アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ぶんかん。
ブログ紹介
本館あっての分館。
鉄道関係やプラモデル・アニメ・ミリタリー系イベント・WoT・WoWs・ボードウォーゲーム艦これ関連関係のブログ。
本館はボカロ・SLGゲーム・戦史・料理・コミック・日記関係
艦これプレイ日記?に関してはニコッとタウン「1340449島」へどうぞ。

【お知らせ】
本館にて
リアル知人からの
「自分の日記」をコメント欄にて垂れ流しされるという荒らしにあい(無自覚なところが救いようが無い)
やむなく、リアル知人がコメントしそうなネタ「鉄道関係」「プラモ関係」「ミリタリー関係」をこちらに移行する事に。
ここから本館へお越しいただくのは大歓迎ですし、コメントもありがたいのですが、この分館から来たことは伏せていただくよう伏してお願い申し上げます。
zoom RSS

野村萬斎主演最新作

2017/03/22 19:24
画像
嘘はついていない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


昭和の学校

2017/03/21 12:24
先月の花巻温泉に行った時のこと。
ホテル内に『昭和の学校』なるポスターが。聞けば近くにあるらしい。
おそらくデパートでよくやる昭和展(昭和30年代の居間−TVとかちゃぶ台とか展示してるアレ)みたいなやつかなー、と期待はせんかったが、嫌いではないので冷やかしにみてみるかと。

甘かった。
とんでもねぇトコだった。
なお、ここにあげた画像は本当に展示品の一部である。

画像

着いたら大量のホーロー看板のお出迎え。画像はほんの一部。
このあたりではまだ”ちょっとすごいかな”の感想。
入館料500円払って入れば

画像

”ああ、やっぱりコレ系かぁ〜”
はっはっはっは。大したことねぇなぁ〜と2階に上がってみれば
再現された昭和の店舗がずら〜り!
30年代限定ではない。いや、30年代はせいぜい1/3程度。
40年代、50年代、60年代
昭和であればなんでもあり!

画像

文房具屋さん。

画像

筆箱。私はもう少し後の、さらに進化した(無駄に進化したともいう)筆箱だったな。いろんなギミック満載のやつ。

画像

うぉぉぉぉぉ!!!!欲しかった、どうしても欲しかったけど結局買ってもらえなかった”昆虫採集セット”
今でもあるんですかね?

画像

カメラ屋さん。

画像

画像

すんげぇ量。
でもニコンは少なかったなぁ。F3はあったけど。キャノン・ミノルタが多かった。
それでもこれとんでもねぇお宝ではあるまいか?

画像

みなさーん、覚えてますか〜?カメラ屋・写真屋・コンビニで当然のように置いてあったフィルム売りケース。
これに覚えがあるあなたは最低でも30代以上ですね?

画像

画像

この辺は定番の映画のポスター。

画像

”あいつばかりが何故もてる?”
私が『これ、現代でもラノベのタイトルでいけるよねぇ』と言ったら、つれが

(´゚艸゚)∴ブッ

こんな感じになった。ツボったらしいw

画像

レコード屋さん

画像

画像

うあぁ〜。懐いわぁ〜。この展示。ここからお目当てのレコード漁ってくんですよねぇ。


その他。
画像

なにげなく壁をみると、”女子社員募集”の張り紙が。
ふーん、地元の求人かぁ・・・・・・・ってこれ何時の?!
ってな具合で昔のチラシもさりげなく貼ってあります。

画像


画像

すっごいレアじゃね?赤電話だけどプッシュ式。

画像

個人的にツボった。今の家に引っ越して、黒電話からこれになりました。プッシュ式というだけでハイカラだったんですよお〜。


オーナーさんが20年かけて収集したという、10万点を超える収蔵品。
とても楽しいところでしたが、最後にちょっとした、もう一つの楽しみ方をお伝え致しましょう。

ここ、さりげなく”平成”が混じってます。
それこそ”ウォーリーを探せ”レベルで。10万点の展示品から”平成”のアイテムを探すの楽しいですよ。
お勧め博物館でした〜。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ヤマト2202 第一章 感想

2017/03/20 22:43
だいぶ遅れたが、観てきたので感想なぞ。
2202は全七章なので一章だけ観ても正しい感想は難しのではあるが、
それでも巷で言われるように、かなり心配な出来である。
作画とかカメラワークとかの話ではない。

まさか、過去のヤマト2をそのまま垂れ流すのか?という心配である。

ヤマト2199はリメイクをうたってるが、結果から見ればリビルドに近い。
特にガミラス側の事情を細かに描写したことにより、結末はまったく異なる。

ガミラス帝国は健在だし、結果論とはいえ、ガミラス首都を助けた事により、ヤマトに借りができた。そのためか2202では地球と同盟を結ぶに至る。

1.
であるならば、和平・同盟締結交渉において、芹沢さんの責任問題があるはず。
そもそも先制攻撃は芹沢さんの攻撃命令。
戦争中は(負け戦中ならばなおさら)秘匿事項だろうが、戦争が終われば「勇退」というかたちで更迭だろうに。
そうでなくても、2202の劇中で触れたれたように

「いくら復興したといえ、ガミラス全力で攻め込まれたら滅亡必須」

なのが地球側。
和平・同盟締結おいてもガミラス側から

「いやー、うちらも総統がやらかしたおかげて国中ガッタガタですんで和平しますけどー、そもそもこの戦争の原因でそっちの先制攻撃ですよねぇ。まぁその辺は内緒にしたいそちらの事情は配慮しますけどー、せめて担当者の責任はとってもらわないとねぇ。それとももう一戦します?」

みたいな要求が出てるはず。
なのになぜ芹沢さんが出ているのか?

おそらく、ヤマト2のあのシーン

藤堂 「行かせてやれんか?」
芹沢 「命令違反です。撃沈します」

のシーンを、旧作そっくりにやりたいからではないのか?


2.
2199でちょっとだけ出てきたガトランティス。辺境から侵入してくる蛮族であるそーな。
2199劇場版では
・ブリッジ勤務でもでっかい剣を持って振り回す
・ブリッジに太鼓装備。戦の時は景気良くドンドコドンドコ
・火炎直撃砲は古代文明の遺跡から盗掘
・転送装置は捕虜(ガミラス科学者)に作らせた
・科学技術が劣るので、科学者は「科学奴隷」として重宝
・その火炎直撃砲、ヤマトにむかって砲身ごとぶん投げる

とまぁ、清々しいまでに蛮族。
であるのにだ、2202では
メダルーサ級殲滅型重戦艦が多数あったりするうえに、
本当なら誰もが嬉しい大戦艦。
いや、嬉しいけど
なんかスゲェ砲撃システム装備してたり、拡散波動砲から生き残ったり、と
全然蛮族じゃねぇじゃん。

あげくにズォーダー大帝が

「愛が必要だ」

・・・しらんがな。
おーい、蛮族って設定どこいったー。


3.
「俺たちが命懸けで航海してきたのは、こんな地球にするためじゃない!」

旧作ではガミラス滅亡、地球を襲う知的種族は見当たらず。そして新型戦艦アンドロメダ就役。
どこかで地球艦が謎の攻撃機に襲われても、謎の彗星が向かってきても、謎のメッセージが受信されても

「いやー、地球は平和だし、脅かすやつはいないしー」

と平和ボケここに極まれり状態だったのでヤマトの反乱出港が成立しうるわけですが
2202では拡散波動砲艦隊構想をもってして「俺たちはこんな地球に〜」と。
ぶっちゃけ、反乱出港する動機が薄すぎでしょう。


つまり、1、2、3をまとめると
旧作のヤマト2をそのまま演るんではないかという可能性が濃厚なわけですよ。
あのね、ヤマト2の『再上映』なんて観たくないの。
あくまで2199の続編という形でのヤマト2のリメイク(またはリビルド)を観たいの。

6月公開予定の第2章で、うまく軌道修正される事を願います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


エポック 失われた勝利

2017/02/19 00:44
画像


結論から書くと、このゲーム過大評価されすぎではなかろうか?
ターンオーバーのインパクト/面白さは確かにあるが、それだけという感じがする。
なんでこんなこと書きたれたかというと、先日温泉旅行に行った際、せっかく広い部屋に泊まるのだからとこのゲームを持っていきプレイした次第。
確か7年前?に数回プレイしたし、購入当初も少しプレイした。
だが、最大でも42年の夏頃までしかプレイできなかった。
せっかくだからと今回は45年4月までプレイしようかと思ったのだが・・・・
実際には数ターンしかできなかった。
なんでかというと、

・ルールが覚えにくいというか、うまく表現できないんだけど、ツリー型の構成じゃなくて全て並列で構成されているような感覚。これに第1ターンは特別ルールあるし、セットアップも一部移動できないユニットありでそらもう混乱する。ちなみに戦闘後前進できないって初めて知った。購入当初や7年前はどうだったろうか・・・・?忘れたわw

・コンテスト参加作品ということで、ターンオーバーのシステムが大前提、その後にこまごまとルールを付け足して、上手くいなかいところは特別ルールでごまかしている感じ。

・おそらくテストプレイの数をこなしてない。ルールも「こーゆーことは常識的に発生しないだろう」というデザイナーの思いが感じられる。

・特に!一番の問題が鉄道。いわゆるロシアンゲージ問題。
ルールを読むと、どう見ても「全部のへクスを踏め」としか読めない。しかし、後年入手したプランサンセットの正誤表には「踏まなくて良い」と。

画像

このように、ミンスク東方に装甲が進出、ミンスクは占領している、鉄道に影響を及ぼす敵ZOCはない→一気に鉄道限界を広げていいのだそうだ。
ふむ。ドイツの鉄道補修能力を考えると過大評価では?と思えるが、これはこれで筋が通っているルールだ。

そう、鉄道が直線だけなら。

画像

じゃこの場合はどうなるの?このように、ここまで一気に開通しちゃうの?(装甲ユニットは鉄道線へクスを踏んで進んだのではなく、この位置まで直進したものとする)
ソ連側からしたら、この鉄道分岐へクスで「分断された」としていいの?ソ連の鉄道移動はこの分岐へクスの手前まで?それとも占領できちゃう?
でもさ、ドイツ軍ユニットはこの分岐を「踏んで」いないんだよ?

このゲーム、第1ターンでセットアップされたソ連軍ユニットはほぼ吹き飛ぶので、装甲が一気に進撃する北方軍集団戦区ではありえないことではない。ドイツ軍プレイヤーとしては、補給が通るか通らないか、レニングラードを早期に落とせるかどうかの大問題だ。

どうもこのゲーム、デザイナーは
「プレイヤーは常識的な戦略を取るだろうから、ありえなさそうな問題jはルール不要」と思ってるのではなかろうか?
例えば「レニングラード方面に装甲11個突っ込ませるなんてプレイヤーはいない」と。

webで検索すると、このゲームのプレイレポートがとても少ない事に気づく。
それがこのゲームの正しい評価を表しているような気がする。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ボード・ウォーゲームをプレイしてみよう第7回その2【コマンドマガジン124号付録「シ江作戦」】

2017/02/16 23:03

終わった〜。
以前のムービーメーカーはよかったなぁ。今のは使いにくい。
なんかいい動画編集ソフトないものか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


PSYCHO-PASS原画展

2017/02/12 23:48
画像

これはなんだ?
ここはどこ?








画像

答え:石巻駅〜
車では何度も来てるけど、電車で来たのは初めてだったりする。
初”仙石線乗り通し”

画像

んでやってきたのはこちら石ノ森漫画館。
PSYCHO-PASS原画展をやっると知りまして。

よかったですよ〜
あと、ドミネーターも展示してた。
あのフル稼働する高っかいやつ。
正直欲しい。

見終わった後は、最上階の軽食コーナーでコラボメニューの
画像

サイコパスタ<執行モード>を。
要はイカスミパスタなんですが、美味しかったですよ〜。
ちなみに数字は犯罪係数。
よかったオーバー300じゃなくて。エリミネートされたらかなわん。

画像

帰りは、こちらも初めて
仙石東北ライン。
そして初乗車のHB-E210系。
面白い車両だけど、気動車特有だった惰性走行時の”カラカラカラ”というエンジン音が聞こえないのは寂しい。

画像
あ、DE10!
それも国鉄色!


ちょっとした小旅行でした〜。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


PSYCHO-PASS 2期感想

2017/02/10 23:31
今頃になってPSYCHO-PASSを観る。
ずっと以前友人に進められていたのだが、すっかり。
いや、傑作だわ。
リアルタイムで視聴してなかったのが悔やまれる。
これ、2012年秋アニメなのか。
・・・・・2012年秋アニメ。
ああ、ガルパンとかぶったのか。
2012年秋アニメは可哀想でならぬ。
なんせ、ガルパンが全部かっさらっていったからなぁ。
ダークホースどころか完全無名アニメが、気が付けば覇権だったものねぇ。
閑話休題。
とにかく、PSYCHO-PASSを観て「こりゃ傑作だわい」と
そのまま勢いで2期も視聴。
・・・
ふむ、2期は評価イマイチというか、いろいろ言われているようで。
私としては2期も面白かった。
面白かったけど、1期の完成度が高すぎたと思う。
なんかこう、1期の雰囲気を出そうとしてる感で一杯というか。
攻殻機動隊でいえば、面白いけど何やら難しい話になってしまった2ndGIGみたいな。
なんでそうなってしまったのかといえば、ドミネーターやシビュラシステムがそもそものガンだという他ない。

1期はあくまで「刑事ドラマ」「猟犬と追われる者」「群像劇」「主人公の成長」がメインであり、
ドミネーターやシビュラシステムはあくまで「演出のための小道具」でしかない。

余談だが、犯人である「槙島聖護」の描き方、演出が素晴らしすぎる。
まるで完全無欠の堕天使の如き表現だったが、シビュラシステムの正体を知るのは
なんと視聴者の方が先である。
ここで一気に「槙島聖護」という存在が人間味を帯びてくる仕掛けだ。
すげぇや。

ま、ともかく。
2期では視聴者がシビュラシステムを知ってしまっている以上、それに歯向かうモノをテーマにせざるえないのはわかる。
が、そのシビュラシステム、特にドミネーターがクソなのだから
そりゃ2期の評判かんばしくないよね、というオチ。
だって、ドミネーターってざっくり言えば

「悪そうなやつはぬっ殺す」

だもの。
威嚇とか、生け捕りにして尋問するという概念がない。
だから2期で

「立て篭り事件が発生するけど外部からは何が起こってるかわからない」
「人質が逃げ出すけど、犯罪係数300オーバーで全員エリミネート」

結果
「やっぱり何が起こってたかわからない」

バカすぎるだろうこれ。

シビュラシステムにしても

「免罪体質者を集めた完全に公平なシステム」をうたっているが
どうみても「個人としての我」が出まくってろだろう。
弊害ありまくりである。
それでも1期はいいんだ。演出装置だから。
でも2期では演出装置になっていないもんだから

「このシステム、デメリットの方が多くね?」となってしまう。

その意味では劇場版はよかったと思う。
シビュラシステム、ドミネーターとも演出装置に戻ってるから。

でも不満はあるけど、2期は2期で面白いとは思うんだよ。
ただやっぱり、1期の完成度があまりに高すぎたと思う。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東京旅行記3日

2017/01/27 00:07
昨年の10月末から11月頭にかけて東京旅行したときの記録。
なお、デジカメ持ってったらバッテリー入れ忘れたでござるという痛恨のミスをしたため画像は少ない。
スマホになると、途端に記録する気力が萎えるな!






3日目。
ミラコスタ、チェックアウト。
初日、チェックインした時は「ついにきた」と達成感で目頭が熱くなったが
チェックアウトの時は、飛んでいく万札の枚数に目頭が熱くなった。

さて、3日目は横須賀ツアーである。
舞浜から横須賀まで。まさに関東横断。
舞浜→東京→品川、そして
”ハマの赤いあんちくしょう”こと京浜急行で横須賀へ。
京急は久々であるが、同行する友人は”初”京急で、あの”狂った鬼加速”をいたく堪能したもよう。
で、なんで横須賀なのかといえば
そりゃアレだ。
軍港めぐり。
7年前に一度行ってるんだが、
軍港めぐり1
軍港めぐり2

新船になったそうだし、久々に見に行くかと。
しっかしこの日は寒かった。そして風が強かった。
ガイドさん曰く

「船内は暖房入れてますよ!あったかいですよ!2階(外デッキ)は『気合の入った方のみ』どうぞー!」

もちろん、多数の客が2階へ。
うむ。平日の昼間に軍港巡りしたいという輩ばかり。
皆気合入ってるわけである。

画像

潜水艦。そうりゅう型ですやん。

画像

タイコンデロガ級。
今やアメリカ海軍唯一の巡洋艦になっちまったなぁ。

さて、ここから港口方向へ(消磁施設のある方向)へ向かうのだが
風が強いということは、白波がたっているわけであり、つまるところ時化。
そして風は港口方向から吹いているわけで、風上へ向かうということは―

どっぱぁぁぁぁぁぁぁ〜んっ!!!!!

ここは冬の北大西洋かバレンツ海か。そしてこの船は(船団は)PQ17か。
っつーくらい揺れた。
軍港巡りに参加されたことがある方なら、
「2階席に艦首波のしぶきが飛んできた」といえばその凄さがわかるかと。
同行の友人曰く
「TDS以上のアトラクション」

画像

これは珍しい。海洋観測艦である。初めて見た。

画像

ここでさらに珍しい事態が。
きりしま出港中。
この時、クルーズ船側が

”ポーッ・ポーッ・ポーッ”と短音の汽笛合図。
ガイドさん曰く

「後進してますよ→つまり停止中→停止してますから、お先にどうぞ」

の意味だそうだ。

これを受けたきりしま、停めちゃって悪いねと言わんばかりに加速!

画像


目の前を堂々と出港するきりしまにギャラリー大興奮!

画像

この洋上からのアングル、滅多に取れませんぜ。

さて、軍港めぐりを終えて腹が減ったというわけでして
ここは横須賀でして
横須賀といえば
海軍カレーかネイビーバーガー。

今回はネイビーバーガーを求め、老舗のハニービーへ。
ネイビーバーガーは数あれど、シンプル イズ ベストの王道的なハニービーのバーガーが大好きなので。
基地ゲート正面なんで、行った時もネイビーさんが遅めのランチ中。さすが基地の街。

ネイビーバーガーを堪能し、今度はやはりお約束の戦艦三笠へ。
しかしながら帰りの新幹線の時間が迫っており、やむなく外から見て即移動。
嗚呼、見学したかった・・・・・・・。

そういや、これも横須賀名物?かも。

画像


あと、はいふりの看板・POPも見かけたけど寂しげだったなぁ。
大洗並の町おこし狙うなら、突き抜けないと・・・って大洗が異常なんだよな。アレは。

こうして東京旅行終了。
目一杯楽しんだ三日間でした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東京旅行記2日

2017/01/15 17:55
昨年の10月末から11月頭にかけて東京旅行したときの記録。
なお、デジカメ持ってったらバッテリー入れ忘れたでござるという痛恨のミスをしたため画像は少ない。
スマホになると、途端に記録する気力が萎えるな!






2日目はTDS・・・・・・なんだがその前に。
4時半頃目が覚めたんだが、予報通り雨でけっこうな雨足なのよ。
しゃーねーなぁ舞浜駅までいって傘買ってくるか、とリゾートラインの駅に行ったら
朝の5時前だというのに、TDSゲート前には10人ばかりの行列がっ!

・・・・・・気合入りすぎだろお前ら。

さて、傘買ってTDSに行くわけだが

ミラコスタ特権その1!
15分前入場

ゲートくぐるとそこには
画像

ミッキーいたー!
・・・まてまてまて
これはディズニーの罠だ!
せっかく15分早く入場してるのに、ここで記念撮影なぞしているわけにはいかぬ。
後ろ髪引かれる思いで前進。目的地はインディージョーンズ。
で、どこをどう行けばいいのかキャストさんに聞いたら、

「山の向こう側にはいけませんよー」

知らなかった!
15分早く入っても、山の向こう側には開園時刻にならないといけないそうな。
方法としては
山の手前で開園時刻を待つか、開園と同時に動くスチーマーラインに乗っていくか。
雨も降ってるし、楽そうなスチーマーラインで行くことに。

画像

スチーマーライン一番乗り〜。

画像

開園と同時に動くので貸切!

その後、無事インディージョーンズを堪能し(誰も並んでいないので、本当にこのルートでいいのか怖くなるなるぐらいにガラガラ。開園同時に入るって凄い)、帰りもスチーマーライン貸切状態で戻ってきた。
ちょっとしたプライベート・クルーズでした。
ミラコスタ特権すげぇわ。

画像

画像

画像

TDSは歩いているだけでも楽しい。
朝は雨模様だったが、日が昇るにつれ天候は回復。
タワー・オブ・テラーを堪能したり、ガレオン船を堪能したり、ディズニーシー・エレクトリックレールウェイを多能したり。
特に、ガレオン船のカルヴァリン砲は燃える。
マスター&コマンダーを観た者であれば燃える。
たぶん、人がいない頃を見計らって
一人で10分近く砲撃をしていたと思う。
あと電車な。
エレクトリックレールウェイ。あれはたまらん。特にうねるルールがよい。
設計した人は実によくわかってると思う。

画像

午後は完全に晴れた。
しかし本っ当に景色がいいなぁ、TDS。アトラクションがなくても楽しい。

画像

活火山だったらしい。たまに噴火してた。火砕流対策は(以下ry)。

ミラコスタ特権その2
パーク。ホテル、行き来自由。
というわけで2回ほど部屋に戻って休みました。
ところで。
私たちが遊んでいる間、キャストさん達が部屋を掃除してくれているわけですが、
ミッキーのぬいぐるみなどを部屋に置いていた場合、可愛くディスプレイしてくれるそうです。
そんなことは露知らず、わたくし、とあるぬいぐるみを持ち込んでおりまして、それをベッドに置きっぱなしにしていたのでございます。
もちろん、それもディスプレイされておりました。

