

画像

画像

画像

画像


パーツが折れるわ飛んで無くなるわ、個人的に呪われたキットであった。
アンテナが一部おかしいのは、続く不幸にキレて、意地で無理やり瞬着ではっつけたから。
冷静になると『だから伸ばしランナーでよかったじゃん』と。
砲塔横のサーチライトはイギリス皿型ヘルメットの改造。
燃料タンクから車体へのパイプは自作を諦めた。ホントいつ取れたんだろう。

というわけで、これで完成ということにする。

ガルパン劇場版、ローズヒップ専用機。
できるだけ楽して作りたかったので、簡易型劇場版仕様、みたいな感じで。

まずリアパネル。A44のフックは取り付けない。
フロントも同じくA44のフックは取り付けない。
雑具箱のA96のフックも見当たらないので取り付けない。
C95のバールも不要。
A53、54のパーツも見当たらないので取り付けない。
A107のステーも不要。
ハッチは閉じた状態にするなら、ハッチ裏の取っ手類も不要。
B81のスコップ不要。
予備履帯も不要。
右フェンダー上jの予備履帯置き場にプラ棒3本おいてすのこ状に。


しっかし、タミヤみたくポリキャップにしてくれればいいのに、この転輪すぐ取れる。
ポリキャップ入れる改造するか、いっそ固着させた方がいいと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


暑い

2017/07/09 09:32
画像
でろーん。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タミヤ 1/35 クルセーダーMk.III その2

2017/07/05 00:15
画像

このスカート、素のままでは絶対くっつかないと思うのですが。
とりあえずステー部分を切断し、車体に強引にはっつけました。

画像

切断したステーを再度とりつけて

画像

どっかに飛んでいったので、そのままの箇所も。
でも、そもそもちゃんと取り付けても位置ずれてるじゃん。

画像

次の難関。フェンダー。

画像

どうやってもまともに取り付けできないし、いろいろ弄って取り付けてもこんな隙間ができると思うのですが。
世の皆様どうやってるの?

画像

とりあえずプラ材で埋めてパテ埋めして

画像

ヤスって整形。あとはサーフェイサー吹いて塗装。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タミヤ 1/35 クルセーダーMk.III

2017/06/20 23:24
積みプラ消化第2弾。
タミヤ(イタレリ) 1/35 クルセーダーMk.III
ローズヒップ搭乗機で作るよー!

画像

画像

茶色い・・・。

画像

転輪のゴム部分は”アハトゥンク・ガールズ&パンツァー2”だと"タイヤブラック"ではなく、茶系統の色だったのでMr.カラーの”ダークアース”にしてみた・・・・茶色すぎましたかね。黒混ぜればよかったかな。

画像

これがイタレリ・クォリティか。。。

画像

第1回塗装。
Mr.カラーの明灰白色(三菱系)にブルー(青)をちょいちょいと混ぜてみました。

画像

画像

・・・・・・イタレリ〜(恨
悩んだが放置することに。どうせスカートで見えなくなるし。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


猫の巣

2017/06/14 19:25
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タミヤ 1/35 マチルダ

2017/06/13 23:07
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


積みプラモ消化。
聖グロ仕様で作ろうかと思ったが、聖グロデカールが少ないのでクルセイダー用にとっておくことに。
流石タミヤ、ピタパチで、と言いたいが
一部合わないところが出るような。
あと、マフラーの組立は絶対間違える。
ハッチ閉じた状態とか、仕様変える場合の説明書き無し。ある程度経験詰んだモデラーならわかるだろう、みたいな感じを受ける。
それでも作ってて楽しいキットでした。

最後に。
この迷彩考えたやつぁ誰だ!
後世になってプラモ塗装する身にもなれってんだ。

ps.お友達に見せたところ

「カラフル〜」

・・・・・・うん、婦女子の感想なんてそんなもんだよねorz
(ドイツ海軍のバルティック・スキームはどうなるんだろう。葬式か?)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

ぶんかん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる