2019あんこう祭 その1

先月ではありますが、大洗はあんこう祭に行ってまいりました。
いやー昨年はさ、ゲムマ秋があるからパスしちゃいまして5年連続参加してた記録が途切れてしまいました。
しかしですね、やはりガルパンおじさんの矜持というものがありまして、ゲムマがあろうがなかろうが今年こそは行くぞと。
で、例年だと前日の夜行バスで東京行ってから上野→水戸→大洗なんですが、今年は前日の土曜日もお休み取れまして、もうちょっと楽にかつ旅を味わえかつ安い方法での大洗入りとなりました(今思えば、仙台→水戸の高速バス使えばもっと楽だったと知る。くそう。)

12時半のシティラビットでまず福島。ここで誤算。まさか701系ロングシートとは思わなかった。駅弁を食い損ねる。
福島で乗り換えて郡山。これまた701系ワンマンのロングシート。やむなくロングシートで駅弁を食す。
郡山からは初めての磐越東線!・・・・・・だったのだが、なんと線路異常のため運転見合わせ中。
これは困った。というのも、19時頃には水戸にどうしても到着したかったのだ。
水郡線に切り替えを検討するも、あっちはいわき経由よりも1時間近くかかるので躊躇する。
しかし運転再開見通しのアナウンスもないしなぁ。
そこで運転手(ワンマン)さんに線路異常とはなんぞ?と状況を聞いてみたところ、「法面ではなく、橋脚外面に亀裂。市から連絡があり運行に支障ないか確認のため社員が現着したところ」という具体的な情報を得ることができた。
橋脚に亀裂・・・JRが見つけたのではなく一般人が見つけたらしいしからけっこう大きい亀裂じゃないか?仮に問題ないとしても、最近は安全第一ですぐ運休したりするからなー。下手したらあと1時間はかかるんじゃないか?
よし、水郡線に切り替えよう!

というわけで水郡線に切り替えて一路水戸へ。
うん、われながらいい判断をしたぞとtwitterをチェックすれば

「磐越東線、1620頃運転再開」

の情報が。omg!!!sh*t!!!
水郡線そのものは好きだけどさあ。風情溢れたいい路線ですよ?
昼間ならな!
そう、11月も半ば。17時過ぎれば真っ暗に。しかも、台風19号の影響でバスによる代行運転があるだが、通常はうまく乗り継ぎできるようになっている。が!なぜかこの時間帯だけ1時間も待つのだ!誰よこのダイヤ組んだ奴。

というわけで
ankou20191117_01.JPG
常陸大子駅にて1時間待ち。
うらぶれた昭和の香りのする温泉街っぽく、明るい内なら楽しめただろうがこうも真っ暗でお店も閉じてちゃなぁ。
しかもスマホの調子が悪く、バッテリーがガンガン減るのだ。そして持ってきたダイソーのモバイルバッテリーは役立たず。
はっはっは。することねぇーw
ぼけーっとなんとか1時間を潰し、代行バスに乗って西金へ。
西金からは再び気動車に乗って、や~っと水戸到着。時刻が19時40分頃。水戸駅で立ち食いそばを喰ってからネカフェに行きたかったのだがそんな悠長なことは言ってられない。足早に駅近くのネカフェに突進!
諸君。あんこう祭を舐めてはいけない。
元々は1万5千~2万5千人程度のローカルなイベントだったのだが、ガルパン始まるやいなや6万、8万、10万、12万、そして今年はなんと14万人集まったという化物イベント。
まず宿を押さえられるわけがない。大洗はもちろん水戸周辺もずーっと前から予約で一杯である。
仮に空いていたとしても、水戸駅周辺は「クソ高い」※水戸駅近くでないと困るのだ。
そしてネカフェであっても事情はかわらないはず。故に18時にはネカフェに入ってフラット席を押さえたかったのだ。
しかし時刻は20時近く。空いてるやろか・・・

「あのーフラット空いてます?」
「リクライニングのみです」

Oh・・・やむ得ない。リクライニングで凌ぐかぁ・・・
そして私の次の客(みるからにガルパンさん)。

「空いてますか?」
「たった今満席になりました」

あっぶねー!

こうしてなんとか一晩の寝床を確保したのであった。
あー疲れた。

次回、あんこう祭!