画像

画像

アノマロカリスの”あーちゃん”

いやー、キャストさん困ったろうなぁ。まずこれが何かわからないだろうし。
申し訳なし。

一休みしたら、再度パークへ出陣。
画像

なんかくろねずみがおる。

画像

テーブル イズ ウェイティングというものらしい。
たいへん楽しく面白く、かつ”つっこみがいがある”ショーでした。

・タコス→インド料理→ハンバーガー。まて。なぜコース料理でハンバーガー。
・ハンバーガーのパティ。どう見てもしいたけ
・メインディッシュが”幕の内弁当”

海原雄山なら激怒モノ
「これを作ったのは誰だあっ!」
なコース内容でしたw

さて。
画像

画像

パーク内をブラブラしつつ、夕刻になりまして。
ゴンドラは夕刻〜夜間が良いというのでゴンドラへ。

画像

こりゃ綺麗だわー。

夕食は”中華ならハズレはなかろう”という消去法により”ヴォルケイニア レストラン”。
美味しかったけど、注文内容を推理していくのが楽しかった(何をいっているのかとお思いでしょうが、行くとわかります。どうやって注文するのか、ライスはないのか、推理するしかないのです)。

夜はもちろんファンタズミックを見てホテルに戻る。
楽しかったー!

おまけ。
画像

部屋に戻ると、こんなのが。

そりゃリピーター増えるわ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東京旅行記1日目

2017/01/08 09:31
昨年の10月末から11月頭にかけて東京旅行したときの記録。
なお、デジカメ持ってったらバッテリー入れ忘れたでござるという痛恨のミスをしたため画像は少ない。
スマホになると、途端に記録する気力が萎えるな!
7時21分のはやぶさで一路東京へ。
東京から地下鉄で銀座へ移動。

画像

いきなりこれだ。
おそらくほとんどの方はわかるまいが、初期の”ブラタモリ”を知っている方ならピンとくるであろう。
そう、”銀座の路地”!

画像

画像

ビルの隙間に入ってなにやっとんねん、と思う方もいるだろうが、これはれっきとした”道”である!・・・・と言いたいのだが、予想以上に”ビルの隙間”でけっこうビビる。

画像

画像

出たっ!”例の自動ドア”!

画像

いったん通り抜けしてから再度店内へ。
おされに”銀座のカフェでコーヒータイム”である。
コーヒー飲んでいる最中にも、数人が通り抜けしていった。
完全に生活道路だなぁ。
さて、コーヒー飲んだら次の場所へ移動。
再び地下鉄にのる。

画像

はて、何かでみた光景。

画像

これは・・・・?!

画像

そう、須賀神社の”例の階段”。
酉の市があったので、正直竹の棒が邪魔ではあったが。

再び地下鉄に乗り、新宿御苑まで移動。
須賀神社の”例の階段”に行ったんだ。だったらアソコに行かねば。

画像

ラ・ボエム、新宿御苑店。
着いたのはオープン約40分前だが、11時10分頃からどんどん客が並び始め、最終的には結構な行列に。

画像

ふぁあ。そっくりそのまま。。。。というよりすっごいおしゃれ。
この超絶オシャレ空間ですぐウェイター業務をできた三葉は凄いと思う。

画像

おいしかったー!美味しかったんだけどね・・・・
ホール担当の人少なすぎ。パンクしてました。

お店を出たら、四谷三丁目へバック。
画像

画像

旅行とは関係ないんだけどさ。
地下鉄四谷三丁目駅の階段の天井の配管が芸術的で思わず。

画像

地下鉄乗り継いで歩いてやってきたは”浜離宮”

画像

画像

散策。

画像

あっ!”大覗”だ!
さぁここから再び”ブラタモリ”の匂いがw

画像

大覗で鴨の様子を観察し

画像

エサ撒いて小覗で観察し、頃合よし!と判断したら

画像

引き堀に鷹を放つのですな。
エア鷹狩り終了。

画像

続いては水上バスへ〜。

画像

一応撮っかないとね。
浅草からまたまた地下鉄で(といってもひと駅だが)

画像

かっぱ橋道具街!
凄いね!ここ!
道具街と銘打ってるけど、料理道具だけじゃない。
飲食業に関するものならなんでもある!
メニューとか伝票とか欲しい!
いや、買っても使わないんだけどw
でもアルミパンは欲しかった!ただなー、買ってもなぁー、年に何回つかうやら〜
ということで断念。
かわりに料理用温度計(プスッと突き刺すやつ)と、お約束の食品サンプル買いました。

さ〜て、東京観光もおしまい。
それでは本日のお宿へ。

画像

TDSゲート。

画像

画像

画像


ふははははははは。
ミラコスタである。それも二泊。

画像

画像

カピターノ・ミッキー・スーペリアルーム
駐車場サイドのくせに、ミッキーだらけの部屋にリニューアルしたら料金上がったという部屋である。
公式webサイトみると派手〜な感じだが、実際にはとても落ち着いた部屋でした。

二日目に続く。

【おまけ】
1:東京観光はそのほとんどを地下鉄で移動(例外は水上バスぐらい)。東京メトロ24時間券を使用しました。たった600円で24時間乗り放題。今回は十分に元を取りました。東京は地下鉄の街でもあるので、全て地下鉄で移動というのも面白いです。

2:ミラコスタ。2泊連泊。約3か月前から毎日朝と夜、TDSの予約サイトでトライする事10日間で予約できました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


C91(コミケ参戦記)

2017/01/05 21:23
夏コミを見送ったので、1年ぶり2回目のコミケである。
昨年は夜行バス→東京→新橋→ゆりかもめの流れで1日で済んだのだが。
面倒くせぇ事に新宿にバスタなるものができてしまってだな、バスはほとんどが新宿行きになっちまった。
新宿→大崎→りんかい線は正直使いたくない。
というわけで、今回は少し贅沢に、でも経済的にはお安くしつつ、かつできるだけ体力の温存を図るプランで行ってみた。

29日、仙台。7時40分の昼便高速バスで一路新宿へ。
昼便なんてすっごい久々。
おかげで休憩のSAが楽しい。

画像

佐野SAで餃子なぞ食べる。

13時10分、新宿バスタ着。

画像

いい、この線路がいいのだ。

さっそく新宿から新橋へ移動。
立ち喰いそば食べたら近くのネットカフェへ。
24時間パックを申し込む。
よし!これで最低限横になれる場所は確保した。
続いて下見がてらコミケ1日目へ。

画像

2次元と3次元を行き来できるという魔法の逆三角形。
この時点でだいたい3時頃。
一応お目当てのブース、ゲーム(電源不要)の島にいったものの、お目当てのサークルはすでに撤収。
艦これもあったが、一応提督稼業の身ではあるものの、艦これの薄い本にあまり興味はなく、館内から撤収。
せっかくだからとコスプレ広場をちょいと覗いて帰る。

コスプレ凄いね!
特に「カメコ」と「有名レイヤーさん」
撮ろうかと思ったけど、この世界のルールやマナーが今ひとつ理解できていないので撮りませんでした。

さて、4時頃ネットカフェに戻ってからは『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』を、念願の一気読み。
うん、やっぱりキシリアさん戦犯。ギレン−ドズルのラインでまとめていれば勝てたものを。
読み終わったあとは再度外出して吉野家で夕食。
また戻って、30日午前3時まで仮眠(というか休憩)。

12月30日、午前3時。
よおし!出るか!(3時になったら、どの個室ブースからもガサガサ外出準備の音が聞こえてワロタ)。

画像

午前3時20分頃の新橋駅前。
すでに7〜8人人ばかり並んでおった。折りたたみ椅子を出して、これから
『このクソ寒いなか始発までの2時間耐久』開始。
ちなみに、コミケ開始まであと6時間半もある。

画像

これは4時頃のゆりかもめ新橋駅前。
この時点で4〜50人は並んでいたようだ。

5時5分頃。
ゆりかもめ新橋駅のシャッターが開く。
みなさんマナーよく決して走らず、しかし可能な限りの早足で突貫。
無事ゆりかもめ始発の席ゲット。

そしてゆりかもめは国際展示場正門駅へ。
今回の目標、メカ・ミリタリー・旅行・鉄道は東7。なので東待機場へ(そういや、昨年も東館が目標だったのだが、なぜ西待機列に並んでしまったのだろう)。


東待機場まで歩く!時間かかるとは聞いたが、ここまで時間かかるとは。
いや、ビッグサイトがでかすぎるのだ。そしてそのビッグサイトを満員にするコミケってやっぱおかしい。

画像

東待機場とーちゃーく!列は1-6で中段でした。
ああ、朝焼けが綺麗だなぁ。

”私が死んだ光景は いつもこのこれだ。そして幾度いくたびも思う 日の光とは こんなにも美しい物だったとは”
思わずHELLSINGの台詞が出てくるあたり、私もオタだなぁ、と実感。

が、感慨にふける余裕はない。
何故ならばっ

海風が・・・海風が・・・・寒いっ!

あまりに寒いので、西待機場のサンクスまでカイロの補充にいったり、体を動かして時間を潰す。
そして8時30分。あと1時間半で入れるー。早く入れてー。もう眠りそう。

画像

9時50分!
これができたばかりの東7。
始発すげー!始発だとこの位置になるのか!

10時、2日目開幕。
この7時間の鬱憤を晴らすがごとく買う!

「迷ったら買え」
コミケでよく言われる言葉ですが、私はちょっと違うと思う。「迷ったら買え」は十分に軍資金も、十分な収納スペースもある人用だと思う。
軍資金も収納場所も制限がある身としては、コミケとは

『買っていいものか悪いのか、決心を即断する場』だと思う。
この「買って悪いもの」とは、「内容が悪い」とかのネガティブなものではなく、
「買ったら確実にそのジャンルの沼にハマる、危険な物件」の事。
特に鉄道系な!

さて、12時ちょっと前にはコミケを離脱、帰還シークエンス開始・・・・・でしたが、せっかく来たのだからと有名店へ。

画像

画像

ヴェローチェ有明店、そう「店長オンリー!!」
いや〜、「店長オンリー」の名は伊達じゃないっす。マジ早いっす!光速でコーヒー出てくるから。

その後は新橋→東京駅、そして新幹線で仙台へ。
なにせ30日、帰省ラッシュでしたが、やまびこでよければ1時間並べば座れます。だってねぇ、今日何時間並んだと思ってるの。それに比べたら1時間なんて。

画像

で戦果!
十分に満足!

次は夏コミ・・・かな?

【追記】
お目当てのものはほぼ買えたのだけれど、まさかの誤算が
サークル名:マイク・ワン・ファイブ
征途考察本『密林の自衛隊』
島中だし、まぁ大丈夫かと思ったら、まさかの完売。聞けば「初コミケでコピー本なのに、30部全部売れた」との事。
11時頃だったから、1時間で完売した事になる。
来年こそは!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


走り初め

2017/01/02 17:14
画像
画像

TOMIX キハ82(北海道仕様)入線!
國鉄御玉線、ついに地方亜幹線から本線へ!
ヤードに留置されるディーゼル群!
國鉄御玉線はまさにディーゼル王国へとなりつつあるのだ!








毎回恒例、國鉄当局と地元住民との一問一答。

住民 『北海道仕様のキハ82とDF50が並んでいるとか、DF50が50系牽引しているとかはまだいい。前回あった駅舎はどうした?』


國鉄 『すまん、どっかいった』
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


この世界の片隅に 感想

2016/12/23 23:26
いくら評判がいいとはいえ、いわゆる邦画での反戦・平和映画ってのは苦手を通り越して見たくない部類なのだが
それにしちゃえらく評判がいい。
ううむ、観ようかどうしようかとなやんでいたところに
あの絵柄で主人公が○○を失うというネタバレを喰らった途端にみたくなったのだから
私の心の闇も相当だと思う。

閑話休題。

平日の、それも朝一(9時50分)の回だったので銀幕独占かと思いきや、ほぼ満席。
えれぇ人気である。
で、その感想だが。

うむ、確かに傑作、良作である。
それも即座に傑作認定ではなく、じわじわと来る系の。

戦時下の庶民の日常を淡々と描いていく。
それが面白いのは、ドジっ子属性のすずさんの明るさ故だが、
そこにプラスして、旦那の周作さんとの恋愛作品として見ることもできる。
もちろん、庶民の生活にも戦争はやってくる。
この作品の素晴らしいところは

戦争がやってくる→主人公がこれでもかと悲劇に見舞われる→バッドエンドルート直行で「平和が一番ですね」

みたいな、いかにもな描写がないところだ。

戦争がやってくる→主人公が悲劇に見舞われる→「それでも生きていかねばならんのよ」

と、日常生活が続く。
だから、8月15日で終わりではなく、きちんと戦後の生活に入ったところも描かれる。

「シン・ゴジラ」や「君の名は。」が震災をモチーフに、と言われているが
私に言わせればこの「世界の片隅に」の方が震災と重なるところが多いと思う。

そうそう、この作品で好きなシーンが2つある。
一つはご近所さんの息子さんが出征するため、すずさん達が万歳するシーン(そしてすぐ空襲警報)。
あの「下を向いて、まったく嬉しくなさそう」なすずさん達がよい。

実際そうだったらしいよ?
事変直後ならともかく、戦争末期ですもの。
招集がめでたいわけがない。
しれでも「めでたいこと」となってるため、しかたな〜く万歳で送る。
あのやるせなさがよく出てる。

もう一つ。
なんの行列かわからんが、とりあえず並んだら、進駐軍の残飯雑炊だった。
徑子さんとすずさんが
「う・・・う・・・う・・・うま〜い!」
そして帰宅して晩飯。
「こっちは味がない・・・・・・」

あのシーンで、亡くなった祖母の話を思い出しました。

祖母が進駐軍を初めてみたのは
「颯爽と走るジープに乗ったGI」
だったそうで。
それ(ジープ)を見て祖母は
「あんなの持ってる国に勝てるわけがない。なんであんなバカな戦争したんだか」
と悲しくなったそうな(そりゃこっちは木炭バスですからねぇ)。

大変な良作ではある本作ですが、3つほど指摘したい事も。

1、「モガ」って若い人わかるんかなぁ?
2、すずさんが道に迷ったとき、聞いて回った所は「遊郭」なんだけど、「遊郭」ってわらない人多いんじゃなかろうか?
3、本作の一番の問題点。あの青葉乗組の幼馴染。好きだった女の嫁ぎ先まで来るか普通?100歩譲っていいとしても、飯食って風呂入って、あまつさえ泊まるその神経は理解できん。如何に明日知れぬ身とはいえ、そこは堪えて明るいうちに帰るのが漢ってもんだ。








おまけ。
すずのお兄さんへはがきを出すシーン。
宛先が「豪北方面」
あー、、、これあかんわ。と即座に理解するのが軍ヲタという生き物です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


あんこう祭2016 遠すぎたアンコウ 最終回

2016/12/19 00:00
最終回は考察と提言です。


●本当の来場者数は?

今年のあんこう祭の感想としては、人がめっちゃ多かった。これに尽きる。
あんこう祭はガルパン公開以降右肩上りだそうであるが、いったい何万人が来場したのか?
公式発表は13万人だそうであるが、本当だろうか?

wikiによると過去4年間の来場者数は以下の通り

2012年:6万人
2013年:10万人
2014年:10万人
2015年:11万人

上記はいずれも主催者発表。
さてここで、2013年:10万人という数字を基準にしてみよう。私があんこう祭に初参戦した年だ。
2013年のあんこう祭もとにかく人が多かったのを覚えている。
では翌年以降は?
個人的な、体感的な言い方になるが、2014年は2013年に比べたら減っていたと思う。本当は9万人というところではないだろうか?
2015年は2014年に比べると、微減という感じだった(あくまで個人的な体感ですよ)。実質8万5千というところか。
で、本題の2016年は?

個人的な体感ではあるが。。。。

2013年の1.5倍はいたと思う。主催者発表は13万人だが、本当は15万人だったのではあるまいか?

コミケもそうだが、あまりに来場者が多いイベントで本当の来場者数を出しちゃうと行政とか警察の指導とか面倒になると聞いたことがある。なのでコミケの来場者数の発表も『3日間で50万人』のラインを超えないように発表するんだとか。

閑話休題

15万人というのは完全に大洗町、そしてあんこう祭のキャパをオーバーしており
それによる弊害は、12万人だった2013年でもすでに現れていたに、今回はそれが明確になったと思われる。




●提言
というわけで提言である。
こんな場末のブログ誰も見ておるまいし、ましてや関係者が目にする事はないと思うのだが、ひょっとしたら誰かが届けてくれるかもしれないという思いを込めて書く。
あんこう祭の参加者増大は一見好ましいように見えるが、増えた参加者はほとんどがGuPファンでありGuPファン増大のために起きた弊害により、GuPとは無関係な、純粋にあんこう祭を楽しみたい地元客や一般客が離れていくというのは、街起こしの点から見れば本末転倒であり、GuPファンとしても決して望んでいない事態である。


問題点1「アクセス問題」
2012年でも水戸駅券売機は壁サークル、車内は乗車率200%というありさま。
2016年は券売機はシャッター前サークル状態、列車は積み残し発生。水戸−大洗間のバスも渋滞で進まず、徒歩で移動した猛者すら現れる始末。
まずはこのアクセス問題について。

a:鹿島臨海鉄道

・水戸駅での切符販売方法の見直し。
皆大洗駅までの切符を買うわけだから、あんこう祭当日のみ長テーブルで大洗までの片道&往復切符の手売りの実施。
これだけでだいぶ行列は解消すると思われる。

・列車運用の見直し
今年もそうだったが、乗車するのはあんこう祭参加者だけではない。サッカーの試合に行く高校生等、地域住民も利用するのである。それがあんこう祭のせいで乗車できないという事態は起こしてはならない事態である。また、鉄道会社は乗客を『快適に』輸送する義務があるはずである。積み込みゃいいってもんではあるまい。
よってあんこう祭当日のみ、水戸−大洗間のみ3両、できれば4両にしていただきたい。
また、水戸ー大洗間の臨時をあともう1本追加できないだろうか?臨時に限っては1両でもいいと思うし、30分かかってもかまわないと思う。とにかく運ぶのだ!

b:茨城交通
・ひたちなか海浜鉄道の利用とシャトルバスの運用
那珂湊−アクアワールド大洗間のシャトルバスの運行。勝田からのひたちなか海浜鉄道の利用を促す。水戸と勝田に分散させるのだ。遠回りだし歩くことになるが、そこはホレ”限定ノベルティプレゼント”で。それにガルパンおじさんは”行軍”には慣れている(いや、まじで駐屯地祭とか航空祭とかミリタリーイベントって歩くのよ)。

c:大洗町
・駐車場の運用見直し
町営駐車場には時間制限ないもんね、とばかりに前日入りして車内泊する連中続出。その結果「エンジン音や会話が煩い」「あんこう祭楽しみに来てみれば、駐車場満車で帰っていく一般客」と問題ありまくり。
よって、あんこう祭り前日は18時以降閉鎖、許可した車両を除き全て駐車場内から退去させてはどうか?
路駐については地元警察の夜間取締を実施で対処。






問題点2「イベント会場問題」
2014年でも「一般客が吊るし切りを見れない」という弊害が出ているのだ。
流石に今年は「あんこう祭とGuPを別けるべき」という意見がネットで噴出している。
しかし、そうなると「数万人規模のイベントをもう1個開催する」ということでもあり、側聞するところによると「地元の体力がもたない」のだそうだ。つまりあんこう祭とガルパンイベントを離す事はできない、と。
であれば、イベント会場を分散させてはどうだろうか?

a:ステージ会場は純粋なあんこう祭の催しのみとする。*ブルーホークスの演奏は例外とすべきか。
b:ガルパン関連のイベント(トークショー)は大洗サンビーチに特設ステージを設ける。
c:物販に関しては基本アウトレットだが、フェリーターミナルも活用してはどうか?






問題点3「コスプレ問題」
なんでもマニアが「軍装で行進したい」と言ったら、偉い人が「常識で考えろバカ」と呟いたとかなんとか。
そりゃまぁ軍装に拒否感・不快感もつ方々がいらっしゃるのはわかります。ましてはあんこう祭はGuPイベントであり、それはアニメイベントというわけであり、ミリタリーイベントではない、と。
でもね、正直

画像

こんだけミリタリーヴィークル集めてそりゃないぜ、と思うわけでありまして、ましてや2013年なんか帝国陸軍あり、ドイツ国防軍あり、現代の米軍(82空挺)あり、あまつさえSSのコスプレしたやつまでいた(SSを屋外でってさすがにバカだろうとは思った)わけでして。
じゃGuPのコスプレ”だけ”ならいいのか、というとこれが実は大問題。
戦車道は乙女の嗜みであるわけだからして、GuPの登場人物はほとんどが女性。男性は「文科省役人」「新三郎」「秋山パパ」「日本戦車道連盟理事長」の4人のみ。
これが何を意味するかというと、女装する奴続出となる。
いや、いいんですよ。いいんですけどね、若いほっそりしたお兄さんが黒森峰コスプレとか、「あら綺麗ねー」で済みますけどね、そんなのは貴重な例外であって大半は
「多数のおっさんが大洗女子の制服着て闊歩する」という奇っ怪な光景が現出するわけですよ。
ぶっちゃっけ、女装に対する(一般人からの)拒否感・不快感の方が大きいんじゃないですかね?
それに軍装だめって、じゃぁ”オッドボール3等軍曹”は軍装?コスプレ?どっち?なんて事も。
なので、軍装に関しては

a:ガルパンの世界観に沿った軍装のみOK(早い話大戦中のみ)
b:勲章・軍刀等目立つものは禁止
c:銃に関しては駐車場のような一部でのみ。商店街でも持ち歩くの禁止。
d:軍装は痛車展示エリアのみとし、それ以外へのエリアでは禁止
e:SSダメ、絶対

としてはどうだろう。






ついでに。
あんこう祭とはまったく関係ないことだが、屋外イベントやキャラクター以外でのガルパン・デーとかガルパン・ウィークといった"室内"イベントなどはどうだろう?
BDの”おっさんコメンタリー”陣を呼んで駄弁ってもらうとか、戦車つながりで自衛隊の戦車乗りの講義とか、技本から人呼んで「現代の戦車開発講義」とか、こういった複数のトークイベントを大洗の複数のホテルで同時開催しちゃうのだ。
ぶっちゃけ、GuPファンってミリオタ層が多数被ってるわけで、軍事関係のトークイベントってなかなかないわけで。
閑散期に開催すればかなり人呼べると思うぞ。
*個人的には「連隊戦闘団指揮官からみた第二次大洗市街戦について」なんてトークイベントあったら会社サボってでも行くわ。






さて、長くなったが以上で終了。
繰り返すが、こんな場末のブログ誰も見ておるまいし、ましてや関係者が目にする事はないと思うのだが、ひょっとしたら誰かが届けてくれるかもしれないという思いを込めて。


















おまけ。
大洗へのアクセス手段の一つとして、日立港ー大洗間の”海上輸送”はどうであろうか?
横須賀地方隊から輸送艇2号持ってきてだな、日立港でガルパンおじさんを積んで、大洗サンビーチにビーチングで上陸させるのだ。なに?下半身が濡れる?いや、逆に喜々として上陸するガルパンおじさんだらけだと私は断言したい。
燃料費?なに、一人あたま5万も徴収すりゃよかろう。倍は出すから載せろというガルパンおじさんだらけだと私は断言したい。
なおこの案が採用された場合、G.Iのコスプレは認めていただきたいし、大洗町役場の皆様も砂浜に”ロンメルのアスパラガス”を植えて歓迎していただきたい。

その2
夜間輸送の実施。まぁほんとに真夜中だと煩いし保線作業に影響も出るから、明け方1時間前ぐらいで。
鹿島臨海鉄道による水戸−大洗間の兵員ガルパンおじさん輸送。車両?無蓋車でええがな。
なぜ夜間か?
ヤーボ対策に決まっとろーが!
なおこの案が採用された場合、”ドイツ国防軍”のコスプレは認めていただきたいし、大洗町役場の皆様も”野戦憲兵”のコスプレで迎えていただきたい。あ、いうこと聞かないガルパンおじさんがいたら、懲罰大隊(強制的に会場の清掃、列整理、荷物運び)送りにしちゃってください。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


あんこう祭2016 遠すぎたアンコウ その7

2016/12/14 00:09
さて、痛車も一通り観た。
そろそろブルーホークスの演奏ではあるまいか?
さっそく会場へ移動。
すっごい人。
正面は絶対無理。
しかし、あんこう祭の舞台観るには裏スポットがあるのだよ。

それはステージ脇、または斜め後方のやや小高い芝生。
そりゃまともには見れないけど、すっごい近くなんよ。
ここは楽に行けるもんね〜〜〜〜〜
ね〜〜
ね・・・・・・?

あんじゃぁ!ここも人びっしりで入れん!
なんだぁ今年は。

むぅ、しかたない。

あと30分ほどでトークショーが始まる予定であり、
ということは、会場に人が移動し始めてそろそろ物販の人混みも解消されているのではなかろうか?
そんな事を考えつつ、まいわい市場へ移動。






画像

画像


なんだよこの行列は。
もういいや、、、、と通り過ぎようとしたところ

「Cルーム待機列とCルームバンビジュ以外待機列」
という変則的な待機列を発見。
折りたたみ椅子ぐらい買えるかな?と

Cルームバンビジュ以外待機列に並ぶ。

色々不快な思いもあったが
1時間程度でなんとか購入成功。

疲れ果てて他の物販はパス。

ふぅ。どこいこうか。

ああ、献血しよう。
献血でグッヅ貰えるし、あんこう祭まできて献血する奴ぁおるまいて。








”献血、100分待ち”






・・・orz
なんなんだぁ今年はぁ・・・・。
しかたなく、再度商店街へ移動。

画像

画像

各国の戦車の照準眼鏡や戦車砲の空薬莢なぞ見たり(毎年展示している、信管マニアな方々である)。

あ、お茶買おう。
画像

こーゆー看板が自然にあるんだから、大洗はすげぇよなぁ。

お茶かって再度商店街へ戻ってみれば・・・




画像

画像

人増えてるー!!!
ああ、トークショーが終わって会場から商店街に流れ込んだのね。

画像

昭和の国鉄を愛するポーランド人に遭遇。
オペちゃんありがとー。





どっかお店に入ろうかとも思ったが、どこも行列。
はーーーーーっ

帰ろう。これでもう帰ろう。
というわけで、さっさと大洗駅へ。
大洗駅到着が14時頃。
ここで興味深い現象を見る事ができた。

大洗駅に着く。
まずトイレ。
その後、駅舎内のキオスクで茨城メロンサイダーを買う。
駅舎に入ったとき、やや混んではいたが、それだけだった。
サイダー買うのに約3分。
キオスクから出たら、改札から駅舎入口まで”行列”ができていた。
なんでも人多すぎて入場制限らしい。

ふーん。

こっちは特に時間的な制約も無いし、とりあえず駅舎横でサイダーのみつつ一服。

一服してサイダー飲み干して、空き瓶捨てに行って、戻ってくる。つまり行列が出来て10分後の光景がこれ。

画像


そのうち解消されるだろ、なんて思いも恐るべきスピードで成長を遂げる行列に不安を覚えるように。
これやばいかも、と慌てて並んだ、つまり行列できて約15分後の光景。

画像


たった15分でここまで伸びたのである。
聞けば最終的に500m以上は伸びたらしい。

今年のあんこう祭が如何に”異常な人出”だったかを表す一葉ではあった。

というわけ、あんこう祭2016のレポ終了!
・・・じゃないんだ。
あと1回だけ。
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


あんこう祭2016 遠すぎたアンコウ その6

2016/12/05 20:08
さて、痛車の続きでも。

画像

画像

画像

エントリーNo.2
継続高校。
この辺は継続痛車ゾーンだったようだ。
楽しい継続一家は大人気。




画像

画像

エントリーNo.5
落ち着いた感じの継続痛車。




画像

画像

エントリーNo.6
ナンバーに注目!
画像

後ろはレースクイーン風。




画像

画像

画像

エントリーNo.9
プラウダ痛車。可愛いじゃなくて、禍々しい感じが素敵。




画像

画像

エントリーNo.34
アンツィオ痛車。元気な感じが出てますね〜。




画像

画像

画像

エントリーNo.35
聖グロ痛車ではなくローズヒップ痛車。ちゃんと紅茶が”こぼれて”ますw




以上で痛車は終了。
たかはしさんの
画像

”みつだんご”をどうぞ。
いつもは2本頼むんだけど、今回は海鮮丼食べてお腹いっぱいだったので。

次はあんこう祭会場周辺等。
あと2回で終わる予定。








おまけ。
画像

人ごみのなか、台車で運ばれるCV33。
まさに大洗ならではの光景。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


あんこう祭2016 遠すぎたアンコウ その5

2016/11/28 00:36
さて、飯も喰った。痛車の続き・・・・・・の前に。
斜め向かいにだな、何か大変に”濃い”空間があるので行ってみる。

画像

フェレット装甲車。本物であり、ナンバーついていることからわかるように、公道を走行可能。
なんと個人所有で、輸入と車検通すのに大変な苦労をしたそうである。

画像

やっぱ英国車にはブレンガンですよねー。

画像

画像

ダージリン様もお喜びのご様子。




画像

今年も参加の1/1 ヴィーゼル2。究極のDIY車両。
黒森峰フラッグ持参したみたい。
なので。。。。

画像

画像

まほ様。




こちらは大学選抜チームの3副官が乗っていたダッジ・コマンドカー。
画像

画像

めちゃデカイです。ジープ的なもの、という思い込みがあったのでビビりました。




画像

画像

M3ハーフトラック。
もちろん本物。かつて自衛隊に給与された車両で、退役してスクラップ同然だった物をレストアしたんだそうな。
こちらも自走可能。

画像

さすがチート国家。ゴムふんだんに使いやがって。

画像

乗れます。おじさんたち大はしゃぎ。
ん?
左端のお方は。

画像

野上先生でした。お声がけして1枚撮らせていただく。
ありがとうございました。

画像

キャリバー30、だっけか。

画像

紙芝居『軍神 西住大尉』に群がるガルパンおじさん達。

画像

画像

戦後の闇市の群衆を掻き分け進む、進駐軍のM3ハーフトラック上からの光景・・・・・・ではない。




画像

ウラル。
カチューシャ様とノンナ様。




画像

画像

チハたんと戯れるアンツィオ高校生徒達。




画像

これはビックリ。ボイリングベッセル。英国戦車(戦後だけど)に装備された湯沸かし器。なんで湯沸かし器?
もちろん紅茶を飲むため(本当なんですよ!)。
話には聞いていたが、これがそうなのか。
構造的には紅茶専門じゃなくて、レーションの温めや保温なんかにも使えそうな感じ。というか、多目的湯沸かし器なんでしょうな。
でもメインの使用目的は紅茶。それが英国面。
ミルクティーいただきました。ごちそうさまでした。




最後に
画像

これは”アニメ”イベントです。”ミリタリー”イベントではございません。
それが証拠に
画像

ほら、ヒトマルタンがいましたw








まだ続くんだなぁ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


あんこう祭2016 遠すぎたアンコウ その4

2016/11/24 23:44
画像

エントリーNo.47
聖グロ車。

画像

画像

これも格好いいなぁ。なんでも「かっこいい痛車部門」で優勝したらしい。

リアにはもちろん
画像

ダー様のありがたいお言葉。




画像

エントリーNo.46
こちらも聖グロ痛車ですが

画像

画像

ダー×ペコがメインの痛車。
リアには

画像

"All is fair in love and war"
ダー様の格言ですね。





さて、ここいらでちょいと上を見てみれば
画像

一昨年いらいの
”祝 親善試合”の幕。
いいねぇ。このノリ大好き。
”アニメで一発当てて、町起こしすっぺ”と企んでる地方の商工会や役場の方々、ここまでやる作品への愛と根性はありますか?なきゃ”ウチも大洗のように・・・”なんて無理ですよ。




画像

エントリーNo.45
またまた聖グロ痛車。ブリティッシュカラーというのがまた良い。

画像

アッサム&ペコ

画像

ダージリン、とくればリアは

画像

ローズヒップ(&アッサム)。
ちょっとー、ルクリリさんはー?!




さて、腹減った。魚剣魚忠さんであんこう汁喰うかあ〜
あのね、あんこう祭であんこう汁食べたかったら、あんこうの吊るし切り見たかったら、魚忠さんに来なさい。
目の前で吊るし切り見れるし、具沢山のあんこう汁300円だよ!並ばなくて食べられますよ!
とうわけで魚剣魚忠さんへ。










前言一部撤回。
画像

なんね!この行列は?!
今年はマジで人多いな。。。。
それでも、こう見えてサクサク進んであまり時間はかからなかった。

画像

あんこう汁!

画像

あんこう汁に海鮮丼、刺身串×2本で1700円。
量と質を考えるに、とんでもねぇ激安価格である。

美味かった。










だから、続くって。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


あんこう祭2016 遠すぎたアンコウ その3

2016/11/20 22:37
痛車見学中ですが、ちょいと脇の空き地を見てみれば、

画像

もはや大洗名物のヘッツァー。
大洗名物の”ヘッツァー”って
名物にヘッツァーが入る時点でこの街は何かがおかしい。

画像

画像

なんか地味にグレードアップしている気がする。
いや、そんな事よりもだな、

画像

?なんだ・・・?

画像

特二式内火艇?!!!
マジかよ。新作かよ。
よく作るなぁ。できればフロート付けて欲しい。

では痛車見学に戻ります。

画像

エントリーNo.63
アンツィオ痛車。

画像

画像

アンツィオは可愛いなぁ。

画像

エントリーNo.62
あんこうチーム。
これ凄いなぁ。W号はイラストじゃなくてCG画像?

画像

画像

いやもう、なんか新時代の痛車って感じ。

画像

天井も抜かりない。

画像

画像

エントリーNo.59
ローズヒップ車。
なんか配置は各学校事にまとまってるっぽい。
ところで誰かルクリリ車つくりませんかー?

画像

画像

エントリーNo.58
忍オンリーというのが珍しくてつい。

画像

エントリーNo.57
いや、痛車としてより、白旗上がってるのでw
この白旗、設定通りでよくできてます。

画像

画像

エントリーNo56
派手というか賑やかというか。
この車、面白いステッカー貼ってた。

画像

”君のNAは。”
わははははは、そうくるかw

画像

エントリーNo54
あ、このさおりん、エッチな薄い本のやつでは・・・・

画像

エントリーNo.50
ん?ムカデみたいなのと、菱形のマークだけ。
なんだろうこれは(棒読み)。

画像

しずか姫ーッ!
”リボンの武者”組も少数ですがおりました。
*コスプレだと、ヤイカとかアスパラ?さんとか多く見かけた。














誰が終わりと言った?
まだまだ続くよ?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


あんこう祭2016 遠すぎたアンコウ その2

2016/11/17 23:33
溢れ出る人混みに戸惑いながら、痛車撮影開始。
なお、今回は例年より2〜30台ばかり台数が多かったようで
完全網羅はできなかった。
私が「良いな」と思ったものを(気力体力が尽き果てて撮れなかったモノも多数あったのだが)。

画像

画像

エントリーNo.76
いきなりこれだ。なにこのクオリィティ。もちろん”格好いい痛車部門”に一票投票しましたよー。
会長×ノンナという組み合わせも珍しい。

画像

画像

左右色違いとはまた凝っている。

画像

エントリーNo.73
見ていて楽しくなる痛車。

画像

画像

画像

ドゥーチェ!ドゥーチェ!

画像

エントリーNo.71
なんとカーキャリアによる力技。

画像

画像

画像

痛車に積んだ痛車。

画像

エントリーNo.69
なんというか、とても”茨城”に似合ってる痛車。けっこうツボったw

画像

エントリーNo.67
正面はおとなしめだが

画像

側面一杯に使った西隊長はお見事!

画像

エントリーNo65
あ、この車は去年もいた、桂利奈押しの車では・・・・

画像

やっぱり!

画像

しかも桂利奈ちゃんパワーアップ!
みんなのアイドル桂利奈ちゃん!!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

ぶんかん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる